このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
粉末クレンザーとクリームの違いとは?上手な使い方や注意点を解説!

粉末クレンザーとクリームの違いとは?上手な使い方や注意点を解説!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年10月30日

粉末クレンザーを使って対象物を磨くと驚くほどキレイにできる。そんな粉末クレンザーはどのように使えばよいのだろうか。今回は、粉末クレンザーとクリームの違いや上手な使い方、注意点を解説する。粉末クレンザーを使ってキレイに掃除してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 粉末クレンザーの成分は?

頑固な汚れを落とすために、粉クレンザーを使ったことがある方もいるだろう。粉クレンザーは一見、何の変哲もない粉なのに、どうして汚れをキレイに落とせるのだろうか。まずは、粉クレンザーの成分を紹介しよう。

粉末クレンザーの主な成分は、研磨剤と界面活性剤の2種類である。研磨剤はものを削ることができ、界面活性剤は汚れを浮かせることができる。この2種類の成分が汚れを浮かせて削ぎ落としてくれるので、磨いた箇所がキレイになるのだ。

例えば、カネヨ石鹸の商品には火山灰から取れる白土が含まれている。白土とは、古い地層から取れた硬い粒子で、ガラス質凝灰岩というものである。この素材を砕き、大小さまざまな大きさの粒子を入れることで効率的に汚れを落とすことができるのだ。

2. 粉末クレンザーとクリームとの違い

店頭でクレンザーを購入する際、粉末クレンザーとクリームクレンザーのどちらを購入したほうがよいのか迷う方もいるだろう。そこで、粉末クレンザーとクリームとの違いを解説する。それぞれの違いを知って使い分けてほしい。

粉末クレンザーの特徴

粉末クレンザーのほうがクリームに比べて粒子が粗く、含まれている研磨剤の量も多い。具体的には研磨剤が90%程度含まれており、頑固な汚れを落としやすい特徴がある。注意点は、粒子が荒いので使う場所を間違えてしまうとものを傷つけてしまう恐れがあることだ。事前に素材を確かめ、傷ついてもよい場所に使用することをおすすめする。

クリームクレンザーの特徴

クリームは粉末に比べ粒子が細かく、含まれている研磨剤の量は50%程度である。対象物に傷がつきにくいが、粉末よりも研磨力が劣ってしまう。ただし、クリームクレンザーの研磨剤には二酸化ケイ素というガラスの原料が含まれているので、油のヌメリに効果的である。クリームはお風呂やキッチンなど幅広く使えるが、ひどい汚れを落とすのには不向きといえるだろう。

3. 粉末クレンザーの上手な使い方

ここでは粉末クレンザーを使える場所や、正しい使い方を紹介する。ぜひ普段の掃除に生かしてほしい。

使える場所とは?

粉末クレンザーはフライパンの外側やコンロの五徳、流し台や浴槽(ホーローやタイルのもの)に使うことができる。フライパンの外側やコンロの五徳は、頑固な汚れがつきやすく落ちにくい。流し台や浴槽は使用頻度も高いため、すぐに汚れる。これらの汚れに粉末クレンザーを使うと、高い研磨力で効率的に汚れを落とすことができる。ただし、対象物が傷ついてしまうことがあるので、目立たない端などで試してから使ってほしい。

使い方

  • 洗いたいものをお湯につけて汚れを浮かす
  • 洗いたいものをお湯から取り出す
  • 粉末クレンザーを満遍なく振りかける
  • たわしやブラシで擦る
  • 水で洗う

4. 粉末クレンザーを使うときの注意点

ここでは粉末クレンザーを使用する際の注意点を解説する。注意点をしっかりと守りながら使おう!

粉末クレンザーは、木製品やガラス製品には使わないように注意してほしい。これは、素材が柔らかくて傷がつきやすいためである。また、大理石や貴金属への使用も適さないので避けてほしい。表面が研磨されて本来のツヤなどの特性を失ってしまう可能性があるので、十分注意したい。

また、手が荒れやすい方が長時間粉クレンザーを使う場合は、ゴム手袋をして作業してほしい。すすぐ際はスポンジを使い手荒れしないように注意しよう。

結論

粉末クレンザーは、フライパンの外側やコンロの五徳などの傷いても構わないものに適している。使用時は、あらかじめお湯で汚れを浮かせてから粉末クレンザーを使うのが効果的だ。木製品やガラス製品、大理石や貴金属への使用は避けるよう注意してほしい。フライパンの外側やコンロの五徳をキレイに掃除してみよう!
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ