このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
加湿器についた水垢をキレイに落とす方法とは?予防法も紹介!

加湿器についた水垢をキレイに落とす方法とは?予防法も紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年11月17日

加湿器は室内に潤いを与えてくれる便利なアイテムで、風邪や乾燥を予防してくれる効果がある。そんな加湿器の内部に水垢がついてしまったことはないだろうか。この記事では、加湿器についた水垢の落とし方や予防方法を紹介する。加湿器の水垢をキレイに落として、気持ちよく過ごしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 加湿器に水垢の汚れがつく原因

気がつくと、加湿器に汚れがついていたという経験はないだろうか?ここでは、加湿器に水垢の汚れがつく原因を解説しよう。
水は無色透明に見えるが、水の中にはミネラルや塩素などが含まれている。水は蒸発して加湿器から無くなるが、ミネラルや塩素などの成分は蒸発せずに加湿器の内部に残ってしまう。これが水垢の原因になるのだ。
加湿器についた水垢は放置すると白い塊になったり、臭いのもとになったりするので予防することがとても大切である。

2. 加湿器の水垢の上手な落とし方

では、加湿器に水垢がついてしまったらどのように落とせばよいのだろうか。ここでは、加湿器についた水垢の上手な落とし方を紹介しよう。

準備するもの
・バケツ
・クエン酸(大さじ1)
・水(1リットル)
・歯ブラシ

手順
1.バケツに水とクエン酸を入れてよく混ぜる
2.加湿器のパーツを全て分解する
3.加湿器のパーツをバケツに入れ、1〜2時間程度つけ置きする
4.歯ブラシで水垢を擦り落とす
5.流水で汚れを洗い流す
6.しっかり乾燥させて組み立てる

3. 加湿器の水垢をクエン酸以外で掃除する方法

ここでは、クエン酸とは違う材料を使った掃除方法を紹介する。

重曹を使った水垢の落とし方

準備するもの
・バケツ
・重曹(50グラム)
・お湯(1リットル)
・スポンジ

手順
1.バケツにお湯と重曹を入れよく混ぜる
2.加湿器のパーツを全て分解する
3.加湿器のパーツをバケツに入れ、30分〜2時間程度つけ置きする
4.スポンジで水垢を擦り落とす
5.流水で汚れを洗い流す
6.しっかり乾燥させて組み立てる

オキシクリーンを使った水垢の落とし方

準備するもの
・オキシクリーン(日本製のものでスプーン4杯)
・お湯(4リットル)
・スポンジまたは歯ブラシ

手順
1.洗面台にお湯を溜め、オキシクリーンを入れてよく混ぜる
2.加湿器のパーツを全て分解する
3.加湿器のパーツをバケツに入れ、30分〜6時間程度つけ置きする
4.スポンジまたは歯ブラシで水垢を擦り落とす
5.流水で汚れを洗い流す
6.しっかり乾燥させて組み立てる

4. 加湿器に水垢がつかないように予防するお手入れ方法

加湿器に水垢がつかないようにあらかじめ対策できれば掃除も楽になるだろう。ここでは、加湿器に水垢がつくのを予防する方法を紹介する。

使用時以外はタンクの水を空にする

タンク内に長時間水が溜まったままになっていると水垢がつきやすくなってしまう。水垢を予防するために、使用時以外はタンク内の水を排出しておくことが大切だ。また、タンク内に水が長時間放置されているとカビやぬめりも発生してしまうので注意してほしい。

パーツは定期的にキレイにしよう

長期間パーツを掃除しないと水垢がこびりつきやすくなってしまう。水垢を予防するために、定期的にパーツをキレイに掃除することが大切だ。また、加湿器のタンク内もできれば毎日掃除するのがベストだ。

結論

加湿器の水垢は、水に含まれるミネラルや塩素が原因である。水垢を落とす際にはクエン酸や重曹、オキシクリーンを使ってみよう。また、水垢がつかないように日頃から加湿器のパーツを掃除することも心がけてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ