このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玄関にほうきを置くと掃除がスムーズに!玄関に合うほうきの選び方

玄関にほうきを置くと掃除がスムーズに!玄関に合うほうきの選び方

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年10月31日

ほうきは昔ながらの掃除道具というイメージが強いかもしれない。現代の家庭では掃除機やフローリングワイパーが使われるシーンも多く、室内の掃除にほうきを使う機会は少ないだろう。しかし実は、玄関掃除にはほうきが非常にマッチする。玄関の掃除にほうきを使うメリットや、玄関に最適なほうきの種類と選び方、オシャレでおすすめのほうきを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玄関の掃除にほうきを使うメリットは?

まずは、玄関の掃除にほうきがぴったりな理由を見ていこう。

気になったときにすぐ取り出せて便利

掃除機を使う場合、取り出したりコードをコンセントに差し込んだりするのが手間に感じ、「面倒だから後回しにしよう」と思ってしまうこともあるだろう。その点、玄関にほうきを置いておくと、サッと取り出せてすぐ掃除できる。玄関のゴミや砂が気になったときにスムーズに掃除できるのが強みだ。

騒音の心配がない

「夜に掃除機を使うと騒音で近所迷惑になるかもしれない」と、掃除をためらった経験はないだろうか。たとえ夜中に玄関の汚れに気がついても、ほうきなら音を出さずに掃除できる。小さい子どもが昼寝をしているときにも使用できるだろう。

排気が出ないためゴミが舞いにくい

掃除機から出る排気は、小さなホコリや砂などのゴミを宙に舞い散らせてしまう。一方、ほうきでは比較的ゴミが舞いにくいため、細かいゴミもしっかりキャッチできる。

ほかにもほうきには、棚の上なども掃除できる、電力を必要としないなどのメリットもある。反対にデメリットとして、毛足の長い玄関マットの掃除には不向きなこと、ゴミをちりとりにまとめて捨てる手間がかかることが挙げられる。しかし玄関掃除においては、ほうきを使うデメリットよりもメリットのほうがはるかに大きいといえるだろう。

2. 玄関用に最適なほうきの種類と選び方

ほうきにはさまざまな種類がある。玄関で使いやすいほうきの形状や材質を押さえ、ぴったりの1本を手に入れよう。

おすすめは1本1本の繊維が細かいほうき

玄関には小さな砂ボコリがたまりやすい。細かなゴミを逃さず集めるためには、1本1本の繊維が細かいほうきを選ぶといい。黒シダを使ったほうきは繊維が細かく、やわらかいうえコシがあっておすすめだ。

毛足の長さも重要なポイント

玄関のドアフレームに隙間がある場合など、狭い部分を掃除する場合は毛足の長いほうきを選びたい。毛足が短いT字型のほうきだと、隙間のゴミをかき出しにくいため注意しよう。

柄の長さは玄関の広さによって決める

玄関が広い場合、柄が長いほうきを選ぼう。立ったまま掃き掃除できるため、広い範囲を掃除しても体に負担がかかりにくい。狭い玄関であれば、ちりとりにゴミを集めやすいよう柄の短いほうきを選ぶのがいいだろう。

ちりとりがセットになっていると便利

ほうきで掃除する際に必須なのがちりとりだ。ちりとりがセットになったほうきなら、使わないときも靴箱の隙間などに一緒に収納できる。別途ちりとりを用意する手間も省け、使いやすいだろう。

収納方法も考えておきたい

気づいたときにサッと掃除できるよう、ほうきは手に取りやすい場所に収納したい。ほうきを見えない場所に収納したい場合は、靴箱の隙間などに収まるコンパクトなものを選ぼう。オシャレなほうきを選んであえて置きっぱなしにしたり、フックにかけたりする「見せる収納」もアリだ。

3. 玄関に置きたいオシャレなほうき3選

ここからは玄関に置きっぱなしでも様になる、オシャレなほうきを3つ紹介する。

カインズ「立つほうき」

「iFデザインアワード」などの有名な賞も受賞した、立てて収納できるほうきだ。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、柄の長さを2段階に調節できるのもうれしい。

ダルトン「スマイリーセット ロングハンドル」

レトロな色合いで、玄関にあえて出しておきたくなるオシャレなデザインが特徴。柄が長いため立ったまま使いやすい。玄関以外では庭やガレージの掃除にも向いている。

ティディ「Sweep」

持ち手がカーブしているため、ゴミを捨てるときに握りやすい形状のほうき。玄関に置いてもスッキリと見えやすい。レモン、ブラウン、ホワイトグレーなどカラーも複数から選べる。

結論

玄関用のほうきは、繊維の細かさや毛足の長さに注目して選ぶのがポイントだ。柄の長さや収納の仕方もほうきによって異なるため、掃除する場所や玄関の広さに応じて選んでみよう。紹介したオシャレなほうきも参考に、自分にぴったりの1本を購入してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ