このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボウルの収納方法まとめ!すぐ真似できるアイデアをチェック

ボウルの収納方法まとめ!すぐ真似できるアイデアをチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月22日

ボウルはかさばりやすいため、スッキリと収納するのは難しい。使いやすく出し入れがしやすい収納にするために、コツをチェックしておこう。この記事ではボウルを上手に収納する方法とアイテムを紹介する。すぐに実践できるアイデアと併せて解説するので、ボウル収納で悩んでいる方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンのシンク下にボウル収納する際の悩み

ボウルの収納にはさまざまな問題点がある。2つの悩みをチェックしておけば、よりよい方法で収納することが可能だ。

かさばる

一般的なボウルはサイズが大きいため収納できる場所は限られる。サイズや形が違うボウルを購入して、用途で使い分けてる方も多いだろう。ザルと合わせると、よりかさばりやすくなり、収納に必要なスペースの確保がしにくいのが問題だ。

また、キッチンの収納は長方形の形をしているのが一般的だが、ボウルの形状は丸い。スッキリと収まらないのでデッドスペースが発生しやすく、キレイに収納するには工夫が必要だ。

取り出しにくい

省スペースのためにボウルを重ねて収納している方は多いだろう。しかし、重ねると調理のとき、ボウルを取り出すのに手間がかかる。

重ねたボウルを収納の外に出したあと、使うものだけ選んで元に戻すといった手順が必要だ。ボウルがガラス製などで重かったりいくつも重ねたりすれば、さらに面倒だろう。

2. シンク下にボウルを上手に収納する方法

ボウルはシンク周りで使用することが多いため、シンク下に収納するのがおすすめだ。重ねて収納する方法と、重ねないで収納する方法について、それぞれコツを紹介しよう。

重ねて収納

ボウルを重ねて収納すればコンパクトにまとまる。大きいものから順に重ねていくのが基本だ。ただし、重ねすぎると取り出しにくいので、使用しないものは捨てるなどして収納するボウルの数を減らしておこう。

形が違うボウルはキレイに重ならないため、ボウルの買い替えを検討してほしい。セットになっているボウルなら、形が揃っているのでスッキリと重ねられる。ザルとセットになっているタイプは、調理のときキレイに重なるので水切りがしやすく、一緒に収納できるのでおすすめだ。

重ねない収納

ボウルを立てて収納すれば調理に使うときにサッと取り出せる。必要なボウルがひと目で分かり、ゴチャゴチャと散らかる心配がない。深いタイプの引き出しの高さを利用でき、デッドスペースの活用にもなるだろう。

ただし、ボウルの数が多いと収納に必要なスペースも広くなるので注意しよう。丸いボウルは自立しないので、支えるためのアイテムが必要だ。

3. シンク下のボウル収納に役立つアイテム

ボウル収納に活用できるアイテムを紹介しよう。それぞれの特徴と使い方を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

ラックでスペースを確保

観音開きタイプの収納にはラックがおすすめだ。収納が不足しているように見えても、上部が空いているケースは多い。ラックで空間を上下に分けてデッドスペースを活用しよう。

収納力がアップすればボウルや調理器具の整理がしやすくなる。ボウルの使用頻度によって上段と下段に分けるなど、収納の選択肢が広がるだろう。

ボウルスタンド(ボウルラック)

ボウルを収納するための専用アイテムだ。複数のボウルでもスッキリと収納でき、出し入れもしやすい。引き出しや戸棚に入れて使用することが可能だ。

立てて収納するタイプが一般的だが、重ねて収納できるタイプもある。対応するボウルやザルのサイズ、収納できる数は商品によって違うので、確認してから選ぼう。

4. 真似したくなるボウル収納アイデア集

ボウルの収納方法を工夫すればキッチンの使いやすさがアップする。簡単に実践できる2つのアイデアについて解説しよう。

ファイルケースやカゴ

100均でも購入できるファイルケースやカゴを使った収納アイデアだ。ボウルを立てて収納でき、出し入れが簡単にできる。同じ商品で揃えて並べれば統一感が出るだろう。

ボウルのサイズを測ってスッキリと収まるファイルケースやカゴを選ぼう。シンク下は水気が溜まりやすいので、水に強い素材を選ぶのがポイントだ。斜めにカットされたタイプのファイルケースは出し入れがしやすく、取っ手がついたタイプのボウルも収納できる。

ブックスタンド

ブックスタンドを仕切りとして使用して、ボウルを立てて収納する。幅は自分で調整できるので、ボウルのサイズに合わせることが可能だ。自由に移動できるため、収納する場所が変わってもそのまま使用できる。

引き出しを開け閉めするときなどに動くのを防止したいなら、耐震マットを活用しよう。ブックスタンドの下に貼れば、倒れたり動いたりといった心配がなくなる。簡単に剥がせて跡が残らないのがメリットだ。

結論

ボウルを使いやすく収納するにはコツが必要だ。重ねる収納と立てる収納の特徴を理解して、ご家庭のキッチンに合った方法を選んでほしい。収納力をアップするラックやボウルスタンドなど、アイテムを活用すれば使いやすく収納できる。また、ファイルケースやブックスタンドを使ったアイデアを試してみるのもおすすめだ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ