このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレ洗浄剤で掃除が楽に!置き型とスタンプ型の違いと手作りの方法

トイレ洗浄剤で掃除が楽に!置き型とスタンプ型の違いと手作りの方法

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月 3日

トイレ掃除の手間を減らしたいと考えている方には、トイレ洗浄剤がおすすめだ。手軽に汚れやにおい対策ができ、トイレを清潔に保つことができる。この記事ではトイレ洗浄剤の効果と種類について紹介しよう。使い方の注意点や手作りする方法など、役立つ知識と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレ洗浄剤の効果とは?

まずはトイレ洗浄剤の効果と使用するメリットについて紹介する。トイレ掃除で悩んでいる方はぜひ参考にしてほしい。

トイレ洗浄剤の効果

トイレ洗浄剤には洗浄と防汚の効果がある。水を流すたびに成分がトイレに広がり、汚れを洗浄して汚れの付着を防止することが可能だ。

また、除菌や消臭、漂白といった効果があるトイレ洗浄剤もあるので、黒ずみやにおい対策としてもおすすめだ。香り付きのタイプならトイレの空間でよい香りを楽しめる。

メリットのメリット

トイレ洗浄剤を使用すればトイレ掃除の手間を軽減できる。水を流すだけで汚れが除去でき、一度使用すれば一定期間効果が続く。

黄ばみやにおいの予防にもなるので、トイレを清潔な状態で保てるだろう。面倒なトイレ掃除の回数が減ったり、簡単な掃除で汚れが落ちたりと、さまざまなメリットが実感できる。

2. トイレ洗浄剤の種類

トイレ洗浄剤は置き型とスタンプ型、吊り下げ型の3種類に分かれる。それぞれ使い方や特徴が異なるので、違いを比較してみよう。

置き型のトイレ洗浄剤

置き型のトイレ洗浄剤はタンクの手洗い場に置いて使用する。水を流すと洗浄剤がタンクから便器に流れ、成分が全体に行き渡る仕組みだ。カラフルで見た目にこだわった商品が多いのが特徴だが、タンクレスのトイレには使用できないので注意してほしい。

スタンプ型のトイレ洗浄剤

便器のフチにスタンプのように押して使うタイプのトイレ洗浄剤だ。置き型と違ってタンクレスのトイレにも使用できる。ただし、スタンプを押す場所を間違えると効果が発揮できないので、説明書を読んで確認してほしい。

吊り下げ型のトイレ洗浄剤

タンクの蓋を開けて内部に吊り下げて使用するので、タンクレスのトイレにも使える。タンクの水に溶け込んだ洗浄剤が便器に流れる仕組みだ。ただし、タンクの内部に内蓋があるタイプには使用できないため、購入する前にあらかじめ確認しておこう。

3. トイレ洗浄剤の使い方の注意点

トイレ洗浄剤の効果を実感するには使い方が重要だ。3つの注意点を説明するので、適切に使用するためにチェックしてほしい。

タンク内の汚れに注意

トイレタンクが汚れていると内部の汚れや雑菌が便器に流れる。トイレ洗浄剤を使っても黒ずみが発生する場合は、フタを開けて確認しよう。タンクが汚れたままだと効果が弱くなるので、キレイに掃除をしてからトイレ洗浄剤を使用してほしい。

使用できる期間を確認

使用できる期間はトイレ洗浄剤によって異なる。期限が切れるタイミングをチェックして、新しい洗浄剤と交換することで清潔に保つことができるだろう。

トイレを使用する回数が増えると、記載してある使用期間より短くなるので注意が必要だ。交換の頻度を減らしたい方は、長く使えるトイレ洗浄剤を選んでほしい。

トイレの掃除は必要

トイレ洗浄剤は汚れを軽減するために使用する。すべての汚れを防ぐのは難しいため、掃除をしなければ少しずつ蓄積されてしまうだろう。トイレの周囲や便器をチェックしつつ、定期的な掃除を怠らないことが重要だ。

4. トイレ洗浄剤は手作りできる

トイレ洗浄剤は自分でも手作りすることが可能だ。必要な材料と簡単な作り方について詳しく解説しよう。

材料を用意しよう

トイレ洗浄剤を手作りするときに必要な材料と道具は以下の通りだ。便器の黒ずみに効果的な重曹と、尿石汚れや水垢に効果的なクエン酸を組み合わせよう。

・重曹:120g
・クエン酸:40g
・水:適量
・ボウル
・型

霧吹きを用意しておけば、水を入れすぎる心配がなく細かい調整がしやすい。シリコン製のお菓子用型はいろいろな形があり、乾燥したあとに外すのも簡単なのでおすすめだ。型が家にない場合は、丸くまとめてからトレーに並べて乾燥させよう。

トイレ洗浄剤の作り方

必要なときにすぐ使えるようにトイレ洗浄剤をまとめて作っておこう。基本的な作り方と手順について紹介する。

1.ボウルに重曹とクエン酸を入れてよく混ぜる
2.まとめられるようになるまで少しずつ水を加えていく
3.型に入れて1晩ほど乾燥させたら密封容器に保存する

水の代わりに消毒用アルコールを使用したり、お好みのアロマオイルを入れたりしてもよい。水を一気に入れないようにするのがポイントだ。

手作りのトイレ洗浄剤は便器に入れて少し放置してから流す。汚れが酷いときはトイレブラシを使ってこすろう。2~3日に1回の頻度で使用すればキレイな状態を長く保てる。

結論

トイレ洗浄剤を使えばトイレを清潔な状態に保てる。面倒なトイレ掃除の回数を減らすことができ、黄ばみやにおいの予防としてもおすすめだ。置き型とスタンプ型、吊り下げ型の3種類があるので、トイレのタイプや使い方で選んでほしい。また、トイレ洗浄剤は重曹とクエン酸で簡単に手作りできるため、まとめて作ってストックしておくのもよいだろう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ