このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スプーンケースのみ購入は可能?代用品や手作りする方法と一緒に紹介

スプーンケースのみ購入は可能?代用品や手作りする方法と一緒に紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月19日

スプーンを持ち運びたいときには、スプーンケースがおすすめだ。材質や形状はさまざまで、お箸やフォークと一緒に収納できるタイプもある。この記事では、スプーンケースのみの購入はできるのか、代用できるものはあるかといった気になるポイントについて解説しよう。手作りスプーンケースの作り方や、カトラリーケースを使った収納のコツなど、役立つ知識と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スプーンケースのみは購入可能なの?

お手持ちのスプーンを、ケースに入れて持ち運びたいと考える方は多いだろう。スプーンケースのみで購入が可能なのかについて、詳しく解説する。

スプーン付きが一般的

スプーンケースはスプーン付きのタイプが一般的だ。スプーンの長さや大きさには違いがあり、ケースとサイズが異なるとキレイに収まらない。

スプーンをセットで購入したスプーンケースに、ほかのスプーンを入れるのは難しいだろう。使いやすさを追求するなら、スプーンやフォーク、お箸と一緒になったセットを購入してほしい。

布製をチェック

スプーンケースのみを購入したいなら布製がおすすめだ。プラスチックと違って布製のスプーンケースは柔らかいため、さまざまな形やサイズのスプーンに対応できる。

布製ならスプーンケースだけでも販売しているため、お気に入りのスプーンも持ち運べるだろう。洗濯できるタイプが多く手入れも楽なので、ぜひチェックしてほしい。

2. スプーンケースとして代用できるもの

スプーンケースがないときや、ちょうどよいものが見つからない場合は、代用品を活用する方法がある。代用品におすすめのアイテムと選び方について紹介しよう。

ペンケースがおすすめ

プラスチック製のペンケースをスプーンケースとして使用する。細長いペンが入るサイズなので、少し長めのスプーンでも収納することが可能だ。

セットで購入しなくても、手持ちのスプーンやフォーク、お箸をスッキリと収納できる。ただし、通常の用途ではないため、最初に使用するまえに一度洗ったほうが清潔に使用できるだろう。

代用品の選び方

収納したいスプーンやフォーク、お箸がスッキリと入るペンケースを選ぶ。コンパクトなタイプを選べば、持ち運ぶときにかさばらない。中身が外にでることのないよう、しっかりと蓋が閉まるかも確認しておこう。

また、スプーンケースを清潔に使用するにはキレイに洗う必要がある。洗えるタイプの材質を選ぶのはもちろん、形状についてもチェックが必要だ。洗いやすいタイプを選ぶと手入れがしやすいだろう。

3. 手作りスプーンケースの作り方

布を使用すればスプーンケースは簡単に自作できる。オリジナルのアイテムになるので、好きな布を用意して手作りしてみよう。必要な材料は布(30cm×30cm)とヒモだけだ。

1.表にしたい側を内側にして三角形に折りたたむ
2.折った辺を下にしたら上の角の内側にヒモを挟んで仮止めする
3.返し口を5cmほど開けてほかの部分を縫い合わせる
4.返し口から布をひっくり返す
5.返し口を閉じたら長辺(縫っていない辺)を下にして左の鋭角を7cmほど折り返す
6.折った部分の下を縫い合わせる

スプーンケースを使うときは、スプーンの先を三角形に折って閉じた部分に入れよう。あとはもう一方の鋭角部分を折りたたみ、クルクルと巻いてヒモで縛ればキレイに包める。

使用したあとのスプーンケースは、折って閉じた部分の内側を表にして洗濯機で洗うだけで清潔に保つことが可能だ。大きめの布で作ったりヒモを布で作ってみたりと、自分なりにアレンジしてもよいだろう。

4. スプーンやフォークはカトラリーケースで上手に収納

スプーンをスッキリと収納したいなら、カトラリーケースを活用してほしい。スッキリ収納するコツを、種類別に詳しく解説しよう。

卓上タイプ

卓上タイプはレストランなどでよく見るカトラリーケースだ。デザイン性にこだわれば、食卓がおしゃれになるだろう。普段は収納しておき、使用するときにテーブルに置けばホコリや汚れがつくのを防げる。

いつも使用するカトラリーを厳選して収納すると、重くならず出し入れもしやすい。洋食用のフォークとスプーン、和食用のお箸など、分類しておけば料理のメニューによって使い分けができるだろう。

仕切り付きタイプ

仕切りがついたタイプのカトラリーケースは、引き出しに入れて使用する。引き出しにピッタリと合わせたいなら、伸縮式タイプがおすすめだ。種類ごとに定位置を決めて分類すれば、使いやすく整理できる。

縦型タイプ

縦型タイプではカトラリーを立てて収納できる。出し入れが簡単で、食卓に並べてもスペースを取らない。蓋付きタイプもあり、戸棚にいれて収納しなくてもホコリを防げる。

いろいろなカトラリーを混ぜると使いにくくなるので、スプーンやフォーク、箸などの種類ごとに分類しよう。高さがバラバラだと雑多な印象になるため、カトラリーの高さ別にケースを使い分けるのがおすすめだ。

結論

スプーンを持ち運びたいならスプーンケースが便利だ。スプーンとセットで購入できるので、使いやすいものを選んでみよう。お手持ちのスプーン用にスプーンケースを用意したいなら、布製を選ぶか手作りを検討してほしい。ペンケースなどの代用品から探すのも一つの手だ。また、自宅でスプーンやフォークを収納するときは、カトラリーケースを活用しよう。いろいろな種類があるので、違いや収納のコツを確認してから選んでほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ