このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
漫画の収納方法は?大量の漫画の収納アイデアとおすすめ本棚3選

漫画の収納方法は?大量の漫画の収納アイデアとおすすめ本棚3選

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2020年11月 7日

はまってしまった漫画。30巻、50巻は当たり前の長編漫画もたくさんある。気が付けば、大量に積み上げられた漫画の山。せっかく集めたのだから捨てるのは嫌だし、後から読み直したい漫画だってきっとある。そのようなお悩みを解決するため、大量の漫画をすっきり収納するアイデアを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大量の漫画を整理して収納する方法

好きな漫画に出会ってしまうと、早く先が読みたくて次から次へと購入してしまったという経験を持つ方も多いのではないだろうか。しかし、家の収納スペースには限りがあるため、どうしても散乱してしまう。同居している家族からは「何とかして!」とクレームがつくこともあるかもしれない。しかし、大量の漫画を整理して収納する方法を身に付ければ、そのような悩みも解消できる。

漫画を前後に収納できる棚

大量の漫画を収納するためには、収納力のある棚が必要だ。前後に収納できる棚は、片側がスライド式になっているため、奥にある漫画も取り出しやすくなっている。

棚の全体的な大きさは同じでも、奥にもうひとつ棚があるという感覚で使えるので、大量でも十分な収納力を持つ。

レールの付いた本棚

漫画や文庫本用に作られているレール付き本棚は、大量の漫画でも目当ての漫画が取り出せる優れものだ。手前、真ん中、奥と3段階になっているレール式本棚もある。これだと通常の本棚の3倍もの量の漫画を収納することができる。それぞれ、前の棚のレールを少し動かすだけで、後ろの漫画のタイトルが見えてすぐに取り出しやすくなっている。

隙間を利用した収納方法

大量の漫画を収納するスペースがないと諦める前に、隙間がないか家中を見回してみよう。ベッドの下、クローゼットや押し入れの隙間など、まだまだ収納スペースが余っているはずだ。

たとえば、ベッド下の隙間を利用するなら、奥行きがあってキャスターの付いたボックスを利用しよう。大量の漫画はかなりの重さがある。キャスターが付いていることで、取り出しやすくなる。

2. 大量の漫画をすっきり収納するアイデア事例

大量の漫画を収納するときに、他の人はどのような工夫をしているのだろう。そのアイデアを自分のものとして活用してみよう。

シンプルなカラーボックスがちょっとした工夫で見やすい本棚に

家に使わずに余っているカラーボックスなどがあれば、漫画収納に使ってみよう。しかし、一般的なカラーボックスは奥行きがあって、漫画を並べると、上部と奥行きのスペースが余ってしまう。

そこで、漫画を前後2列に並べる。単に2列に並べただけでは、後ろにどんな漫画が収納されているのかわかりにくい。そこで、箱ティッシュを利用しよう。後ろに並べてある漫画の下に箱ティッシュを置けば、段差ができて後ろの漫画のタイトルも見やすく、取り出しやすくなる。

箱にしまって押し入れ収納

それほど頻繁には読まないけれど、ときどき思い出したように読みたくなる漫画は、箱にしまって押し入れやクローゼットに上手に収納するようにしよう。押し入れやクローゼットの奥行きに合わせた収納ボックスでキャスター付きのものなら、大量の漫画を入れても引き出しやすい。

コミックスタンドを駆使する

大量の漫画を収納するためには、少しでも効率のよい収納方法を考える必要がある。棚やカラーボックスに漫画を並べたとき、一列だけだとスペースの無駄使いだ。同じスペースにもっとたくさんの漫画を置きたい場合は、コミックスタンドを駆使しよう。

可動式の本棚ではなくても、コミックスタンドを使えば簡単に2段に収納することができる。100均で購入できるので、大量の漫画を収納するのにも出費を抑えることができる。

3. 大量の漫画を収納するときの注意点

大量の漫画を収納するとき、保管方法をきちんとしておかないと大切な漫画へのダメージが大きくなってしまう。

保管するときの漫画の入れ方

基本的には、漫画を収納するときには立てて保管しよう。大量の漫画を積み重ねてしまうと、下にある漫画にはかなりの圧力がかかることになる。部屋の隅に漫画を積み重ねて保管するのではなく、できるだけタテにしておくことが望ましい。

逆に段ボールに収納する場合には、寝かせて収納する。タテ置きだと段ボールを重ねたときに重みで本が変形してしまう可能性がある。

湿気対策も万全に

大量の漫画を保管するときには、湿気対策も大切だ。カビは高温多湿で、エサになる紙が豊富にあるところに繁殖しやすい。密閉性の高い収納ボックスに入れ、乾燥剤なども一緒に入れておくと安心だ。

本棚に入れるときもキツキツに入れるのではなく、ある程度ゆとりを持たせるべきだ。通気性がよくなるので、カビ対策になる。

4. 大量の漫画の収納におすすめの本棚3選

大量の漫画を収納するためには収納力も大切だが、出し入れのしやすさ、省スペースも考えて棚選びをしなければならない。そこで、おすすめの本棚を紹介しよう。

アイリスオーヤマ「回転コミックラック CR-1500 ナチュラル」

大量の漫画を収納するのに便利な回転式の本棚だ。狭いスペースに置いても圧迫感がなく、それでいて約280冊もの漫画を収納することができる。座ったままでスムーズに回転させて、目的の漫画をすぐに探し出すことができる。

山善「CMCR-9060」

漫画にジャストフィットするサイズ。通常のカラーボックスに比べて、かなりスリムな設計だ。省スペースなデザインで狭い部屋にピッタリだ。一段に付き漫画なら約40冊が収納可能。手ごろな価格なので、漫画が増えたタイミングで買い足すという使い方もできる。

ディノス「1cmピッチ スライド式すき間収納ワゴン 8段2列セット」

まるで、図書館の書庫のような本棚だ。ボックスの幅は38cmとかなり狭いが、そのため家具の横の隙間にも設置でき、大量の漫画を収納することができる。1列当たり約160冊、2列で360冊もの漫画を収納することができる。キャスター付きなので、出し入れも簡単だ。

結論

漫画はシリーズで購入すると、あっという間に大量になり収納に困ることになる。漫画は、ほとんど同じ大きさ・厚みなので、アイデア次第では収納しやすい。いろいろな収納方法のなかで、自分の今の現状に一番ふさわしいものを選ぼう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ