このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アルミ鍋の焦げを簡単に取る方法とは?予防法を紹介!

アルミ鍋の焦げを簡単に取る方法とは?予防法を紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年10月25日

アルミ鍋は、使っているうちに黒ずんだり焦げができてしまったりする。擦るだけでは上手く落とせない焦げを簡単に落とす方法はないのだろうか。今回は、アルミ鍋の焦げの取り方と焦げ予防の方法を紹介しよう。自宅にあるアルミ鍋もキレイにしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アルミ鍋の焦げ取りの基本はお酢

アルミ鍋を使うと、底が焦げてしまうことがある。ここでは、酢を使ったアルミ鍋の焦げ取りの方法について解説する。自身でもアルミ鍋の焦げをキレイに取り除いてほしい。
最後の工程で焦げをとる作業があるが、硬いヘラや金属のタワシで擦ると鍋底に傷がついてしまう。そうならない為にも、必ず柔らかいスポンジで焦げを擦り取るようにしてほしい。

準備するもの
  • 酢(大さじ2杯)
手順
  • アルミ鍋に焦げが隠れるくらいの水を入れる
  • 酢(大さじ2杯)を入れる
  • アルミ鍋を火にかけ沸騰させ、10分程煮詰める
  • スポンジで焦げを擦り取る

2. アルミ鍋のひどい焦げの取り方

アルミ鍋の焦げがひどく黒ずみとして残ってしまった場合、酢で黒ずみまで落とすことは難しい。ここでは、ひどく焦げてしまったアルミ鍋の頑固な黒ずみの落とし方を解説する。

準備するもの
  • クエン酸(小さじ2杯)
手順
  • アルミ鍋の焦げが隠れるくらいの水を入れる
  • クエン酸(小さじ2杯)を入れる
  • アルミ鍋を火にかけ沸騰させ、15分程煮詰める
  • スポンジで焦げを擦り取る

3. アルミ鍋の焦げを取るときの注意点

ここでは、アルミ鍋の焦げを取るときの注意点を解説する。知らないとアルミ鍋が変色してしまうトラブルの元にもなるので、ここで解説する注意点をしっかりと覚えてほしい。
アルミ鍋の焦げをキレイにするときに重曹を使うのは厳禁だ。さまざまなものをキレイにするときに使われる重曹だが、アルミ鍋に使うと化学反応を起こして黒ずんでしまう。
アルミ鍋の焦げを取る際は絶対に重曹の使用を避け、酢やクエン酸を使ってキレイにしてほしい。

4. アルミ鍋の焦げを予防する方法

アルミ鍋に焦げができてしまうと掃除の手間が増えてしまう。ここでは、アルミ鍋の焦げを予防する方法を紹介する。アルミ鍋の焦げを予防して掃除の手間を省いてほしい。

米の研ぎ汁で膜を作る

アルミ鍋を焦げ付かせないように米の研ぎ汁を活用してみるのはいかがだろうか。米の研ぎ汁をアルミ鍋に入れ10分〜15分程煮詰めると、アルミ鍋に膜ができるので焦げ付きにくくなる。すぐにでもできる予防法なのでぜひ実践してほしい。普段捨ててしまう米の研ぎ汁を活用してみてはいかがだろうか。

空焚きをしない

アルミ鍋を乾かす際に空焚きしてしまう方もいるだろう。実は、空焚きをすると焦げを悪化させてしまう。アルミ鍋を乾燥させる際は、天日干しをして乾燥させてほしい。

結論

自宅に焦げ付いてしまったアルミ鍋がある方は、酢やクエン酸を使ってキレイにしてみよう。重曹はアルミ鍋に使うと化学反応を起こし、黒ずんでしまうので使用を避けてほしい。また、アルミ鍋に焦げができないように米の研ぎ汁を活用したり、空焚きしたりしないように注意しよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ