このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
靴箱の収納力をアップさせる方法!役に立つ収納アイテムやアイデアも

靴箱の収納力をアップさせる方法!役に立つ収納アイテムやアイデアも

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年11月 3日

家族の靴をまとめて収納する靴箱は、仕事用の革靴に普段使いのスニーカー、スポーツシューズ、冬用ブーツなどであふれがちだ。「靴がこれ以上入らない」とお困りの方は、今よりもさらに多くの靴が入るよう、靴箱の収納方法を見直してみよう。この記事では靴箱の収納力をアップさせる方法や、入りきらない靴のしまい方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 夏・冬でチェンジ!靴箱の衣替え収納法

靴箱に靴がこれ以上入りきらなくなったら、まずは靴箱から靴自体を減らしてスペースを空けよう。
中でもオフシーズンの靴を取り出し、違う場所へ移すのがおすすめだ。夏用のサンダル、冬用の厚底靴やブーツなど、その季節にしか使わないものは収納ボックスやケースに入れ、クローゼットなどで保管するといい。靴にカビが生えないよう、収納場所にはできるだけ湿気が少ないスペースを選び、側面に穴が開いた通気性のよい収納ボックスを使おう。
もし何年もはいていない靴や傷んでいる靴がある場合は、スペースを圧迫するため処分しよう。

オフシーズンの靴を収納する前に

オフシーズンの靴を靴箱以外の場所で収納する前に、靴はしっかりメンテナンスしておこう。靴についた汚れは専用のブラシなどで落とし、型崩れさせたくない場合は靴の中に入れるシューキーパーを活用したい。収納場所によっては湿気がたまりやすい場合もあるため、靴に防水スプレーをかけておくのも効果的だ。

2. 靴箱の収納力をアップ!お助けアイテム

オフシーズンの靴や不要な靴を出したら、靴箱が少しはスッキリするはずだ。それでも収納スペースがまだ足りない場合は、以下のようなお役立ちアイテムを使ってスペースを有効活用しよう。

シューズホルダー

シューズホルダーは、1足の靴を縦に重ねて収納できるアイテムだ。片方の靴をシューズホルダーの上に、もう片方をその下のスペースに置くことで、片足分のスペースで両方の靴を収納できる。靴箱の収納量を2倍にアップさせる優れものといえるだろう。
ただし、ヒールのある靴や幅広の靴では収納できない場合もあるため、靴箱と靴のサイズを確認してから購入するといい。

突っ張り棒

靴箱の収納力アップに意外と役立つのが突っ張り棒だ。靴箱の中にデッドスペースがある場合、突っ張り棒を2本使って靴を置くスペースを作ったり、突っ張り棒の上に100均で買える棚を敷いたりするのも手だろう。ヒール付きの靴が多い場合、突っ張り棒が1本あればヒールを引っかけて吊るすこともできる。

3. 靴箱スッキリ!中身がわかるBOX収納

靴箱の中がごちゃごちゃしていて使いにくい場合は、靴用の透明ケースを活用して整理するのがおすすめだ。靴箱のスペースが足りず、オフシーズンの靴や普段はかない靴をクローゼットに収納する場合にも適している。

透明ケースは中身が見やすいため、どの靴をどこに収納したかわかりやすいのがメリットだ。もし中身が見えないケースを使う場合は、箱にラベルや靴の写真を貼り、ほしい靴をすぐに取り出せるよう収納場所を明確にしておくといい。
また、同じデザインのケースで靴箱の中を区切ることで、統一感が生まれ見た目もスッキリしやすいだろう。

靴用の透明ケースを選ぶポイント

透明ケースを選ぶ際は、側面に穴が開いているなど通気性がいいか、複数個を積み重ねられるかといったポイントに注目したい。また前開きタイプだと、重ねたケースを下ろさなくても開けられるため、靴を取り出しやすく便利だろう。

4. 見せて収納!ラックや棚でオープン靴箱

靴箱に入らない靴がある場合や、靴をオシャレに収納したい場合は、オープンな「見せる靴箱」にトライしてみよう。シューズラックや棚、ウォールシェルフなどに靴を飾ることで、収納としてはもちろんインテリアにもなる。靴箱の近くに置いて取り出しやすくしたり、スニーカーなどをコレクションしている方は部屋に飾ったりもできる。

シューズラックや棚にはさまざまなデザインがある。どんなインテリアにもなじみやすいシンプルでスタイリッシュなものから、ナチュラルで温かみのある木製のもの、省スペースで収納できる縦長のもの、オブジェのような変わった形状のものまで、好みに応じて選べるだろう。

結論

家族が多いと、必然的に靴の数も多くなる。靴箱が狭くなってきたと感じたら、まずはオフシーズンの靴を違う場所に移動させるとスペースが空く。そのほか、シューズホルダーや突っ張り棒で靴箱の中にスペースを作る、シューズラックでオープンに収納するなど、自分に合った方法で靴を整理してみよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ