このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗えるラグで夏を清潔に過ごそう!子供がいる家庭にもおすすめ

洗えるラグで夏を清潔に過ごそう!子供がいる家庭にもおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 5日

リビングやダイニングのテーブルの下やベッドやソファの足元などに敷くラグは、汗や食べ物、飲み物などで汚れやすい。しかし、クリーニングに出すのは費用や時間、手間がかかるので自宅で洗えると便利だ。ここでは、夏場や子供のいる家庭に洗えるラグをおすすめする理由を説明する。併せて北欧デザインのラグの魅力も紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗えるラグは夏におすすめ

夏は汗をかいた足や身体でラグが汚れやすいので、ラグを敷かない、という選択肢もある。しかし、フローリングに直接座ると、膝や身体が痛くなったり傷がついてしまったりする。そこで、夏には夏用の洗えるラグをおすすめする。

洗えるラグには、洗濯機で洗えるタイプと手洗いできるタイプの2つの種類がある。洗濯表示に明記してあるので、購入時には必ずチェックしよう。

また、夏用の洗えるラグはキシリトールやミントが配合されていたり、接触冷感生地(触ると冷たく感じる生地)を使用したりしてつくられているので、通気性がよく触るとひんやりする。そのため、ラグはあったほうがよいが夏は暑苦しい、と感じる場合でも快適に過ごすことができる。夏には、ひんやりとさらさらな手触りで、気軽に洗うことができる夏用の洗えるラグで快適に過ごそう。

2. 子供や赤ちゃんがいる家庭は洗えるラグを使用しよう

子供や赤ちゃんがいる場合は、洗えるラグを使用するとよい。

赤ちゃんや子供がいる場合は、床がフローリングのままだと転倒や床冷えの心配がある。また、赤ちゃんや子供は体調不良を起こしやすい。体調不良を起こすと、嘔吐やトイレの失敗などが多くなる場合がある。食べ物や飲み物をこぼすことも頻繁にあるので、ラグはこまめに洗いたい。

また、子供はノロウイルスやロタウイルスに感染しやすい。ラグに嘔吐した場合は、ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムで消毒したり、85度以上の熱で消毒したりした後に洗濯する必要がある。子供や赤ちゃんがいる場合は、ラグは洗えるタイプにすることを強くおすすめする。

3. おしゃれなラグを求めるなら北欧デザインをおすすめ

ラグは部屋の印象を変えるので、敷くのならおしゃれなデザインのラグを敷きたい、と思う人は多いだろう。おしゃれなラグを求める場合には、北欧デザインをおすすめする。

北欧デザインとはフィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイランドなどの北欧の国が発祥のデザインのことを指す。これらの国は夏が短く冬がとても長く厳しい。家の中で過ごす時間が多いため、家具やインテリア、食器など生活空間を充実させることに力を入れているのだ。

北欧デザインは、木などをはじめとする自然のモチーフが多い、シンプルな線と曲線を用いる、暖色やアースカラーが多く色使いが優しい、などが特徴だ。よいものを長く使いたい、過度に主張しない、などが日本人の感覚に似ているため人気のデザインなのだ。

おしゃれな北欧デザインのラグはとても多く販売されているので、好みにあったものを選んでみてはどうだろうか?

結論

ラグが汚れた場合、その都度クリーニングに出していると、時間も手間もお金もかかる。そこで、ラグは洗えるタイプを購入することをおすすめする。夏場はとくに汚れやすいので、ひんやりとした感覚の洗えるラグを使用するとよい。また、子供や赤ちゃんは飲み物や食べ物をこぼして汚しやすい。ノロウイルスなどに感染して嘔吐することも多いので、処理がしやすい洗えるラグを選ぶとよい。おしゃれなラグを求める場合は、日本人の感覚に似ていて人気の北欧デザインのものをおすすめする。洗えるラグで清潔かつ快適に暮らそう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ