このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
文房具の収納どうしてる?100均アイテムで収納力をアップさせよう

文房具の収納どうしてる?100均アイテムで収納力をアップさせよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月15日

文房具は種類やサイズがさまざまで、収納が難しいジャンルだ。文房具をスッキリきれいに収納するためにはどうすればいいのだろうか?今回は、文房具の収納に悩む方に向けて、100均アイテムを使った収納方法を紹介する。コストをかけず、手軽に整理整頓を始めよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 文房具をきれいに収納するコツ

仕事や勉強、日常生活で使う文房具にはさまざまな種類がある。サイズも用途も違う文房具をスッキリと収納するためのコツを紹介しよう。

文房具の種類

自宅や職場で使う文房具はおおまかに以下の種類に分類される。

・筆記用具:鉛筆、ボールペン、シャーペン、マーカー、カラーペン、クレヨンなど
・消しゴム類:消しゴム、修正液、修正テープなど
・刃物類:ハサミ、カッターなど
・接着用具:ノリ、テープ、マスキングテープ、両面テープ、ガムテープ、ホッチキスなど
・消耗品・小物類:クリップ、輪ゴム、付箋など
・その他:鉛筆削り、定規、電卓、ノートなど

文房具収納のコツ

文房具をきれいに収納するコツは「分類すること」と「仕切りを付けること」だ。文房具の整理整頓を始めるなら、まずは収納したい文房具を分類しよう。その後、それぞれのサイズに合った収納容器を用意し、種類ごとに仕切って収納する。収納容器は100均などで入手できる。100均の容器はローコストで入手でき、シンプルで組み合わせやすいものが多いのが特徴だ。文房具の収納を見直すなら、手軽に購入できる100均グッズを導入してみよう。

2. 100均グッズで文房具を上手に収納する方法

文房具を分類したら、実際に収納にチャレンジしよう。文房具を上手に収納する方法と持っておきたいおすすめ100均グッズを紹介する。

仕切りを作る

収納のコツでも説明したとおり、文房具は仕切りを作って収納するのがよい。引き出しの中に収納するなら、小さいサイズの収納容器を組み合わせるのが一般的だ。100均には「収納トレー」「すきまトレー」などさまざまなサイズの容器があるので、引き出しのサイズと収納したいものに合ったアイテムが見つかるだろう。もしもちょうどいいサイズがない場合には、自分で仕切りを作れる「間仕切りボード」もおすすめだ。

卓上に収納する

100均では、机の上に置くだけで使える「ペンスタンド」「メールボックス」などの卓上収納グッズも販売されている。文房具の使用頻度が高くすぐに取り出したい方や文房具の量が少ない方は、卓上収納も検討しよう。

3. 100均グッズを使った文房具収納アイテムの作り方

市販の文房具の収納容器が味気ないと感じる方もいるだろう。おしゃれな収納を目指すなら、100均グッズを使って収納アイテムをDIYしよう!

見せる収納に適したリメイク缶

100均でも人気の「ブリキ缶」。そのままでもおしゃれだが、シールやペンキを使えば好きな柄にリメイクできる。リメイクした缶をいくつか並べて文房具を入れ、見せる収納にしよう。

リメイクシートを使った収納ボックス

手軽に貼れる100均の「リメイクシート」はDIYで使う方も多い。空き箱に好みのリメイクシートを貼れば、インテリアにも合わせやすい文房具の収納ボックスの完成だ。

4. 文房具収納のための100均グッズ活用アイデア

最後は、100均グッズを活用した文房具収納のアイデアを紹介する。ちょっと変わった収納をしたい方やおしゃれ収納を目指す方は必見だ。

ワイヤーネットで壁面収納

壁面収納は部屋の空きスペースを活用できるため人気がある。100均の「ワイヤーネット」を使えば、文房具も壁面収納が可能だ。壁にワイヤーネットを設置したら、クリップ付きのペンを挟んだり、フックを使って小物入れをかけよう。小さな磁石を使えば、ハサミなどもペタッと収納できる。

仕分けに困ったらファスナーケースを使おう

文房具の分類に困るものや仕切りに入れて収納するのが難しいものには、100均の「ファスナーケース」が適している。コード類や書類、子どものお絵かきグッズなどまとめて置きたいものを入れ、ケースごと引き出しや棚に収納してしまおう。

結論

今回は、収納が難しい文房具の収納アイデアなどを紹介した。収納場所を決めずに使いっぱなしにしてしまうと、机の上やリビングがすぐに散らかってしまう。100均グッズは新しく購入しても負担が少なく、収納初心者にもおすすめだ。今回紹介した収納グッズやアイデアを参考に、文房具の収納を見直そう!
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ