このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレの掃除道具まとめ!選び方とおすすめの収納アイデアを紹介

トイレの掃除道具まとめ!選び方とおすすめの収納アイデアを紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月25日

トイレを掃除ためには使いやすい道具が必要だ。道具にはいろいろなタイプがあるので、それぞれの特徴をチェックしておこう。この記事ではトイレの掃除道具を選ぶポイントや、あると便利な道具について解説する。トイレの掃除道具をスッキリと収納するアイデアも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 基本的なトイレの掃除道具は?

トイレ掃除のために揃えておきたい掃除道具を紹介しよう。簡単な掃除から本格的な掃除まで、幅広い用途で使用できる。

トイレブラシ

トイレの便座をこすって汚れを落とすために使用する掃除道具だ。汚れをしっかり落とすブラシタイプと、便座を傷つけないスポンジタイプの2種類があるので、特徴をチェックしておこう。形状によって磨きやすさや水切れが違うため、じっくり比較してから選んでほしい。

トイレ用の洗剤

汚れを落とすトイレ用の洗剤にはいろいろな種類がある。通常の掃除には、便器を傷める心配がなく使いやすい中性洗剤がおすすめだ。尿石には酸性洗剤、黒ずみは塩素系洗剤が効果的なので、適切に使い分けよう。

トイレ用の雑巾

便座や便器の周り、床、壁を拭くときに必要な掃除道具だ。トイレ専用に用意するか、捨ててもよい古着やタオルを再利用しよう。掃除する場所や水拭きと乾拭きで分ける必要があるので、複数枚用意しておくと便利だ。

2. トイレの掃除道具の選び方

トイレの掃除道具を選ぶときのポイントを説明する。おすすめのグッズも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

使い捨てがおすすめ

便座に直接触れる掃除道具には汚れが付着する。キレイに洗うのが大変だったり、放置すると雑菌が繁殖したりするため、使い捨てタイプがおすすめだ。

汚れた掃除道具はそのまま捨てればよいため洗う必要がない。そのままトイレに流せるタイプの商品なら、わざわざゴミ箱まで持っていく手間が省けるだろう。

おすすめの使い捨てグッズ

使い捨てのお掃除シートを雑巾の代わりに活用しよう。除菌や消臭効果がある商品は多く、使用すれば清潔な状態を保てる。1枚でしっかり拭きたいなら厚手のタイプ、拭く場所ごとに取り替えたいなら薄手のタイプがおすすめだ。

また、使い捨てタイプのトイレブラシも登場している。ブラシ部分を取り付けてトイレを掃除したら、あとは水に流すだけなので清潔だ。また、ブラシの部分がないため収納のスペースの節約にもなる。

3. あると便利なトイレの掃除道具

あると便利なトイレの掃除道具を2つ紹介する。いつものトイレ掃除にプラスするだけで、かかる手間や時間を減らすことが可能だ。

トイレの洗浄剤

トイレの洗浄剤は汚れを予防するための掃除道具だ。水を流すたびに洗浄剤が広がり洗浄と防汚ができるので、掃除の頻度を減らすことができる。防臭や漂白といった効果がある商品なら、においや黒ずみの対策にも有効だ。

タンクの上に置く置き型タイプと、便座の内側にプッシュするスタンプタイプの2種類がある。置き型タイプはタンクがないと使用できないので、自宅のトイレに適した洗浄剤を選ぼう。

泡タイプの洗浄スプレー

泡タイプの洗浄スプレーを使用すると汚れにしっかりと密着する。あとは一定時間放置したのちに水で流すだけで掃除は完了だ。フチ裏にも密着するので、ブラシでは磨きにくい汚れもしっかりと落とせる。

ゴシゴシでこすらなくても汚れが落ちるので、掃除の手間を軽減できるだろう。温水便座のノズルを掃除できる専用の洗浄スプレーもあるため、この掃除道具もぜひ活用してほしい。

4. トイレの掃除道具の収納アイデア事例集

トイレ掃除道具を使用しないときはスッキリと収納しておきたい。すぐ実践できる3つのアイデアを紹介しよう。

カゴやボックスを使う

生活感がでやすいトイレの掃除道具は、カゴやボックスを使って隠そう。おしゃれなアイテムを選べば、トイレのインテリアとして活用できる。縦に長いトイレブラシを収納するなら、スッポリと入る縦長のボックスを選ぶとよいだろう。

デッドスペースに棚を設置

壁に棚を設置すれば狭いトイレでも収納を増やすことが可能だ。おしゃれな棚を選んで掃除道具を収納しよう。賃貸などで穴を開けられない場合は、突っ張り棒を2本設置してワイヤーネットを結束バンドで固定すれば簡易的な棚になる。

専用のトイレ収納

狭いスペースでも設置しやすい専用のトイレ収納を使用しよう。トイレブラシを入れるスペースがあるタイプは多く、掃除道具をまとめて収納できる。キャスターがついたカートタイプのトイレ収納は、掃除のときに移動できるのでおすすめだ。

結論

トイレの掃除道具にはいろいろなタイプがある。まずはトイレブラシや雑巾、洗剤などの基本的な道具を揃えておこう。使用後の掃除道具を清潔に保つのは大変なので使い捨てがおすすめだ。掃除の手間を軽減したいなら、トイレ洗浄剤や泡タイプの洗浄スプレーを活用してもよいだろう。また、アイテムやスペースを活用すれば、狭いトイレでも掃除道具をスッキリと収納できる。紹介したアイデアをぜひ実践してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ