このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セーターは洗濯機で洗える?失敗しないコツや注意点を徹底紹介

セーターは洗濯機で洗える?失敗しないコツや注意点を徹底紹介

投稿者:ライター 吉田ひとみ (よしだひとみ)

2020年10月26日

寒い季節になると活躍する機会が増えるセーターだが、洗濯機で洗うのは難しいと思っていないだろうか?条件を守れば、洗濯機でセーターを洗うのは難しくない。セーターを洗濯機で洗う手順や注意点を紹介するので、ぜひ挑戦してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セーターは洗濯機で洗える?

基本的にセーターは洗濯機で洗えるが、確認すべきことが2点ある。洗いたいセーターが水洗いに対応していること、そして洗濯機に「手洗いコース」のような優しく洗えるコースがあることだ。

セーターを洗濯機の標準コースで洗うと型崩れや毛羽立ちが起こりやすくなる。風合いよく仕上げるためにも、必ず優しく洗えるコースで洗濯しよう。

2. セーターを洗濯機に入れる前の準備

セーターを洗濯機に入れる前に準備しておきたいことがある。失敗せずにキレイに仕上げるためにも必ず行おう。

洗濯表示を確認する

セーターを洗濯機に入れる前に必ず洗濯表示を確認しよう。洗濯表示の洗濯おけのマークにバツ印が付いていなければ水洗いできる。洗濯おけの中の数字は水温、下の棒線は水流の強さ、洗濯おけに手を入れているマークは手洗いを表している。

とくに手洗いマークが付いている場合や、弱い水流で洗う必要がある場合は、洗濯機の機能を確認したうえで適したコースを選択する必要がある。

洗剤とネットを用意する

セーターを洗濯するときは、オシャレ着用の中性洗剤を用意しよう。普段使っているような一般的な洗剤でセーターを洗うと、ごわごわになったり縮んだりする恐れがある。よりふんわりと柔らかく仕上げたいなら、柔軟剤を併用するのがおすすめだ。

セーターをそのまま洗濯機で洗うと型崩れの原因になるため、必ず洗濯ネットも用意しよう。

汚れを確認して前処理する

セーターが部分的に汚れている場合は、洗濯機で洗う前に前処理する必要がある。襟や袖口などに汚れがないか確認しよう。汚れている箇所にオシャレ着用洗剤を原液のまま直接付け、なじませておく。

3. セーターを洗濯機で洗う手順とコツ

セーターを洗う準備ができたら、手順を守って洗濯機で洗おう。

1.セーターを洗濯ネットに入れる

セーターは必ず裏返してからたたみ、洗濯ネットに入れる。洗濯機の中でセーターがほかの衣類と絡まったり、洗濯機にぶつかったりするのを防ぐためだ。ボタンがある場合は留めてから裏返しにして、同じように洗濯ネットに入れよう。

2.セーターに適した洗濯機のコースを選択する

洗濯機のコースの中なら、オシャレ着、手洗い、ドライコースなどの弱水流で優しく洗えるコースを選択する。適量のオシャレ着用洗剤を入れたら起動しよう。柔らかく仕上げたいなら柔軟剤を併用する。

セーターの繊維を傷める恐れがあるため、洗濯表示に記載されている水温以上のお湯は使用しない。お風呂の残り湯は使わずに、水道水で洗濯するのがおすすめだ。

3.脱水は短時間で引き上げる

セーターが縮んだり、毛玉ができたりするのを防ぐために、脱水は1分程度で引き上げよう。

4.洗濯が終わったらすぐに取り出して干す

せっかく洗ったセーターがシワにならないように、洗濯が終わったらすぐに洗濯機から取り出して陰干しする。平らな場所や平干しネットを利用して、できるだけ水平になるように干そう。

4. セーターを洗濯機以外で洗う方法

セーターの洗濯表示に手洗いのマーク付いているのに、洗濯機にドライコースなどの優しく洗えるコースがない場合は、洗濯機は使わずに手洗いしよう。

洗濯表示の洗濯おけにバツ印が付いている場合は水洗いができないため、家庭で洗濯するのは難しい。クリーニング店に持っていこう。

またとくに気に入っているセーターや、絶対に傷ませたくない大切なセーターも、無理に洗濯機で洗わずにクリーニング店を利用することをおすすめする。

結論

手順や注意点を守れば、セーターは洗濯機で洗える場合が多い。洗濯表示や洗濯機の機能を確認して洗ってみよう。洗濯するときは必ず裏返してたたんでから洗濯ネットに入れ、オシャレ着用洗剤を使用する。優しい水流のコースで洗い、洗濯が完了したらすぐに取り出して平干ししよう。水洗いができないセーターやお気に入りのセーターはクリーニング店に持っていくのがおすすめだ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ