このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パーカーはどうやって洗濯する?洗濯の頻度や干し方も解説!

パーカーはどうやって洗濯する?洗濯の頻度や干し方も解説!

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年9月 4日

カジュアルなトップスとして着たり、軽いアウターとして羽織ったりできるパーカーは、幅広く活躍するアイテムだ。しかし、パーカーを洗濯して「袖の部分が縮んでしまった」「色落ちしてしまった」とがっかりしたことはないだろうか。そのようなお悩みを解決すべく、今回はパーカーの正しい洗濯方法と干し方を紹介する。洗濯の頻度や、洗う前に確認しておきたいポイントもお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パーカーを洗濯する頻度は?

着用するたびにパーカーを洗濯していると、縮んだりシワができたりしやすい。パーカーを長持ちさせるためにも、洗濯する頻度は5~6回の着用につき1回程度で問題ない。ほかの衣服の上に羽織ってアウターとして着る機会が多いパーカーは、汗や皮脂がつきにくく汚れも少ないためだ。

肌の上に直接着る場合は?

しかし、トップスとして肌の上に直接着る場合は、洗濯の頻度をもう少し多くしたほうがいい。また、汗をかいた場合や汚れがついた場合は、1回着用しただけでも洗濯しよう。汚れは放置すると落ちにくくなるため、早めの対処が肝心だ。

2. パーカーを洗濯する前に確認すること

パーカーの洗濯に失敗しないためには、洗濯前に以下のポイントをチェックしよう。

洗濯表示を確認する

洗濯前に必ず行いたいのが、パーカーのタグについている洗濯表示の確認だ。綿やポリエステルが使われている多くのパーカーは、洗濯機にかけても問題ない。しかしデリケートな色柄物や刺繍が入ったパーカーの場合、手洗いが推奨されることもある。お気に入りのパーカーを傷めないためにも、洗濯表示通りに洗濯しよう。

色落ちしないか確認する

鮮やかな色のパーカーなどは、まれに洗濯後に色落ちする場合がある。そのため洗濯前に、パーカーの目立たない部分に洗剤をつけ、タオルで軽く叩いて色落ちしないか確認しよう。タオルに色が移ったり、パーカーの色が薄くなったりしたら色落ちのおそれがある。自宅では洗わないほうがいいだろう。

気になる汚れには洗剤を塗っておく

パーカーにひどい汚れがある場合は、洗濯前に洗剤を塗り込んでおこう。そうすることで、洗濯機で洗うときに汚れが格段に落ちやすくなる。

3. パーカーの洗濯方法

いつもの洗濯と同じ要領でパーカーを洗うと、生地が傷んだりほかの洗濯物と絡まったりしやすい。パーカーを洗濯する際は、ファスナーを閉じてたたみ、洗濯ネットに入れるといい。パーカーにプリントが入っている場合は、剥がれないよう裏返してから洗濯ネットに入れるのがおすすめだ。

またプリントが入っているパーカーや、ボタンや刺繍などの装飾があるパーカーは、洗濯機のオシャレ着コースやドライコースでやさしく洗うのがポイントだ。柔らかい仕上がりにしたい場合は、柔軟剤を使用しても問題ない。

洗濯表示に「洗濯機で洗える」というマークがついているパーカーは、以上のポイントを踏まえて洗ってみよう。

4. パーカーを洗濯した後の正しい干し方

パーカーの生地は分厚いため、洗濯後にどう干すかが肝心となる。嫌な生乾き臭などを防ぐためにも、以下で紹介するコツを取り入れ短時間で乾燥させよう。

風通しのいい場所で陰干しする

洗濯したパーカーは、風通しのいい場所で干すと乾きやすい。また、直射日光を当てると変色するおそれもあるため、陰干ししよう。

ファスナーを開けた状態で干す

パーカーのファスナーは開けた状態で干そう。ファスナーを閉じたままでは風の通りが悪くなり、乾くまでに時間がかかってしまう。

フードと袖を別のハンガーにかける

パーカーのフードは分厚いうえ、首元の生地と接しているためなかなか乾かない。そのためハンガーをもう1本用意し、フードをかけて洗濯ばさみで留めるといい。袖の部分も乾きにくく、また重みで伸びやすいため、別のハンガーにかけるのがおすすめだ。

結論

紹介してきたように、パーカーの洗濯にはさまざまなコツがある。洗濯表示を確認することや色落ちしないかテストすることも大切だが、干し方も重要なポイントとなる。洗濯方法や干し方にひと手間加えることで、お気に入りのパーカーを長持ちさせられるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ