このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
箸収納の方法まとめ!使いやすさがアップする簡単アイデアとは

箸収納の方法まとめ!使いやすさがアップする簡単アイデアとは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月18日

箸は使用する頻度が高いアイテムだ。出し入れする機会も多いので、使いやすく収納することが重要になるだろう。この記事では箸を上手に収納するコツを、引き出しに入れる方法と立てる方法に分けて紹介する。すぐ真似ができるアイデアと併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 箸の収納に困っていませんか?

箸を出し入れするときに、使いにくいと感じる瞬間はないだろうか。よくある2つの問題点について詳しく解説する。

出し入れがしにくい

箸とスプーン、フォークなどのカトラリーを、一緒に収納している方は多いはずだ。しかし、カトラリー類は小さく、混ざってしまうとゴチャゴチャとした見た目になる。

どこに何が収納されているのかわからなくなると、出し入れにも手間取るだろう。箸は2本セットで使用するが、バラバラになると探すのは面倒だ。箸が出し入れしにくいと感じたら、まず収納を見直してみよう。

ほこりや汚れ

箸を箸立てに入れて収納している方は多いだろう。引き出しや戸棚に入れずに見せる収納にもできるが、ほこりや汚れの付着が心配だ。

食事に使用する箸やカトラリー類が汚れると、すべて洗わなければいけなくなるだろう。収納をするときに、ホコリや汚れを防ぐための対策をしておきたい。

2. 引き出しの中に箸を上手に収納する方法

食器棚やシンクの引き出しに箸を収納する方法について紹介する。スッキリ収納するためのアイテムとポイントを、チェックしておこう。

仕切り付きカトラリーケース

仕切りがあるタイプのカトラリーケースを、引き出しに入れて収納する。箸やフォーク、スプーンを分類できるため、どこに何があるのかひと目でわかるのがメリットだ。

引き出しをカトラリー専用にすれば、アイテム数が多くても使いやすく整理できるだろう。伸縮したり仕切りが動かせたりする商品なら、引き出しや収納するカトラリーに合わせて調整できる。

仕切りがないカトラリーケース

仕切りのない卓上タイプのカトラリーケースを箸の収納に活用しよう。スプーンやフォークなど、アイテムごとにケースを分けるのがポイントだ。引き出しに収納しておき、使うときだけ食卓に置くといった使い方ができる。

組み合わせて引き出しにスッキリと並べられるように、サイズを調整しよう。一つのケースに箸を入れすぎると出し入れがしにくいので、普段使うものだけに厳選してほしい。カトラリーケース以外の収納ケースやトレイでも代用が可能だ。

3. 箸を立てる収納でおしゃれに見える

箸立てなどのアイテムを使って、箸を立てて収納する方法を解説しよう。オシャレな容器を使用すれば、オシャレな見せる収納になる。

箸立てを使用する

箸立てにはいろいろなタイプがあるので、使いやすいタイプを選ぼう。収納したい箸の本数やデザイン、安定性など、いろいろなポイントを比較してからチェックしてほしい。

戸棚に入れず見せる収納にするなら、ふた付きタイプを使用するとホコリ対策になる。フォークやスプーンなどのカトラリーと一緒に収納するなら、仕切りがついたタイプがおすすめだ。

オシャレな容器を活用

オシャレなデザインの空き瓶やコップに箸を立てる収納方法だ。取っ手があるマグカップを使えば、移動させるのも簡単だろう。高さと安定性のある容器を選ぶと、倒れる心配が少ない。

部屋のインテリアに合った容器を使うのがポイントだ。収納する箸と材質や色を合わせれば統一感がでる。複数の容器で分類したりラベルを貼ったりと、使いやすくなるように工夫してほしい。

4. ぜひ真似したい箸の収納アイデア集

手軽に実践できる箸の収納アイデアを3つ紹介する。簡単に真似できる方法なので、ぜひ参考にしてほしい。

ふた付きの収納ケース

100均でも購入できるふた付きの収納ケースを使ったアイデアだ。引き出しや戸棚に入れずに収納しても、ホコリや汚れが付着しない。分類して収納するときは、透明なケースを使ったり色を分けたりすれば、開けなくても中身がわかる。

卓上収納ケース

引き出しタイプの卓上収納ケースに箸を入れる。カトラリー類やキッチンで使用する小物を、引き出しごと分けて収納しよう。引き出しの数やサイズは商品によって違うので、手持ちの箸やフォーク、スプーンがキレイに収まる商品を選んでほしい。

ドリンクボトル

オシャレなドリンクボトルに箸を収納するアイデアだ。並べれば見せる収納になり、ふたをしめることでホコリの対策にもなる。軽く割れないタイプのドリンクボトルを選べば、お子さんにお手伝いも頼めるだろう。

結論

箸をスッキリと収納するためにはコツが必要だ。引き出しに入れる場合はカトラリーケースで分類し、立てるなら箸立てやオシャレな容器を活用しよう。また、ふた付きの収納ケースや卓上収納ケース、ドリンクボトルを使ったアイデアも手軽に実践できる。いろいろな方法を試してみて、使いやすい箸収納を実現してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ