このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団乾燥機の最適な使用頻度はどれくらい?【季節やダニ対策】

布団乾燥機の最適な使用頻度はどれくらい?【季節やダニ対策】

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年9月 2日

布団乾燥機は天候に左右されずに布団乾燥ができる便利なアイテム。梅雨や花粉の飛散などで外干しできないときに備えて、持っている方もいるのでは?しかし、布団乾燥機をどの程度の頻度で使えばよいのか分からない方もいるだろう。この記事では、布団乾燥機の最適な使用頻度について解説する。夏や梅雨、ダニ対策に最適な使用頻度まで分かりやすく紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団乾燥機の使用頻度はどれくらい?

早速だが、ここでは布団乾燥機の一般的な使用頻度をみていこう。

布団乾燥機は基本的に週1回くらいの頻度での使用がよいとされている。しかし、これはあくまでも一般的な目安だ。

湿気が多くカビやダニが発生しやすい時期、また布団の素材によっては、布団乾燥機を使う頻度を見直す必要がある。布団の状態などに応じて、布団乾燥機を適切に使用できるようにしていこう。

2. 羽毛布団は布団乾燥機の使用頻度に注意

羽毛布団への布団乾燥機の使用頻度には注意が必要だ。ここでは、羽毛布団に対する布団乾燥機の最適な使用頻度を解説する。

羽毛布団へ布団乾燥機をかける頻度は、月1~2回程度がよい。羽毛布団は普通の布団と違い、布団乾燥機の熱を受けて羽毛の繊維が傷みやすいからだ。羽毛布団に布団乾燥機を使うときは、使用頻度に十分注意しよう。

3. 夏や梅雨は布団乾燥機の使用頻度を上げよう

布団乾燥機の使用頻度は一般的に週1回程度でよいとされているが、夏や梅雨の時期だと週1回では足りない。夏や梅雨の時期には、使用頻度を更に上げていく必要がある。ここでは、夏や梅雨の時期に最適な布団乾燥機の使用頻度を解説する。

気温が高く寝苦しい時期である夏や梅雨は、他の季節に比べ汗の量が多くなる。とくに梅雨は湿度も高いため、気を付けないとカビが容易に発生してしまう。夏や梅雨の時期は、週2~3回を目安に布団乾燥機をかけるようにしよう。湿気が気になるなら、毎日使用するのもおすすめだ。

4. ダニ対策で布団乾燥機を使う場合の使用頻度は?

続いては、「ダニ対策」に最適な布団乾燥機の使用頻度について解説していく。

ダニ対策をするには、まずダニが繁殖しやすい条件を押さえる必要がある。

ダニが繁殖しやすい条件

・温度:20~30℃程度
・湿度:60%程度
・垢やフケなどの栄養源がある

上記の条件からみて、布団はダニが繁殖しやすい場所だといえるだろう。湿度が高くなる夏や梅雨の時期はとくに念入りなダニ対策が必要だ。

ダニ対策のためには、夏や梅雨の時期は1週間に1回を目安に布団乾燥機をかけるとよい。ただし、1週間に1回の頻度で布団乾燥機をかけてもダニの1/3は残るとされているので、継続的にかけることが大切だ。ダニを徹底的に退治したい場合には1日2回を3日間続けて行うとよいだろう。

冬場は湿気が少なく気温も低いため、ダニが発生しにくい。しかし、最低でも1カ月に1回の頻度で布団乾燥機をかけるようにしよう。

結論

布団乾燥機をかける頻度は基本的に1週間に1回程度でよいとされている。しかし、夏や梅雨の時期は、湿度が高くカビが発生しやすい。そのため、週2~3回のペースで行うようにするとよいだろう。ダニ対策を目的とする場合も、季節によって最適な使用頻度は異なっている。布団の状態や季節、目的に合わせて適切な頻度で使用し、毎日清潔な布団でリラックスできる時間を過ごしてみてはいかがだろうか。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ