このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
漫画の収納どうしてる?大量の漫画をスッキリ見せるアイデアを伝授!

漫画の収納どうしてる?大量の漫画をスッキリ見せるアイデアを伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年2月 9日

漫画の収納にお困りではないだろうか?数冊ならまだしも40冊、50冊となるとさすがに収納スペースに苦労する。本稿では漫画の基本的な収納方法とあわせて、大量の漫画をスッキリ収納するアイデアもお伝えする。おすすめの本棚も紹介しているので、あわせてチェックしてみてほしい。

  

1. 漫画の収納方法はどうしてる?

まずは原点から考えてみよう。漫画の収納方法としては大きく2パターンある。

「見せる収納」と「隠す収納」がある

見せる収納は、本棚を購入したり手作りしたりして漫画を並べるという、ごく基本的なパターンだ。背表紙が見えるのでタイトルも巻数もひと目で分かるし、読みたいと思ったときにサッと読めるのも魅力だろう。ただしその反面、雑多に見えてしまうことがある。室内空間を圧迫するため大量に漫画をお持ちの方には難しいかもしれない。

一方、ウォークインクローゼットなどに本棚を設置して隠すという収納もある。室内空間を圧迫しないためスッキリ見えるし、日焼けなどから守ることもできる。ただし読みたいと思ったら取りに行かなければならない点、ほかのアイテムを収納するスペースが圧迫される点などはデメリットになってくる。

出し入れしやすいのは断然「見せる収納」

漫画を出し入れしやすいのは見せる収納だ。手が届きやすい場所に本棚を置いておけばいつでも好きなときにお気に入りの漫画が読める。周りにフィギュアや関連アイテムなどを飾っておくのもオシャレだ。

仕分けして収納するのもおすすめ

よく読む漫画は見せる収納、たまにしか読まない漫画はクローゼットの中といったように、漫画を仕分けして収納場所を分けるのもよいだろう。

2. スッキリ見せる漫画の収納アイデア

見せる収納を選択した場合、問題は雑多に見えてしまうことがある点だろう。ちょっとした工夫でスッキリ見せられる場合があるので、いくつかアイデアを紹介する。

デスクやベッドの下などデッドスペースを活用する

室内を見渡してみよう。デスクやベッドの下などに余っているスペースはないだろうか?あるならぜひそのデッドスペースを活用しよう。生活するスペースは圧迫されないため、スッキリ見えるはずだ。

ブックカバーに統一性を持たせる

漫画の表紙や背表紙がカラフルだと、雑多感が出てしまう。市販の白や黒などのシンプルなブックカバーで覆い、統一性を持たせると見た目がかなりスッキリする。背表紙が見えないためタイトルや巻数が分かりにくくなってしまうが、それは小さく書いておくなど工夫すればよい。白い本棚に並べる漫画なら白のブックカバーといったように、本棚とテイストを合わせるのもおすすめだ。

収納付きのソファやオットマンを買う

「見せる収納」ではなくなってしまうが、収納が付いているソファやソファベッド、あるいはオットマンなどを思い切って購入してしまうのも手だ。クローゼットなどに収納してしまうよりは出し入れがしやすいだろう。

3. 大量にある漫画を整理して収納する方法

続いて、漫画を大量にお持ちの方のための収納アイデアを紹介する。

片側スライド式の本棚に収納する

大量の漫画を収納するには、当然ながら収納力のある棚が必要である。片側スライド式で手前と奥に漫画が収納できる本棚はいかがだろうか?奥にある漫画もスライドさせるだけで手軽に取り出せる。

レール付きの本棚に収納する

レール付き本棚も、大量の漫画を収納できるうえ出し入れもしやすいという優れものだ。手前・真ん中・奥と3列あるレール付きの本棚なら、非可動式の約3倍といった大量の漫画を収納できる。それぞれ手前の棚のレールを少し動かすだけで奥の漫画のタイトルが見えるので、出し入れに苦労することもほとんどないだろう。

隙間を利用した収納方法もある

大量の漫画はなにも「一箇所」に収納しなければならないというわけではない。デスクやベッドの下、クローゼットや押入れの隙間などに収納スペースが余っていないだろうか?10巻ずつまとめたり、タイトルごとに分けたりして収納すればデッドスペースをかなり有効活用できるはずだ。その際、たとえばベッドの下の隙間を利用するなら奥行きがありキャスターの付いたボックスを使ってみよう。大量の漫画はかなりの重さがあるが、キャスター付きなら出し入れしやすくなる。

4. 大量にある漫画のそのほかの収納アイデア

大量の漫画を収納するアイデアはまだまだある。いくつか例を紹介するのでアレンジを加えるなどして役立ててほしい。

カラーボックスを活用する

余っているカラーボックスがあれば漫画の収納に使ってみよう。一般的なカラーボックスは奥行きがあるため、漫画を並べると上部や奥(奥に寄せた場合は手前)のスペースに余りが出るはずだ。そこで漫画を前後2列に並べてみよう。ただし単に2列に並べただけでは奥の漫画が分からなくなってしまう。これを解消するため、ティッシュの空き箱を使うなどして高さを変えるとよい。

箱に入れてクローゼットに収納する

それほど頻繁には読まない漫画であれば、いっそ箱に入れてクローゼットや押入れに収納してしまおう。大量の漫画でも出し入れしやすいようキャスター付きの箱がよい。

コミックスタンドを使うのもおすすめ

大量の漫画を収納するには、少しでも効率のよい収納方法を考える必要がある。棚やカラーボックスに漫画を並べたとき、1列だけだとスペースの無駄使いになってしまうことが多い。同じスペースにより多くの漫画を収納したいときはコミックスタンドが便利だ。コミックスタンドにもいろいろあるが、ファイルボックスのような形状で中が2段になっているものがよいだろう。100均で買えるので大量の漫画を収納するにもコストを抑えられる。

5. 大量の漫画を収納するときの注意点

大量の漫画を収納する際、保管方法によっては大切な漫画がダメージを受けてしまうおそれがある。注意点をまとめたので、ぜひ覚えておいてほしい。

漫画は立てる?それとも寝かせる?

棚などに漫画を収納する際は立てるのが基本だ。出し入れしやすいし、大量に積み重ねたときに下の漫画にかかる負担を回避できる。とはいえ、もちろん「立てて2段・3段に重ねる」などはNGだ。一方、箱に入れて収納する際は寝かせよう。立てると箱を重ねたときなどに重みで本が変形してしまうおそれがある。

湿気対策も万全に

大量の漫画を保管するときにはとくに湿気対策も重要になる。カビは湿気やホコリが溜まりやすい場所はカビの生育・繁殖に適した環境であるためだ。箱に入れる際は密閉性の高いものを選び、乾燥剤なども一緒に入れておくとよいだろう。クローゼットや押入れの奥の方へ収納する際も同様だ。また本棚に入れるときもギュウギュウに詰め込むのではなく、若干のゆとりを持たせることで通気性を確保しよう。

6. 大量の漫画の収納におすすめの本棚3選

大量の漫画を収納するには容量がもっとも重要だが、出し入れのしやすさや省スペース性も考える必要がある。最後におすすめの本棚を紹介しよう。

アイリスオーヤマ「回転コミックラック CR-1500 ナチュラル」

大量の漫画を収納するのに便利な回転式の本棚だ。狭いスペースに置いても圧迫感がなく、それでいて約280冊もの漫画を収納できる。座ったまま回転させ、目的の漫画を探すことも可能だ。

山善「CMCR-9060」

カラーボックスに比べスリムで漫画にジャストフィットする本棚だ。省スペース性を重視する方にピッタリだろう。1段約40冊収納でき、価格も手頃で買い足しやすいのがメリットだ。

ディノス「1cmピッチ スライド式すき間収納ワゴン 8段2列セット」

図書館の書庫のような本棚である。幅38cmと狭い分、隙間に設置できる。1列当たり約160冊、2列で約320冊もの漫画を収納できる。キャスター付きで出し入れが簡単なのもうれしい。

結論

面白い漫画はあっという間に大量となり収納場所に困るようになってしまう。だが幸い、大きさや厚みが同じまたは近いものが多いため、アイデア次第でうまく収納できることも多い。本稿で紹介した収納方法やアイデアはごく一例だが、大量の漫画の収納にお困りの方にとって少しでもヒントになれば幸いだ。
  • 公開日:

    2020年11月 7日

  • 更新日:

    2021年2月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ