このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カップボードの収納術とは?食器や食品を上手に収納する方法を紹介

カップボードの収納術とは?食器や食品を上手に収納する方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月 8日

カップボードは、食器だけでなく食品の収納にも活躍する優れものだ。だから、カップボードにどうやって食器を収納すればよいか分からず、取り出しにくいまま使っていてはもったいない。今回はカップボードの収納について、上手な収納方法や用途に合った選び方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カップボードの上手な収納術【食器編】

いつの間にか増えてしまう食器類。カップボードにただ重ねて並べているだけでは、取り出しにくくスペースも余ってしまいがちだ。ちょっとしたアイテムを使うだけで、カップボードをさらに使いやすく、食器をすっきり見せることができる。まずは食器の上手な収納方法から押さえておこう。

コップはトレイやボックスで整頓

グラスやコップは、トレイやボックスに並べて収納しよう。同じ種類でまとめれば見た目もすっきりし、引き出すだけで奥の物まで取りやすくなる。来客があるときはトレイのままテーブルへ持って行こう。

皿はコの字ラックで上下に分ける

重ねてしまうと取り出しにくく、カップボードの空間も無駄になりがちな皿類。コの字型のラックを使って上下2段に分けることで、取り出しやすく空間も有効活用できておすすめだ。

上中下段を使い分ける

ただ並べるだけではなく、使いやすさを重視するなら段ごとに収納する物を決めるのがポイント。毎日使う食器は目線の高さにあたる中段に、下段には毎日ではないが比較的出番の多い食器を置こう。手と目線が届きにくい上段には、普段使わない食器を収納するとよい。

2. カップボードの上手な収納術【食品編】

カップボードだからといって、収納できるのは食器だけではない。調味料からインスタント食品、常温保存の野菜など、食品の収納場所としても使用できるのがカップボードの魅力のひとつだ。食器がすっきり収納できたら、余ったスペースに食品を収納してみよう。

よく使う食器と同じ場所にまとめる

食品は食品だけでまとめがちだが、おすすめは、例えば茶葉やコーヒーはマグカップやポットと同じ場所にするという方法だ。カップボードの中でも一緒に使う食器と食品をまとめておくことで、いろいろなところから物を取り出す手間が省けて、動線もすっきりする。

ステンレスバスケットで汚れやサビを防ぐ

汚れに強いステンレス製のバスケットなら、液だれしやすい調味料の収納にぴったりだ。しっかりした素材なので重たい物を入れても壊れにくいのがポイント。バスケットタイプなら手入れも簡単だ。

3. カップボードの収納アイデア事例集

カップボードの上手な収納方法をチェックしたら、自分に合った収納方法になるよう工夫が必要だ。収納方法にぜひプラスしたい、さらなる収納アイデアを3つ厳選して紹介しよう。

見せる収納でおしゃれなインテリアに

カップ&ソーサーやお気に入りのマグカップを、あえて重ねずに一つ一つ並べて見せる収納アイデア。カップボードが飾り棚の役割を果たしてくれるので、インテリアとしてのおしゃれ度もアップ。食器好きならぜひ試してみたい方法だ。

ワイングラスはつっぱり棒で安心感をプラス

カップボードの上段にワイングラスなどの割れやすい物を収納するなら、つっぱり棒でストッパーをするとよいだろう。見た目にも安心感があり、不慮の事故も防げるプチアイデアだ。

レシピ本収納として活用する

カップボードを本棚の代わりにして、料理のときに使うレシピ本を収納するアイデア。使いたいときにサッと取り出せて、本を探しに部屋へ戻る必要もない。レシピ本がたくさんある場合はファイルボックスなどにまとめておくと、定位置ができてより探しやすくなる。

4. 収納力の高いカップボードの選び方

最後に、これからカップボードを購入しようと思っている方のために、カップボードの選び方を紹介する。いくつかのポイントを押さえて、ぜひ自分に合った理想のカップボードを見つけてほしい。

設置方法で選ぶ

カップボードを選ぶときにまず確認したいのが設置方法だ。費用を抑えて気軽に設置できる据え置き型、工事が必要だが高級感のある作り付け型から、予算やキッチンの形状に合った物を選ぼう。

タイプで選ぶ

カップボードには一面が収納棚になるトールプラン、作業台として使えるカウンターブラン、両方の魅力を併せ持つトールカウンターブランといったタイプがある。食器だけを並べるならトールプラン、家電も置きたいならカウンターまたはトールカウンタープランなど、用途や収納イメージに合わせて選ぼう。

デザインで選ぶ

カップボードのデザインはメーカーやブランドによってさまざま。ナチュラルな雰囲気なら木目調、モダンな雰囲気ならブラックやホワイトなど、キッチンのメインとなる家具だからこそ、収納するのが楽しくなるようなお気に入りを見つけよう。

結論

カップボードに食器を収納するときは、ボックスやトレイなどの収納グッズでまとめるとすっきりする。食品はよく使う食器と一緒に収納するとよい。ほかにも見せる収納やレシピ本収納などのアイデアを取り入れて、自分らしい収納を目指そう。これからカップボードを取り入れるなら、設置方法やタイプにこだわって、自分に合ったカップボードを選んでほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ