このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クリームクレンザーとは?研磨率の違いと汚れを落とすポイントを紹介

クリームクレンザーとは?研磨率の違いと汚れを落とすポイントを紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月 7日

クリームクレンザーは通常の洗剤では落ちない汚れにも効果的だ。いろいろな用途に使えるのでとても便利だが、使い方を間違えると素材を傷つける。この記事では、クリームクレンザーの基礎知識や特徴について紹介しよう。正しい使い方や注意点など、役立つ知識と併せて説明する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クリームクレンザーとは?

まずはクリームクレンザーについて基本的な情報をチェックしておこう。どのような汚れに効果的かも紹介するので、毎日の家事にぜひ役立ててほしい。

クリームクレンザーとは?

クリームクレンザーは研磨剤を含んだクリーム状のクレンザーだ。汚れを浮かす界面活性剤と削って落とす研磨剤を配合しており、頑固な汚れをスッキリと落す効果がある。

粉末タイプのクレンザーと比べて研磨剤の粒子が細かい。適度な研磨で優しく洗えるので、素材を傷つけるリスクが少ないのがメリットだ。

酸性の汚れに効果的

クリームクレンザーは弱アルカリ性の洗剤だ。中性洗剤よりも洗浄力が高く、酸性の汚れを中和して落とす効果がある。

油汚れや皮脂、手垢など、触ったときにベタベタするのが酸性の汚れだ。頑固な酸性の汚れを中和しつつ研磨剤でこすって落とせるため、さまざまな用途で活用できるだろう。

2. クリームクレンザーの特徴

クリームクレンザーの特徴を解説する。研磨剤の割合やどんな掃除に使えるかなど、知っておきたいポイントをまとめた。

研磨率が低い

クリームクレンザーの研磨率は20~50%が一般的だ。研磨率が80~90%の粉末タイプと比較すれば、割合が低いのがわかるだろう。研磨率の割合が低ければ低いほど素材を傷つけにくいので、いろいろな用途に使用しやすい。

また、同じクリームクレンザーでも商品によって研磨率が異なる。しっかりと磨きたいなら研磨率が高いタイプ、優しく磨きたいなら低いタイプを選ぶとよいだろう。

こんな場所の掃除におすすめ

ガスコンロや調理器具に付着した汚れの除去には、クリームクレンザーがおすすめだ。酸性の油汚れへの効果が高く、頑固な焦げ付きも削って落とせる。普通の洗剤では落ちにくい茶渋にも効果的だ。

研磨剤が水垢を落とすため、シンクや風呂場、洗面台など水回りの掃除でも活躍する。また、手垢が付着したスイッチプレートやドアノブ、お子さんの運動靴や上靴の汚れ落としにも効果的だ。

3. クリームクレンザーの正しい使い方

クリームクレンザーの上手な使い方を紹介しよう。役立つアイテムと併せて解説するので、掃除する素材に適した方法を確認してほしい。

ラップを使った方法

軽い汚れや水回りの汚れにはラップを使用する。クリームクレンザーを垂らしたあとに、丸めたラップを使ってこすろう。広範囲の掃除にはスポンジが便利だが、そのまま使用すると研磨剤が入り込んでしまうので注意が必要だ。

研磨剤が残ると食器や調理器具を傷つけてしまうので、スポンジをラップで包んでから使用する。掃除が終わったあとはラップを取るだけでよいため、時間をかけて洗う必要がない。

歯ブラシや布を使った方法

ガスコンロや五徳の焦げ付き、運動靴や上靴の汚れには歯ブラシがおすすめだ。使い古しの歯ブラシを用意したら、クリームクレンザーをかけてこすろう。

スイッチプレートやドアノブの手垢は、水で濡らして固く絞った布を使って拭こう。クリームクレンザーを塗布して磨いたあとは、水拭きしてスッキリと落とす。

4. クリームクレンザーを使うときの注意点

クリームクレンザーを使うときの注意点を紹介する。さまざまなトラブルの防止につながるので、あらかじめチェックしておこう。

素材に注意

木材や素焼きタイルのような水を吸い込む素材だと、洗ってもクリームクレンザーが残ってしまう。貴金属製品にも使用できないので、磨く場合は専用の商品を利用してほしい。

また、銅やアルミ、プラスチック、塗装面や樹皮加工面、フッ素加工、テフロン加工、人工大理石への使用は注意が必要だ。目立たない場所をこすって傷がついたり光沢がなくなったりしたら使用は諦める。ただし、研磨率が低いクリームクレンザーを選べば、傷がつくリスクを減らすことが可能だ。

使い方に注意

たわしや研磨剤入りのスポンジはクリームクレンザーと一緒に使えない。素材にキズがついてしまうので、ラップや布、柔らかいスポンジを使ってこすろう。

また、掃除後はクリームクレンザーが残らないように、5秒以上洗い流すか水拭きでしっかりと拭きとってほしい。手が荒れやすかったり長時間使用したりする場合は、ゴム手袋を装着してから作業すると安心だ。

結論

素材を傷つけるリスクが少ないクリームクレンザーは、さまざまな用途に使用できる。油汚れや水垢に高い効果を発揮するので、通常の洗剤では落ちない汚れがキレイになるだろう。ラップや歯ブラシなど、磨くものによってアイテムを使い分けるのが使い方のポイントだ。ただし、素材によっては研磨剤でキズがつく可能性があるので、あらかじめ説明書や見えない部分で確認しておこう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ