このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タンス収納のコツを紹介!洋服をスッキリと整理するアイデアとは

タンス収納のコツを紹介!洋服をスッキリと整理するアイデアとは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年10月27日

洋服を収納するタンス(チェスト)は整理整頓が重要だ。しかし、キレイにたたんで収納しても、使っているうちにグチャグチャと混ざることはよくある。この記事ではタンス収納のコツとアイデアを解説しよう。タンスの上を収納として活用する方法と併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タンスの中を上手に収納するコツ

まずはスッキリと収納するために3つのコツをチェックしておこう。実践すればゴチャゴチャとしたタンスの中が使いやすいものに変わる。

洋服を分類する

初めに、タンスの中に収納している洋服を分類しよう。ズボンやTシャツなど衣類の種類でまとめて収納すれば、どこに何があるのかわかりやすくなる。ただし、シワがつきやすい洋服は、ハンガーにかけて収納したほうがよい。

その後は着用する頻度で分類して別々の場所に収納する。よく着用する洋服を開けやすい引き出しや、引き出しの手前側に収納すれば、必要なときにサッと取り出せるだろう。

不要な洋服は処分する

タンスに洋服を詰め込むと出し入れがしにくい。あまり着用していない洋服は、思い切って処分しよう。冠婚葬祭用など着用する頻度が少なくても必要な洋服は、別の場所に移すのも一つの手だ。

2年以上着用していない洋服は捨てるというように、基準を決めておけば作業がスムーズになる。衣替えのときなど定期的に見直す機会を設けるのもよいだろう。収納する量を70パーセントくらいにキープするのがポイントだ。

たたみ方を統一

引き出しの幅や高さに合わせてたたみ方を調整するとキレイに収まる。下着や靴下などの小さな衣類は、クルクルとコンパクトに丸める方法もおすすめだ。

2. タンスの中身をすっきりさせる収納術

スッキリと収納すれば、どこに何の洋服を収納したのかがひと目でわかる。簡単な収納術を紹介するので、タンス収納に役立ててほしい。

立てて収納する

タンスの引き出しに洋服を重ねて収納すると、出し入れがしにくくなる。下の洋服を取るには上にある洋服を取り出す必要があり、無理やり引っ張り出すとゴチャゴチャになってしまう。

立てて収納すれば着用したい洋服がサッと取り出せる。洋服のデザインがひと目でわかるので、選ぶときも目的の洋服がすぐに探せるだろう。ただし、立てる収納は倒れやすいのでアイテムを活用してほしい。

仕切りをつける

タンスの引き出しに仕切りを設置すれば、わかりやすく分類できる。洋服が混ざったり立てた洋服が倒れたりするリスクも減らせるだろう。100均でも購入できる仕切り板や、仕切り用のケースを活用してほしい。

引き出しの高さを測って、キレイに収まる仕切りを用意するのがポイントだ。下着や靴下などの小さなアイテムは、一つの仕切りに一つずつ収納すると、混ざったりバラバラになったりしなくなる。

3. タンス内の収納アイデア事例集

ブックスタンド

ブックスタンドでタンスの引き出しを仕切るアイデアだ。ブックスタンドで洋服を挟めば、立てて収納した洋服が動く心配がない。

仕切り板やケースと違って幅を自由に調節できるのがメリットだ。衣替えで違う洋服を収納したあとでも、幅を変えることで同じように活用できるだろう。ただし、引き出しの高さによっては、ブックスタンドが入らないことがあるので注意してほしい。

ケースに放り込む

下着や靴下などの小さなアイテムを、いちいちたたんで収納するのは面倒だろう。放り込むだけの方法なら、洗濯物の収納にかかる時間や手間を減らせる。

収納ケースやカゴを引き出しに入れて、放り込むためのスペースにしよう。ちょっとした家事の手間を減らしたい方はぜひ試してほしい。

ケースを重ねる

2段重ねてもスッキリと入るサイズのケースを揃える。あまり着用しない洋服は下段に、よく着用する洋服は上段に収納しよう。シーズンによって上下を入れ替えるといった使い方もおすすめだ。

4. タンスの上も収納に大活躍

タンスの上は収納スペースとして活躍する。有効活用する2つの方法を紹介するので、ぜひご家庭で試してほしい。

バッグ収納

引き出しには収納できないバッグの収納場所にする。複数のバッグを収納する場合は、ゴチャゴチャと散らかりやすくなるので工夫が必要だ。

前が開いているタイプのファイルボックスを縦に置いたら、そこにバッグを立てて収納する。ただし、バッグのサイズによってはスッキリと収まらない可能性があるので、先に確認しておこう。

バスケット

タンスの上にバスケットを並べて置くアイデアだ。タンスに入り切らない衣服や、収納できない小物など、さまざまなアイテムが入る。

タンスとカラーを揃えれば統一感が出るだろう。タンスの横幅、奥行きとぴったりのサイズのバスケットを置くことで一体感を出したり、小さなバスケットを並べて分類したりと、いろいろな収納ができる。

結論

タンスに洋服を収納するときのコツは、分類と処分、たたみ方だ。洋服を立てて収納すれば出し入れしやすくなり、仕切りを使えば整理がしやすくなる。また、ブックスタンドや収納ケースを使ったアイデアもあるので、ぜひチェックしてほしい。タンスの上のスペースもファイルボックスやバスケットを活用すれば、使いやすい収納になるので実践してみよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ