このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
風呂椅子を掃除でキレイに!原因別の方法と頻度を減らす予防法とは

風呂椅子を掃除でキレイに!原因別の方法と頻度を減らす予防法とは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年11月13日

石鹸かすや皮脂が付着する風呂椅子はすぐに汚れる。清潔に保つためには定期的な掃除が必要だ。この記事では風呂椅子の掃除方法を原因別に紹介する。頑固な汚れに効果的なつけおきや、掃除の頻度を減らす方法など、役立つ知識と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 風呂椅子の掃除はまず汚れの原因を探ること

汚れの種類によって適した掃除方法は異なる。汚れる4つの原因について解説するので、風呂椅子の掃除に役立ててほしい。

水垢

水道水に含まれるカルシウムが固まった汚れが水垢だ。水が蒸発してカルシウムだけが蓄積していき、白い跡となって風呂椅子に付着する。水道水が原因なので防ぐのは難しく、蓄積すると落としにくくなってしまう。

石鹸かす

浴室で身体を洗うと風呂椅子に石鹸の泡が付着する。石鹸の脂肪酸ナトリウムと水道水のカルシウムが反応し、水に溶けない白い汚れになるのだ。一般的なお風呂用中性洗剤だと効果が薄いので、掃除するのが難しい。

皮脂汚れ

身体を洗う風呂場では人体から出る皮脂汚れが発生しやすい。灰色で風呂椅子を触ってベタベタとしていたら皮脂汚れと考えよう。酸性の汚れなので、アルカリ性の水垢や石鹸かすとは掃除の方法が異なる。

ピンク汚れ

風呂椅子に付着するピンク汚れの原因は「ロドトルラ」という酵母菌の一種だ。増殖するスピードが早く、掃除をしてもまた発生する可能性がある。中性洗剤で掃除をしたあと、水気を拭き取ってから消毒用アルコールで殺菌しておくと安心だ。

2. 風呂椅子についた水垢と石鹸かすの掃除方法

風呂椅子についた水垢と石鹸かすの掃除には酸性の洗剤を使用する。使い方や、それでも落ちない汚れの掃除方法について、詳しく紹介しよう。

酸性の洗剤を使おう

水垢と石鹸かすはアルカリ性の汚れだ。酸性の洗剤を使って中和することで、頑固な汚れもスッキリと落ちる。汚れに吹きかけてからスポンジで掃除しよう。

また、酸性の性質がある「酢」や「クエン酸」を使った、ナチュラルクリーニングもおすすめだ。キッチンペーパーに染み込ませて風呂椅子に貼れば、水垢や石鹸かすをキレイに溶かせる。

クレンザーで削りとる方法も?

アルカリ性の水垢や石鹸かすに酸性の皮脂汚れが混ざると、酸性の洗剤では落ちにくい。クリームタイプのクレンザーを使って削り取る掃除方法が有効だ。ただし、風呂椅子の素材によってはキズが付く可能性があるので、目立たない場所で軽くこすって確認しておこう。

3. 風呂椅子についた皮脂汚れの掃除方法

風呂椅子に付着した皮脂汚れを掃除する方法について詳しく解説する。水垢と石鹸かすと性質が異なるので、適した方法をチェックしておこう。

皮脂汚れは酸性の汚れなのでアルカリ性の洗剤を使用して中和する。風呂椅子にシュッと吹きかけてから、汚れが落ちるまでスポンジでこすって掃除しよう。

またアルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを活用した掃除もおすすめだ。同量の水を混ぜて風呂椅子の皮脂汚れに塗り、あとはスポンジでこすればスッキリと落ちる。

4. 風呂椅子と洗面器の掃除はつけおきがおすすめ

風呂椅子をつけおきすれば、細かい部分の汚れまでスッキリと落ちる。洗面器や子どものおもちゃと一緒に浸して、まとめて掃除をしよう。水垢や石鹸かすにはクエン酸、皮脂汚れには重曹を使ってつけおきをする。方法は以下の通りだ。

1.クエン酸もしくは重曹をお湯に溶かす
2.風呂椅子を沈めてつけおきする
3.半日ほど放置したあとにシャワーで流す
4.落ちていない汚れはスポンジや歯ブラシで掃除する

重曹の分量は浴槽1杯につき200~300gが目安だ。ただし、重曹やクエン酸は大理石など一部の素材には使えないため、風呂椅子のつけおき掃除をするときは注意しよう。

クエン酸は金属類に付着すると錆びるので、配管に金属が使われている浴槽でのつけおきは避けたほうがよい。水1リットルに大さじ2~3杯ほど溶かして、他の容器でつけおきしよう。

5. 風呂椅子の掃除の頻度を減らす方法

日頃からの習慣で風呂椅子を掃除する頻度を減らそう。2つの方法を実践して、キレイな状態を長持ちさせてほしい。

シャワーで流す

お風呂から上がる前に風呂椅子の汚れをシャワーで流す。温度が高いお湯を使えば、早く蒸発するので水気が残りにくい。

また、50度のお湯を5秒ほどかければ、ピンク汚れの原因である酵母菌の殺菌になる。浴室全体のピンク汚れやカビ予防にもなるので、掃除を楽にする効果が期待できるだろう。

水気に注意

風呂椅子に水気が残るとカビやピンク汚れの原因になる。使用後のバスタオルで拭いたり、換気扇を十分に回したりといった対策が有効だ。

また、風呂椅子を風呂場の床に置くと乾きにくいので、斜めに立てかけて床との接触面を減らそう。風呂椅子をかけて収納できるフックやホルダーもおすすめだ。乾燥が早くなり風呂場の床掃除も楽になる。

結論

風呂椅子が汚れる原因はさまざまだ。アルカリ性の水垢や石鹸かすは酸性の洗剤、酸性の皮脂汚れはアルカリ性の洗剤で掃除をする。こすっても落ちない頑固な汚れにはつけおきがおすすめだ。ピンク汚れは、お風呂用の中性洗剤でこすってから消毒用アルコールで殺菌しよう。また、日頃からシャワーで流したり水気を除去したりすれば、掃除の頻度を減らせるのでぜひ試してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ