このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メイク用スポンジの正しい洗い方とは?気をつけたい注意点を紹介!

メイク用スポンジの正しい洗い方とは?気をつけたい注意点を紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年10月25日

メイク用スポンジは毎日使う必需品である。そんなメイク用スポンジのお手入れはどのようにすればよいのだろうか。今回は、メイク用スポンジの正しい洗い方や注意点を紹介する。毎日のメイクがキレイかつ清潔にできるように正しい洗い方を実践してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メイク用スポンジの洗い方の前に

メイク用スポンジの洗い方を解説する前に、なぜ洗う必要があるのかを解説する。
スポンジが汚れていると衛生的に問題がある。汚れがついたままだったり洗い方が不十分だったりすると細菌が繁殖し、細菌を肌に塗りつけていることになる。細菌はニキビや肌荒れの原因になってしまう。せっかくメイクしているのに、ニキビや肌荒れを起こしてしまっては残念だ。
また、汚れたままのスポンジは、ファンデーションが均一にのびないので使い勝手もよくない。メイクの仕上がりにも影響してくるので、しっかりと手入れしてほしい。
後に解説するスポンジの洗い方を参考に自身でも洗ってみよう!

2. メイク用スポンジの正しい洗い方

では、メイク用のスポンジはどのように洗えばよいのだろうか。メイク用スポンジの洗い方を解説する。正しい洗い方を実践して、いつでも清潔なスポンジを使ってほしい。

【使うもの】
  • 中性洗剤
  • ぬるま湯
【洗い方】
  • 桶にぬるま湯200に対して中性洗剤1の割合を混ぜて準備する
    (汚れが酷い場合は、中性洗剤の濃度を濃くする。)
  • スポンジを桶に入れ指の腹で揉むようにして洗う
  • 桶のお湯が汚れてきたら新しいお湯に取り替える
  • 新しいお湯のなかで洗う
    (桶のお湯が汚れなくなるまで3〜4を繰り返す。)
  • お湯が汚れなくなったら、最後に流水で洗う

3. メイク用スポンジの洗い方の注意点

スポンジの洗い方で注意すべきポイントはあるのだろうか。メイク用スポンジの洗い方の注意点を紹介する。スポンジが傷まないように注意しながら手入れしてほしい。
ポイントは、スポンジを痛めないように強く洗ったり高温のお湯を使用しないことだ。また、クレンジングオイルは使わずに中性洗剤を使ってほしい。
正しい洗い方で洗っても乾燥が不十分だと、スポンジ内で細菌が繁殖してしまうことがある。洗った後はしっかりと乾燥させてから使用するように心がけてほしい。
注意すべきポイントを意識して、丁寧にスポンジを洗ってみよう!

4. 洗った後のメイク用スポンジの乾かし方

メイク用スポンジを正しい洗い方で洗った後、どのように乾燥させればよいのだろうか。洗った後のメイク用スポンジの乾かし方を解説する。洗い方と併せて覚えておこう。
  • 正しい洗い方をしたスポンジを包み込むようにして軽く絞る
  • タオルで水気を切る
  • 直射日光を避けて風通しの良い場所で乾かす

結論

メイク用スポンジが汚れていると肌トラブルの原因になってしまうことがある。また、メイクに影響してしまうこともあるので、常にキレイな状態を維持したいところだ。解説した正しい洗い方や注意点を参考に自身でも手入れしてみてほしい。毎日のメイクがよりキレイで楽しくなるだろう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ