このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バケツエアコンって何?購入前に知りたい特徴や使い方を紹介!

バケツエアコンって何?購入前に知りたい特徴や使い方を紹介!

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年11月 9日

「バケツエアコン」という商品があることをご存じだろうか?バケツエアコンは文字通り、バケツの形をしたエアコンだ。コンパクトで持ち運びでき、非常時に使えるということで、さまざまなメディアでも取り上げられている。話題のバケツエアコンについて、特徴や使い方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 話題のバケツエアコンとは?

バケツエアコンは、さまざまなメディアで取り上げられて話題になっている。まだ知らない方のために、バケツエアコンの何が素晴らしいのか、その特徴や生まれた背景を紹介する。

バケツエアコンの特徴

バケツエアコンは一般的なエアコンと異なる点が3つある。

・大容量のバッテリーが搭載されているので、コンセントなしで使える
・短時間の使用を目的としている
・設置工事は必要なく、どこでも持ち運び可能である

この3つがバケツエアコンの特徴であり、一般的なエアコンとの違いだ。
コンセントや設置工事が必要なく、重量が軽い。約4.3kgなので、女性でも持ち運びできる重さだ。バケツエアコンは、車中泊や停電時なども利用でき、電源が使えない場所を涼しくしてくれる。

バケツエアコンが誕生した背景

バケツエアコンは、大阪の「クールスマイル」という会社が大手ゼネコンから要請を受けて開発したものだ。建設現場ではエアコンがないために、作業員が熱中症になりやすい。熱中症対策として、電源なしで使えるバケツエアコンが誕生したのだ。

2. バケツエアコンの使い方とは?

バケツエアコンの使い方は、一般的なエアコンとは異なる。使用する前の準備や使い方を解説する。

使用前に準備すること

バケツエアコンを使用する前に、3つの準備が必要だ。

・バケツエアコンを充電する
・氷や冷凍ボトルを準備する
・水を1lほど用意する

バケツエアコンの使い方

上に書いた3つを準備すれば、バケツエアコンを簡単に使える。風量や搭載バッテリーによって異なるが、この3つの手順で4~8時間運転が可能だ。使い方の手順を説明する。

1.バケツエアコンを涼しくしたい場所に置く
2.氷と水を専用バケツに入れて、蓋を閉じる
3.スイッチボタンを押す

長時間バケツエアコンを使いたいときは?

バケツエアコンは、バケツ内部に氷水を入れて循環させることで周囲を冷却する仕組みだ。氷水や冷凍ボトルを交換すれば、より長い時間使用できる。また、専用バケツ以外にボトルを準備して、そこから氷水を供給できれば、冷却時間を延ばすことが可能だ。

3. バケツエアコン以外にもあった!便利なポータブルエアコン

軽量で使いやすいバケツエアコンだが、同じように持ち運び可能な商品は他にもある。バケツエアコン以外の、ポータブルエアコンの選び方を紹介する。

サイズと使用する場所を考慮して選ぶ

ポータブルエアコンを選ぶときは、サイズと使用する場所を考慮するのがおすすめだ。ポータブルエアコンには、さまざまなサイズのものがある。テーブルに置けるコンパクトなサイズのものから、重量が重くキャスターで運ぶものまで幅広い。コンパクトサイズのものはバケツエアコンのように持ち運びやすい。車内や自分の顔まわりなど限られた空間を冷却するのに向いている。大型のポータブルエアコンは、屋外やガレージなどパワフルに冷却したい場所に適している。

電源の取り方で選ぶ

ポータブルエアコンの電源は、「USB」「AC電源」「シガーソケット」などから取ることが可能だ。USBは会社のデスクなどでも使用しやすい。シガーソケットから電源を取れると、車内泊をするときに便利だ。バケツエアコンのように充電できると、屋外に持ち出して使用できる。

排水の処理方法を確認する

冷却するときにドレン水が出るタイプの場合、ホースで排水させるかタンクに溜めるか、どちらかの方法で処理することになる。車内やテントで使う際にはホースでの排水ができないため、タンクに溜めて手動で排水するのがよいだろう。ドレン水が出ないタイプのポータブルエアコンもあるので、選ぶ際は事前に確認しよう。

結論

災害時や熱中症対策として便利なバケツエアコンについて解説してきた。バケツエアコンは氷水を循環させて周囲を冷却する、ポータブルエアコンのことである。持ち運びができるコンパクトなデザインと、使いやすいシンプルさが特徴だ。バケツエアコン以外にもポータブルエアコンはさまざまな種類のものが販売されている。アウトドアでエアコンを使用したい方は、電源や排水方法に注目して選んでみよう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ