このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ニットやセーターが伸びない干し方とは?型崩れを防ぐコツを伝授!

ニットやセーターが伸びない干し方とは?型崩れを防ぐコツを伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月25日

ニットやセーターは、干し方を少しでも誤ると伸びたり型崩れを起こしたりしてしまう。お気に入りを長く着続けるためにぜひマスターしておきたい、ニットやセーターの干し方を紹介しよう。上手に洗濯する方法や、干すときに便利なアイテムなども紹介するのであわせて参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ニットやセーターの干し方が難しい理由

ニットやセーターはなぜ干し方が難しいのだろうか。まずはごく基本的なところから、注意点も交えて解説する。

伸びたり型崩れしたりする

ニットやセーターはほかの衣類と比べて伸縮性がある。洗濯して水分を含んだ状態のまま、Tシャツなどのようにハンガーを使った干し方をすると自重で伸びてしまう。袖の重みで首回りが引っ張られ、型崩れを招くこともある。

ハンガーの跡がつきやすい

自重で伸びる際、肩部分などはハンガーに強く押しつけられる形になる。ハンガーの種類にもよるが、肩に跡が残ってしまうことがある。とくに細めのワイヤーハンガーや、肩が尖っているハンガーを使った干し方は跡がつきやすいので要注意だ。

2. ニットやセーターが伸びない干し方

ニットやセーターが伸びない干し方を紹介しよう。

平干しする

ニットやセーターが伸びないための基本的な干し方といえば「平干し」だ。その名の通り、平面状にニットやセーターを置いて乾かす方法で、吊るし干しと比べて繊維の伸びや型崩れを大幅に防ぐことができる干し方である。専用の平干しネットも販売されているのでぜひ入手しておこう。やり方は簡単だ。平干しネットを広げ、洗濯したニットやセーターの形を整えたら、その上にのせるだけでよい。風通しのよい日陰または室内に干すのがおすすめだ。

ピンチハンガーを使って干す

平干しネットがなけれなピンチハンガーを使おう。といっても洗濯バサミで留めるのではない。天面を利用するのだ。平干しネットと同じように、洗濯したニットやセーターの形を整えたらその上にのせるだけでよい。ただし腕がだらんとしてしまうなど、ニットやセーターが大きすぎる場合は軽くたたんでからのせるようにしよう。

物干し竿にかける

平干しハンガーやピンチハンガーをお持ちでないという場合は、物干し竿に直接かける干し方がよいだろう。ニットやセーターの形を整えたら、物干し竿にタオルのようにかけるだけだ。このとき、袖が垂れ下がると伸びてしまうので、身頃と一緒に物干し竿にかけるようにしよう。

3. ハンガーだけでできるニットやセーターの干し方

Tシャツのような干し方はNGだが、実はハンガーだけでもニットやセーターを干すことができる。伸びたり型崩れしたりするリスクも大きく減らせる干し方なので、ぜひ覚えておこう。なおハンガーは2本使用する。

1.ハンガーにニットやセーターをくぐらせる

まずは、1本目のハンガーにTシャツなどのようにニットやセーターをくぐらせよう。

2.袖をクロスさせて肩部分にかける

続いて、写真のように首元で袖をクロスさせ、肩部分にのせよう。これで袖が伸びるのを防げる。

3.もう1本のハンガーに通す

最後に、このようにして2本目のハンガーに通せば完了だ。ニットやセーターの長さに合わせて使うハンガーの本数を調節してもよい。なるべくたるませないようにするのが上手な干し方のポイントだ。

4. ニットやセーターの干し方に失敗したときの対処方法

ニットやセーターの干し方に気をつけていても、うっかりハンガーやたるみの跡がついてしまうこともある。そんなときの対処方法もあるので、ぜひ覚えておいてほしい。

スチームアイロンを使う方法

干し方を誤ったおかげで肩などについてしまったハンガーの跡は、スチームアイロンで直せる。といってもアイロンではなく、当てるのはあくまでもスチームだ。十分に湿らせたら、手で軽く叩いたり伸ばしたりして形を整えよう。アイロンが直接ニットやセーターに当たらないように注意することと、蒸気を含んだ直後は熱くなっているのでヤケドにも十分気をつけてほしい。

ドライヤーを使う方法

スチームアイロンがないときはドライヤーを使おう。霧吹きなどを使って十分に湿らせたら、ドライヤーの温風を当てる。十分に温まったら、スチームアイロンのときと同じように手で形を整えれば復活する。ドライヤーも高温になるため、やはりヤケドには注意しよう。また繊維が傷むおそれがあるため長時間当てすぎるのも控えたほうがよいだろう。ニットやセーターは、うっかり干し方を誤ってもこうした方法で直せるので慌てずに対処しよう。

5. ニットやセーターの吊り干しはNG?

Tシャツのようにハンガーにかけて吊り干ししてしまうと、自重で伸びたり型崩れを招いたりするおそれがある。そのため基本的には平干しなど本稿で紹介した干し方がおすすめだ。とはいえ「絶対にNG」というわけでもない。

薄手のものを短時間ならOK

水分を含んでも重くなりにくい薄手のニットやセーターであれば、ごく短時間だけ吊り干ししてもそこまで伸びや型崩れを起こす心配はないだろう。たとえば30分だけ浴室乾燥機にかける、30分だけサーキュレーターを当てるなどだ。ただしどこまでが「薄手」であるかは判断が難しいため、少しでも不安があるときはやめたほうがよいだろう。なおハンガーを使って吊り干しする際は、肩の部分に厚みや丸みがあるハンガーを使おう。

6. ニットやセーターを少しでも早く乾かすための干し方

干している時間が長くなると、雑菌が繁殖して生乾きのにおいが発生したり、伸びや型崩れを起こしたりするリスクが高まる。ニットやセーターに限ったことではないが、洗濯したあとはできるだけ早く乾かすことが大切だ。

室内干しは浴室乾燥機やサーキュレーターを使う

紫外線によるダメージを避けるため、ニットやセーターは室内干しがおすすめだ。ただし外干しよりも乾きにくいため、浴室乾燥機を利用したりサーキュレーターで風を当てたりして速乾を目指そう。

外干しは風通しのよい場所を選ぶ

直射日光は控えたほうがよいとお伝えしたが、そうなると必然的に日陰に干すことになる。当然、天日干しよりも時間がかかるので、この場合はできる限り風通しのよい場所を選ぼう。

7. ニットやセーターが伸びにくい洗濯方法も知っておこう

ニットやセーターは干し方も重要だが、洗濯方法も同じくらい重要だ。大切なニットやセーターを長く着るためにも、干し方とあわせて洗濯方法もマスターしておこう。

用意するもの

  • オシャレ着用中性洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 洗濯桶(手洗いの場合)

手洗いする方法

洗濯桶などに30℃以下の水をはり、オシャレ着用中性洗剤を適量溶かす。ニットやセーターを軽くたたんだら洗濯液に浸し、20〜30回程度を目安に押し洗いをする。水を入れ換えながら泡立たなくなるまですすぎをし、最後に柔軟剤を溶かした水に浸す。あとは洗濯ネットに入れて洗濯機で1分を上限に短時間だけ脱水し、平干しなどで乾かそう。

洗濯機で洗う方法

ニットやセーターをたたんだら洗濯ネットに入れ、オシャレ着用中性洗剤と柔軟剤をセットする。「ドライ」「手洗い」「ソフト」など弱水流のコースに設定して洗濯する。脱水は1分を上限に短時間で止めよう。終わったら速やかに取り出し、平干しなどで乾かそう。

8. ニットやセーターを干すのに便利なアイテム3選

ニットやセーターの干し方は「平干し」が基本とお伝えしたが、その際にあると便利なアイテムを紹介しよう。

積水樹脂「セーター干しネット」

ニットやセーター1枚分の平干しネットだ。四隅に脚がついているので通気性も確保できる。浴槽のふちを使って置くといった干し方も可能だ。

ダイヤ「お風呂で平干しネット」

脚はないが、同じく浴槽のふちにのせて平干しできる。浴室乾燥機で速乾を目指すといった干し方をしたいときに便利だ。

天馬「バスタオルハンガー PS-06」

商品名こそバスタオルだが、天面を使えばニットやセーターを平干しできる。天面は角度が変わるため大判のバスタオルなども干せる。

9. ニットやセーターの干し方をマスターして長く着続けよう

ニットやセーターの干し方の基本は平干しだが、紹介してきたようにそれ以外にも伸びたり型崩れを起こしたりするリスクを減らせる干し方がある。お気に入りのニットやセーターは、干し方や洗濯方法ひとつで長く使うことができるはずだ。

結論

ニットやセーターを干すのであれば、ぜひ平干しネットを手に入れておこう。ピンチハンガーや普通のハンガーを使っても干せるが、やはり水平に干せる平干しネットにはかなわない。100均でも手に入るのでぜひチェックしておこう。またハンガーの跡はスチームやドライヤーで直せる。出かける前などに気になったらサッと対処できるようにしておこう。
  • 公開日:

    2020年11月10日

  • 更新日:

    2021年2月25日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ