このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カセットテープを収納するコツ!正しい収納でテープの寿命を伸ばそう

カセットテープを収納するコツ!正しい収納でテープの寿命を伸ばそう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月 7日

CDなどの普及によりあまり見かけなくなったカセットテープ。しかし、カセットテープならではの音質が好きな方や、昔録音したものをそのまま保管している方など、まだ手元に置いているケースも多い。しかし、CDなどと比べ、カセットテープは厚みがあり収納にスペースを要する。今回は、かさばりがちなカセットテープを上手に収納する方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カセットテープを収納する際のコツ

カセットテープとは、磁気テープを使って音声を記録する媒体である。情報が記録されている磁気テープが悪くなると、音質が劣化したり再生できなくなったりする。そのため、カセットテープに適した環境で収納することが重要だ。カセットテープをより長く保管するために重要な4つのポイントを紹介しよう。

高温多湿を避ける

カセットテープの大敵が「カビ」だ。高温多湿の場所にカセットテープを保管しておくと、磁気テープにカビが生える可能性がある。カビが生えたカセットテープをそのまま再生してしまうとプレイヤーの故障に繋がるほか、カビが邪魔をして正常に再生できない原因にもなるだろう。磁気テープは高温に弱いため、直射日光が当たる場所も避けて収納しよう。

温度変化が少ない場所に置く

カセットテープに使われている磁気テープは、ポリエステルフィルムの上に磁性層を塗布して作られている。テープには温度により伸縮する性質があり、温度変化が激しいとカセットテープが変形してしまう。そのため、できるだけ寒暖差がない場所を選んで収納しよう。

ほこりが付かないように工夫する

ほこりもカビと同じく、プレイヤーの故障やカセットテープの音質不良の原因となるため注意しよう。また、カセットテープは基本的に立てて保管するといいと言われている。そのほかにもほこりを防ぐために収納時にケースを使う、ボックスタイプの容器に入れて保管するなどの工夫をしよう。

磁気が発生する場所に近付けない

カセットテープのテープ部分には磁気が使われている。そのため、磁気が強いほかのものと近付けてしまうと磁気不良を起こし、読み取りが出来なくなる可能性がある。磁気不良を起こしたテープは再生できなくなるため注意してもらいたい。

2. カセットテープを上手に収納する方法

では、実際にカセットテープの上手な収納方法について紹介する。先ほど紹介した4つのポイントをおさえながら、カセットテープの収納方法について知ろう。

便利グッズを使って収納する

カセットテープは立てた状態での収納が推奨されている。しかし、立てた状態ではバランスが悪く倒れやすい。そこで、ケースやラック、ボックスなどカセットテープがぴったりと収まるような便利グッズを利用しよう。出し入れの簡単さを考えると、ある程度小分けに収納できるアイテムを選ぶのがおすすめだ。

3. カセットテープをおしゃれに収納する方法

カセットテープの収納に使うケースやボックスは、サイズさえ合えば特に規定はない。しかし、よりおしゃれに収納したいと思うなら、カセットテープを収納するための専用家具を選ぶといいだろう。

デザイン性の高い専用家具

カセットテープを収納するためだけに作られた、専用家具というものが存在する。ラジカセのようなデザインをした収納ボックスや、カセットテープを1本ずつぴったり収納できる木製棚などは特に人気がある。専用家具はデザイン性が高く見た目がいいため、見せる収納としても活躍するだろう。

4. カセットテープ収納をDIYしてみよう

気に入った収納グッズが見つからない場合は、DIYする方法もある。お手製のカセットテープ収納を作れば、よりカセットテープへの愛着がわくだろう。

カセットテープ収納のおすすめDIY

カセットテープ収納をDIYするいくつかの方法を紹介する。
・ラックのDIYキットを使用する
・スパイスラックを転用する
・市販されている透明ケースに好きなデザインシートを貼る
もっとも簡単なのは、既製品をリメイクすることだが、本格的なDIYを楽しみたい方には木材のカットまで終わったDIYキットもおすすめだ。

結論

今回はカセットテープの収納方法について紹介した。カセットテープは寿命がある記憶媒体である。できるだけ長く良い状態をキープするためには、正しい方法で保管することが重要だろう。今回の記事を参考に、かさばりがちなカセットテープを、正しい方法でおしゃれに収納しよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ