このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食器用洗剤はボトルへの詰め替えがおすすめ!オシャレなボトルも紹介

食器用洗剤はボトルへの詰め替えがおすすめ!オシャレなボトルも紹介

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

2020年10月10日

食器用洗剤をボトルに詰め替えて使っている方はどのくらいいるだろうか。詰め替えを面倒に感じたり、詰め替えのメリットが分からなかったりして、詰め替えずに使用している方もいるかもしれない。しかし、食器用洗剤をボトルに詰め替えることで得られるメリットは多々あるのだ。この記事では、食器用洗剤をボトルに詰め替えるメリットを解説する。機能性に優れたオシャレなボトルもあわせて紹介するので、参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 食器用洗剤をボトルに詰め替えるメリットは?

早速、食器用洗剤をボトルに詰め替えるメリットをみていこう。それは以下の4つだ。
  • 費用を安く抑えられる
  • 洗い物の時間が楽しくなる
  • 洗剤の無駄遣いが少なくなる
  • オシャレな空間を演出できる
上記を順に説明していく。

メリット1.費用を安く抑えられる

食器用洗剤は、本体よりも詰め替え用を購入した方が費用を安く抑えられる。なぜなら、詰め替え用の方が本体より値段が安いからだ。詰め替えボトルの費用が追加でかかってしまうが、ボトルさえ購入すればその後の洗剤の購入費用は抑えられるので節約につながる。

メリット2.洗い物の時間が楽しくなる

食器用洗剤の詰め替えボトルには、デザインが豊富にある。好きなデザインを選んでシンクに置けば、毎日の洗い物も楽しい時間となるだろう。

メリット3.洗剤の無駄遣いが少なくなる

ボトルに詰め替えて使用すれば、洗剤の無駄遣いも軽減できる。市販の食器用洗剤は1回に出てくる量が多いので、無駄遣いとなってしまう。しかし、詰め替えボトルは1回の量がちょうどよいため、洗剤の無駄遣いを減らせるといえる。

メリット4.オシャレな空間を演出できる

市販の食器用洗剤には成分表や商品の名前などの文字が入っていることが多い。そのため、シンクに置くと空間の雰囲気を壊してしまうこともある。しかし、詰め替えボトルには余計な文字が入っていないので、空間をオシャレにみせることが可能だ。

ここまで、詰め替えボトルを使うメリットを紹介してきたが、使うときには1点だけ注意してほしいことがある。それは、ボトル内の洗剤を詰め替えるときに必ず洗浄をすることだ。そうしないと、ボトル内に菌が繁殖する原因となってしまう。詰め替え時は必ずボトルを洗浄し、しっかり乾燥させてから新しい洗剤を入れるようにしよう。

2. ワンプッシュボトルで食器用洗剤を便利に使う

詰め替えボトルには「ワンプッシュタイプ」と呼ばれる種類がある。ここでは、ワンプッシュタイプのボトルについて紹介する。

食器用洗剤をスポンジへ出すときは、スポンジと食器用洗剤の両方を持って行うのが一般的だ。しかし、スポンジに洗剤を含ませるたびに、いちいち食器から洗剤へと持ち替えなければならないことを面倒に感じる方もいるはずだ。

そのようなときにおすすめなのが、ワンプッシュタイプのボトルだ。ボトルの頭部分にスポンジをのせて押すだけで、簡単に洗剤を含ませられる。洗剤をつけるときにいちいち洗剤を持たなくてもすむので、洗い物の時間短縮にもつながるだろう。

また、ボトルのなかには透明になっているものもある。透明なボトルなら、常に食器用洗剤の残量を確認できるので、洗い物の最中に洗剤がなくなる心配をせずにすむ。

3. おしゃれな食器用洗剤ボトルでキッチンを楽しく

詰め替えボトルは素材やデザインが豊富にある。自分好みのものを選べば、キッチンをオシャレに彩ることも可能だ。ここでは、キッチンをオシャレに演出できる食器用洗剤の詰め替えボトルを3つ紹介する。

オカ「PLYS base キッチンディスペンサー」

片手で使える形状で、濡れた手で触ってもすべりにくいのが特徴だ。傾けて押すタイプのボトルなので、洗剤の量も調整しやすい。半透明ボトルのため食器用洗剤の残量も常に確認できる。口が広いので詰め替えや手入れもしやすいだろう。

プロトワーク「かたポン」

ボトルの上についている台を押すと洗剤が出るタイプだ。片手だけでスポンジに洗剤を含ませられるので、洗い物の最中に食器を置いて洗剤を手に取る必要がなくなる。

カラーバリエーションが豊富なので、キッチンをオシャレに彩るのに最適なアイテムといえるだろう。1回に出る洗剤の量は普通の容器の半分以下であるため、食器用洗剤の使用量の節約も可能だ。

Umbla「ソープディスペンサー」

海外ブランド「Umbla」の商品で、かっこよくオシャレなデザインなのが特徴だ。ボトルにはくぼみがあり、スポンジを収納できるようになっている。カラーはレッド・ホワイト・ブラック・ミントの4種類から選ぶことが可能だ。

4. 食器用洗剤が自動で出てくるディスペンサーボトル

食器用洗剤の詰め替えボトルには、自動で洗剤が出てくるタイプもある。ここでは、自動で洗剤が出てくるボトルについて紹介する。

自動で洗剤が出てくるボトルは、洗剤の出方に種類がある。泡状と液状の2種類だ。

泡状タイプは、洗剤を泡立てる手間を省けるので、洗い物の時短を重視する方におすすめである。液状タイプは洗浄力に優れているため、しっかり洗いたいときにおすすめだ。

以下に、自動で食器用洗剤が出てくるボトルを2つ紹介する。

Umimile「ソープディスペンサー」

センサーによって適量の泡が自動で出てくるものだ。1回に出てくる泡の量はボタンを使って、0.6gか1gに設定できる。そのため、洗剤の無駄遣いをなくすことが可能だ。防水加工が施されていて電池式であるため、どこでも好きなところに置いて使える。

YUECHI「自動ソープディスペンサータッチレス」

液状の洗剤が自動で出てくるタイプだ。洗剤の量は目的に合わせて4段階で設定できる。食器用洗剤の詰め替えとしてだけでなく、浴室や洗面所など幅広い用途での使用が可能だ。

結論

食器用洗剤をボトルに詰め替えれば、多くのメリットが得られる。詰め替えボトルの種類は、片手でスポンジに洗剤をつけられるものから、自動で洗剤が出てくるものまでさまざまだ。キッチンの雰囲気だけでなく、機能性も重視してボトルを選ぶとよいだろう。食器用洗剤をボトルに詰め替えてキッチンをオシャレに、かつ洗い物の時短につなげてみてはいかがだろうか。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ