このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
血の染み抜きは簡単にできるの?染み抜き方法やコツを紹介!

血の染み抜きは簡単にできるの?染み抜き方法やコツを紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年10月23日

鼻血やちょっとしたケガが原因で衣類に血液が付いてしまったことはないだろうか?血液のシミは目立ちやすく困る方も多いだろう。今回は、簡単な血の染み抜き方法やコツ、注意点を紹介する。時間が経過してしまった古い染みの落とし方も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。衣類をキレイにして、気持ちよく着れるようにしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 血の染み抜きは簡単にできるの?

ケガや鼻血などで衣類やシーツに血液が付いてしまったことはないだろうか。血の染み抜きが自宅で簡単にできるのかを紹介する。
血の染み抜きはクリーニングに出さなくても自宅で簡単にできる。ただし、普通に洗濯しただけではなかなか落ちないので、正しい洗い方を実践する必要がある。
後に染み抜きに関する具体的な方法やコツを紹介しよう。

2. 血の染み抜きをする前に

血の染み抜きをする前にすべきことがある。
血の付着した衣類を染み抜きする前に、洗濯表示マークを確認することが大切だ。水で洗えない衣類もあるので、まずは洗えるかどうかを確認しよう。
洗濯表示に記されている桶のマークにバツが付いていれば、水洗いができない。桶に数字や手のマークが入っていれば水洗いでき、血の染み抜きが可能だ。次に紹介する洗い方を実践してほしい。
洗えない衣類の場合はクリーニングに出してプロに頼み、自身で洗濯しないように注意してほしい。

3. 血の染み抜き方法やコツ

では、血の付いた衣類はどのように染み抜きすればよいのだろうか。水溶性である血液は、付着してすぐであれば水だけでも落とすことができる。時間が経つと、血液中に含まれるタンパク質が固まってしまい落ちにくくなる。よって、付着したら早急に染み抜きすることをおすすめする。

液体洗剤を使った染み抜き方法

  • 液体洗剤を塗布する
  • しばらく置く
  • 水またはぬるま湯(30度以下)でもみ洗いする
  • 通常の洗濯を行う

時間が経った古い染みには酸素系漂白剤を使う

  • 水またはぬるま湯でもみ洗いする
  • 酸素系漂白剤を塗布する
  • しばらく置いてから水またはぬるま湯(30度以下)ですすぐ

4. 血の染み抜きをするときの注意点

血の染み抜きをする時に気をつけるべきことはあるのだろうか。血の染み抜きをする時の注意点を紹介する。
まず気をつけてほしいのは、お湯を使わないということだ。血の付いた部分をお湯で洗うと、血液に含まれるタンパク質が固まって取れにくくなるのだ。血の付いた衣類はお湯ではなく水または30度以下のぬるま湯で洗ってほしい。
また、色物に塩素系漂白剤は使わないことも重要だ。塩素系漂白剤を使うと衣類の色まで落ちることがある。素材や漂白剤の分量によっては塩素焼けにもつながる。塩素焼けとは衣類に黄ばみができる現象で、せっかくの衣類が台無しになる。塩素系漂白剤ではなく酸素系漂白剤を使って染み抜きしてほしい。

結論

血の付いてしまった衣類は、自身で簡単に染み抜きできる。染み抜き方法を実践して衣類に付いてしまった血をキレイに落としてほしい。血が付いてすぐの場合は、液体洗剤と水で洗ってみよう。時間が経ってしまった場合は、酸素系漂白剤と水で洗うとキレイに落とせるので実践してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ