このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筆記用具の収納アイデア3選!便利アイテムでスッキリ収納を目指そう!

筆記用具の収納アイデア3選!便利アイテムでスッキリ収納を目指そう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 8日

鉛筆やボールペン、消しゴムなどの筆記用具はどのように収納しているだろうか?サイズや形も異なる筆記用具は、ついついごちゃごちゃして散らかってしまう。今回は筆記用具をきれいに収納する方法やアイデアを紹介する。コツをつかんで、机や引き出しの中をスッキリと整頓しよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筆記用具をきれいに整理して収納するコツ

鉛筆やボールペンなどの筆記用具は、収納場所を決めずに置きっぱなしにしていると、使いたいときにどこにいったかわからなくなり探す手間が増えてしまう。筆記用具を使いやすくきれいに収納するためには3つのコツがある。

種類ごとに収納する

収納を見直す前に、まずは筆記用具を分類してみよう。筆記用具には、鉛筆やボールペンなど文字を書くもの、それを消すための消しゴム類、はさみやテープなども含まれる。すべての筆記用具を同じ場所に収納するとごちゃごちゃとして取り出しにくい。そのため、まずは種類ごとに分類し、それぞれのサイズにあった収納スペースを作ることが大切だ。分類した後は種類ごとに別の容器に入れてもよいし、仕切りを使って仕分けしてもよい。

収納容器には統一性を出す

分類した筆記用具を入れる容器は、できるだけ同じ形や色のものを使おう。そうすることで収納に統一性が生まれ、よりスッキリと整って見える。

何が入っているかすぐにわかるようにする

同じ形や色の収納容器を使うとどこに何が入っているのかわかりにくい。毎回容器を開けながら筆記用具を探すのは面倒だ。分類して収納場所を決めた後は、ラベルなどを使って中身がわかるようにしよう。

2. 筆記用具を上手に収納する方法

筆記用具を収納する場所は、主に引き出しや棚、机の上などになるだろう。引き出しや棚に筆記用具を収納するなら、種類ごとに小さなボックスに入れるのがおすすめだ。サイズに合わせたボックスを敷き詰めれば、引き出しや棚を開け閉めしても中身が混ざることがない。机の上に収納する場合は、筆記用具用の小さな引き出しタイプの収納ボックスを使うことで、ほこりを被らず収納できる。

3. 筆記用具の収納アイデア事例集

筆記用具を分類したが、どこに収納すればよいかわからない。そんな方のために、筆記用具の収納アイデアを3つ紹介する。便利だと思う収納アイデアがあればぜひ取り入れてもらいたい。

クリアケースで見える収納

クリアケースは中が見えるので、使用頻度が高い筆記用具の収納におすすめだ。クリアかつ引き出しタイプの収納ボックスなら、使いたいものがすぐに使えるため作業効率もアップするだろう。また、中身が一目瞭然なので、テープや小物類など消耗品を管理する際にも活躍する。

重ねて収納すれば省スペース

収納スペースをできるだけ小さくしたいなら、スタッキングできる収納容器を選ぼう。縦に重ねるだけで収納量を調整できるので、筆記用具の量が増えたり減ったりしても必要なスペースは変わらない。

子ども用には取っ手付き収納もおすすめ

小さな子どもがいるご家庭には、持ち運べる収納も便利である。持ち運び用の取っ手の付いた収納容器に筆記用具を入れておけば、使いたいときに使いたい場所へ持っていける。普段は子どもの手の届かない高い場所に置いておけるため安全性も高い。

4. 筆記用具の収納グッズをDIYしてみよう

筆記用具を収納したい場所に市販の容器がぴったりとはまらないこともあるだろう。そんなときは、DIYでオリジナル収納を作ろう。最後は、100均アイテムで作れるプチプラ収納アイデアを紹介する。

万能!間仕切りボード

100均には引き出しの中に仕切りを作れる「間仕切りボード」という商品がある。カットして組み合わせれば好きなサイズの仕切りが作れるため、筆記用具の収納と相性がよい。市販の収納ボックスが引き出しに入らない場合も、このアイテムを使えば、仕切りを作れてすっきりと収納できる。

ブリキ缶で見せる収納

100均で手に入るブリキ缶をいくつか並べ、筆記用具を種類別に入れてみよう。筆記用具の収納容器はシンプルなものが多いが、ブリキ缶ならおしゃれな「見せる収納」になるだろう。ステッカーやペンキを使えば、デコレーションも楽しめる。

結論

今回は散らかりがちな筆記用具の収納について紹介した。筆記用具は一つ一つが小さくサイズもばらばらなため、収納が難しいジャンルだ。今回紹介した収納のコツやアイデアを参考に収納の見直しをして、以前よりも使いやすくすっきりとした部屋にしよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ