このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アイロンを収納するコツは?使いやすい場所選びとおすすめアイデア

アイロンを収納するコツは?使いやすい場所選びとおすすめアイデア

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年9月 5日

ワイシャツなど衣服のシワ伸ばしに活躍するアイロンだが、スッキリと収納するのは難しい。収納する場所や方法によっては、邪魔になったり使いづらくなったりといったケースもあるだろう。この記事では、アイロン収納におすすめの場所と収納術を解説する。収納のコツや注意点、手作りアイデア、ヘアアイロンの収納など役立つ情報と一緒にまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイロンを収納するおすすめの場所

アイロンを収納する場所を間違えると使いにくくなるので、注意が必要だ。場所を選ぶときに確認したい2つのポイントを解説する。

出し入れがしやすいか

アイロンを取り出しにくい場所に収納するとアイロンがけが面倒になる。押入れやタンスの奥に入れば、出し入れに時間がかかるだろう。

取り出すまでの手順が少なくなるような場所を選ぶのがポイントだ。手が届きやすい位置を選び、アイロンの手前に物を置かないようにすれば出し入れがしやすい。

使う場所の近くを選ぶ

アイロンやアイロン台を使う場所まで運ぶには手間がかかる。いつもアイロンをかけている場所の近くに収納すれば、使う前の準備や使った後の片付けが楽になるだろう。

アイロンがけをする場所を収納場所の近くに変えてもよい。たとえば、クローゼットの中にアイロンを収納して近くで使えば、シワを伸ばしたあとに衣服をすぐにかけられる。狭い範囲の中ですべての作業が完了するので時短になるだろう。

2. アイロンを収納する際のコツや注意点

アイロンを使いやすく収納するのはコツがいる。注意点と併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

使うものをまとめる

アイロン台やあて布、霧吹きなどアイロンがけにはさまざまな道具が必要だ。アイロンと別々に収納すると用意に時間がかかってしまう。

アイロンと一緒に必要な道具をまとめて収納すれば、準備の手間が減らすことが可能だ。大きめのカゴや収納ボックスに入れると一緒に出し入れができる。

使用後の熱に注意

使用した後のアイロンは熱いのでそのまま収納してはいけない。収納場所や周囲の物が傷んでしまうため、冷ましてから収納するのが基本だ。

ただし、耐熱タイプのアイロンケースやアイロン収納マットを使えば、熱いままでも収納できる。熱いアイロンを放置しなくてよいため火傷のリスクが少なく、子どもやペットがいるご家庭にもおすすめだ。

3. アイロン収納のアイデア事例集

アイロンをスッキリ収納するアイデアを3つ紹介する。すべて簡単に実践できる方法なので、ご自宅の収納に役立ててほしい。

アイロン収納マット

アイロン収納マットを使えばバッグのように持ち運びができる。広げればアイロンマットになるので、アイロン台を別に用意する必要がない。広げてすぐにアイロンがけができ、収納スペースの節約にもなる。

カゴや収納ケースに入れる

カゴや収納ケースにアイロンを入れる収納方法だ。ワイヤーのカゴで見せる収納にしたり、棚に並べて引き出しのように使ったりと、いろいろなアイデアを実践できる。部屋のインテリアに合ったカゴや収納ケースを選ぶのがポイントだ。

棚にそのまま飾る

おしゃれなアイロンなら棚にそのまま飾って収納してもよい。出し入れの手間がほとんどないので、アイロンがけの頻度が高い方におすすめだ。デザインにこだわったアイロン台と一緒に飾ってもよいだろう。

4. おしゃれなアイロン収納グッズの作り方

おしゃれで使いやすいアイロン収納グッズを手作りしてみよう。木箱にキャスターを取り付けるアイデアを詳しく解説する。

木箱から作る

木の板を組み合わせて箱を作ってキャスターを取り付けるアイデアだ。キャスターがあれば、重いアイロンやアイロン台を楽に移動できる。収納したいスペースや、中に入れるアイロンやアイロン台に合わせて作れば使いやすい。

簡単アレンジ

箱から手作りするのがが難しいなら市販の木箱を使用しよう。キャスターをつけて色をぬるだけでも、オジリナルのアイロン収納が完成する。蝶番でふたをつけたり取っ手をつけたりと、自分なりにアレンジするのもおすすめだ。

5. ヘアアイロンの収納方法

衣類用のアイロンと同じく収納に悩むのが、髪に使用するヘアアイロンである。ここではヘアアイロンの収納アイデアについて、引っ掛ける方法と専用アイテムを使う方法を紹介するので、ぜひ試してみてほしい。

かけて収納する

コードを結束バンドでまとめてフックに引っ掛ける収納方法だ。洗面台下の戸棚の裏なら、ヘアアイロンをスッキリと隠せる。出し入れしやすい位置に貼り付けるタイプのフックを取り付けるだけなので、誰でも手軽に実践できるだろう。

収納アイテムを使う

ヘアアイロンホルダーやヘアアイロンスタンドなど、専用のアイテムを使って収納する。デザイン性や機能性に優れた商品も多く、出し入れしやすいのがメリットだ。持ち運びをしたいなら、ヘアアイロン用のポーチに収納してもよいだろう。

結論

アイロンの収納は使いやすさとインテリア性が重要だ。使用する場所に近い場所を選ぶ、必要な道具とまとめるなど、基本的なポイントを確認しておこう。カゴや収納ケースに入れたり、アイロン収納マットを用意したりと収納方法はいろいろある。さまざまなアイデアを試して、おしゃれで使いやすいアイロン収納を実現してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ