このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シワ取りスプレーの正しい使い方は?基礎知識と自作する方法を紹介

シワ取りスプレーの正しい使い方は?基礎知識と自作する方法を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月11日

シワ取りスプレーがあれば、アイロンがなくともサッと使用すればシワが取れる。シュッと吹きかけるだけでシワが伸びるので、忙しいときや外出先で活躍するだろう。この記事では、シワ取りスプレーの基礎知識や上手な使い方について紹介する。種類や選び方、自作する方法も解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもシワ取りスプレーとは?

まずはシワ取りスプレーの基礎知識を紹介する。なぜシワが取れるのか仕組みについても説明するので、あらかじめチェックしておこう。

シワ取りスプレーとは?

シワ取りスプレーは、シワがついた衣服に吹きかけて使用する。あとはハンガーに吊るすだけでよく、軽いシワならアイロンをかける必要がない。

消臭や除菌、静電気防止などの効果をもった商品も多い。シワ取り以外にもさまざまな用途で使用できるので、衣服の手入れにぜひ活用してほしい。

成分や仕組みを紹介

シワは繊維が折れ曲がることで発生する。シリコンなどのシワ取りに有効な成分が繊維に浸透して、シワを伸ばす仕組みだ。

シワ取りスプレーをスプレーしてから乾燥するまで待てば、繊維の折れ曲がりがキレイに戻る。スーツやジャケット、制服など、さまざまな衣服のシワ取りに役立つだろう。

2. シワ取りスプレーの上手な使い方

シワ取りスプレーの上手な使い方について解説しよう。対応している素材の確認からポイントまで、詳しい手順を紹介する。

対応している素材を確認

まずはシワ取りスプレーの説明で対応している素材を確認する。皮革や絹、毛皮など、水に弱い素材には使用できない可能性が高いので注意が必要だ。洗濯表示を確認して水洗いやドライクリーニングができないなら、シワ取りスプレーの使用は避けたほうがよいだろう。

ただし、中には着物などデリケートな衣服に使用できるシワ取りスプレーもあるので、目的に合った商品を選んでほしい。大事な衣服に使用する場合は、目立たない部分で色落ちしないか確認しておくと安心だ。

シワ取りスプレーの使い方

シワ取りスプレーは正しい方法で使わないと、効果が実感できない。使い方の手順とポイントを先に確認しておこう。
  • 衣服から20cmほど離してシワにスプレーする
  • 縦や横、斜めの方向に軽く引っ張ってシワを伸ばす
  • ハンガーに吊るして10分ほど乾かす
衣服がしっとり濡れるくらい吹きかけるのがポイントだ。乾燥時間など細かい使い方はシワ取りスプレーによって違うので、先に確認しておこう。また、アイロンが使える衣類なら、スチームアイロンと併用することで深いシワがスッキリと取れる。

3. シワ取りスプレーの種類や選び方

シワ取りスプレーを選ぶときにチェックしたいポイントは3つだ。使いやすい商品を選ぶために、ぜひ役立ててほしい。

用途で選ぶ

家で使用するシワ取りスプレーは、容量の多いタイプがおすすめだ。ただし、旅行や職場など出先で使用したいなら、携帯用のミニボトルがよいだろう。手軽に持ち運びができ、必要なときにシュッと吹きかけてシワを伸ばせる。

機能と香り

シワ取りスプレーはシワ取り以外の機能にも注目したい。衣服を清潔に保ちたいなら除菌、におい対策をしたいなら消臭タイプがおすすめだ。冬は静電気防止機能があると便利だろう。

また、香りがついたシワ取りスプレーは多いので、好みに合ったものを選んでほしい。ただし、柔軟剤や香水を併用すると必要以上に香りが強くなる。ほかに香りをつけたり、仕事で着用するスーツに使用したりするなら、無香料タイプが使いやすい。

シリコン入りがおすすめ

シリコンにはシワを防止する効果がある。シワがつきにくくなる効果もあるので、衣服をキレイな状態で維持できるだろう。また、シリコンを配合していればシワ取り専用のスプレー以外でも同じ効果が期待できる。

4. シワ取りスプレーを自作する方法

シワ取りスプレーは自分でも簡単に自作できる。気になる効果と作り方について、詳しく紹介しよう。

自作したシワ取りスプレーの効果

シワ取りスプレーは柔軟剤を使って手作りする。柔軟剤にはシワを防止する効果があるので、シワ取りスプレーと同じように使用することが可能だ。

また、香りを楽しんだり静電気を防止したりといった効果も実感できるだろう。ただし、自作だと取れるシワは限られるので、シワ取りスプレーがないときの代用品として使ってほしい。

シワ取りスプレーを自作する方法

用意するのはスプレーボトルと柔軟剤、水だけだ。柔軟剤と水の割合は1:3を目安にしよう。消臭や抗菌効果がある柔軟剤ならにおい対策として使える。

水と柔軟剤をスプレーボトルに入れたら混ぜ合わせて完成だ。放置すると雑菌が繁殖するので、長くても1週間以内に使い切ってほしい。また、肌が弱い方だと肌トラブルのリスクがあるので、使用は避けたほうがよいだろう。

結論

シワが気になる衣服にサッと使えるシワ取りスプレーは便利だ。スプレーをして乾燥したらシワがスッキリと伸びるため、時間がないときや出張先でも使いやすい。使える素材や機能、香りはシワ取りスプレーによって違うので、比較してから選ぼう。もしシワ取りスプレーがないときは、柔軟剤を使って自作する方法を試してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ