このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
押入れを使ったかばんの収納方法とは?整理するコツと注意点まとめ

押入れを使ったかばんの収納方法とは?整理するコツと注意点まとめ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月21日

かばん(バッグ)の収納に迷ったときは押入れの活用を検討してほしい。広いスペースを使うことで、複数のかばんをスッキリと整理できるだろう。この記事では、押入れにかばんを収納する方法について解説するとともに、収納に役立つアイテムや注意点なども併せて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かばんの収納に関するよくある悩み

かばんの収納方法の前によくある悩みについて紹介する。押入れを使ってスッキリ整理するためにも、問題点をチェックしておこう。

かさばりやすい

シーンや季節、入れる物でかばんを使い分けている方は多いだろう。しかし、かばんの形やサイズはそれぞれ異なるため、かさばりやすくスッキリと収納するのは難しい。

適当に並べただけだとゴチャゴチャと散らかってしまい、見た目も悪くなる。バッグをスッキリと整理したいなら、押入れを使った収納方法を試してほしい。

形がくずれる

革などデリケートな素材のかばんは、型崩れしたりキズがついたりしやすい。乱雑に置くと型くずれしやすく、積み重ねるとキズがつくことも考えられる。

かばんを適切に管理するなら、サイズや使用頻度に合った収納方法とスペースが必要だ。大事なかばんを型崩れやキズから守るために、押入れを役立てよう。

2. かばんの収納場所は押入れがおすすめ

かばんの収納場所として押入れがおすすめな理由を説明しよう。押入れを活かす収納方法のポイントと併せて紹介する。

押入れがおすすめな理由

かばんをまとめて収納するには十分なスペースが必要だ。押入れはスペースが広く高さや奥行きがある。クローゼットよりも収納力があるのでかばんの数が増えても安心だろう。

ラックや突っ張り棒も設置できるので、いろいろな収納方法が試せる。かばんごとに適した収納ができ、傷んだり型崩れしたりといったリスクが少ない。

押入れに収納するときのポイント

かばんを別々の場所に収納すると管理がしにくい。広い押入れでバラバラになれば、目的のかばんが見つからなくなる。

押入れにかばん専用のスペースを作ると、出し入れや手入れも簡単になるだろう。よく使うものを取り出しやすい位置に置いたり、見えるように並べたりして収納方法を工夫してほしい。

3. 押入れでの上手なかばんの収納方法

押入れにかばんを収納するアイデアを紹介する。4つの収納方法を試せば、かさばるかばんがスッキリと整理できるだろう。

ラックに並べる

押入れにラックやカラーボックスを置いてかばんを収納する。キャスター付きのタイプを押入れの下段に置くと、そのまま外に出せるので便利だ。棚にブックエンドなどの仕切りを使えば、自立しないかばんも立てて収納できる。

ファイルスタンド

前の部分が開いたタイプのファイルスタンドでかばんを立てる収納方法だ。ファイルスタンドごとにかばんを置いて指定席にすれば、小さなかばんも収納しやすい。ただし、サイズや形によっては収まらないこともあるので、あらかじめ確認しておくと安心だ。

突っ張り棒とフック

押入れに突っ張り棒を設置するとクローゼットのように使える。S字のフックを引っ掛ければ、型崩れがしにくいかける収納の完成だ。突っ張り棒の設置が難しいなら、押入れ用のハンガーラックを使用する収納方法もある。

箱のまま収納する

購入したときにかばんが入っていた箱のまま収納すれば、キズや汚れがつきにくくなる。ラックなどの棚に並べて置けば、スペースを有効活用できて分類もしやすい。ただし、革のかばんは湿気に弱いので、箱から出して通気性のよい不織布に包もう。

4. 押入れでのかばんの収納に関する注意点

押入れにかばんを収納するときの注意点は2つだ。収納方法の基礎知識として、あらかじめチェックしておこう。

湿気を防ぐ

押入れは湿気が溜まりやすいため、かばんにカビが生える可能性がある。特に革のかばんはカビが生えやすいので、十分な対策が必要だ。

収納するまえにカビのエサになる汚れを落とす、隙間を空けて風通しをよくするなど、収納方法を工夫しよう。月に1回ほどふすまを開けて換気すればより効果的だ。

定期的に確認

かばんを押入れに収納したままだと、使わないアイテムが放置されたままになりやすい。数が増えると整理しにくくなるので、定期的に見直して処分することも重要だ。

1年に1回ほどすべてのかばんを押入れから出して必要かどうか考えよう。カビが生えていないかなど、状態と合わせてチェックしておくと安心だ。収納方法を定期的に見直せば、スッキリとしたかばん収納を維持できるだろう。

結論

押入れの広いスペースはかばん収納におすすめだ。ラックや突っ張り棒が設置でき、サイズや種類で分類しながら使いやすく収納できる。ただし、押入れは湿気が溜まりやすいので、汚れを落として隙間を空けるなどのカビ対策を十分に行おう。定期的にチェックして不要なかばんを処分すれば、収納スペースを圧迫することなくキレイな状態で収納できるだろう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ