このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジップロックを収納するコツは?おすすめアイデアと立てる収納方法

ジップロックを収納するコツは?おすすめアイデアと立てる収納方法

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年11月14日

ジップロックは「SCジョンソン」が販売しているファスナー付きの保存袋だ。いろいろな用途に活用できるが、使いやすく収納するにはコツがいる。この記事では、ジップロックやフリーザーバッグの収納方法を紹介しよう。ジップロックを使った収納術と併せて解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 箱のままのジップロックの収納方法

ジップロックを箱のまま収納する方法を解説しよう。簡単に実践できるアイデアと併せて、詳しく紹介する。

箱のまま収納

ジップロックを箱のまま収納すれば清潔な状態を保てる。ホコリや汚れが付着するリスクを避けるために、ストックするときは箱のまま収納しよう。開封口から開ければそこから出し入れができるので、開封後は箱のまま使いやすい場所に収納する。

また、フリーザーバッグ用のホルダーを活用してもよいだろう。複数のジップロックを一緒に収納でき、出し入れがしやすい。マグネットタイプの商品なら、冷蔵庫に貼り付けて収納できる。

箱を立てて収納

箱を開封口から開けずに横の部分をカットする。カットした部分を上にすれば、立てるジップロック収納の完成だ。深さのある引き出しや棚に立てて収納すればスペースの節約になる。

ただし、細長い箱は自立しないので、隙間などに差し込んで収納しよう。ジップロックのサイズによっては、ラップホルダーを使って立てる方法もある。ただし、サイズが合わない可能性があるので、あらかじめ確認しておくと安心だ。

2. ジップロックの袋の収納アイデア

ジップロックを収納するアイデアをまとめた。どれも簡単に試せる方法なので、ぜひ試してみてほしい。

収納カゴ

ジップロックをクルクルと巻いて収納カゴに入れるアイデアだ。サイズや種類で収納ケースを分けて並べれば分類ができ、同じカラーのアイテムでそろえれば統一感が出る。

細長い収納カゴを選べばスッキリと収まるだろう。仕切りが付いたタイプのケースは分類に便利だ。ただし、ジップロックのサイズはそれぞれ違うので、正確に測ってからスッキリ収まる収納カゴを選んでほしい。

ゴミ袋ケース

引き出し用のゴミ袋収納ケースをジップロックの収納に活用する。たたんだジップロックを入ると、1枚ずつサッと引き出せるだろう。対応するサイズは商品によって違うので、あらかじめ確認しておくと安心だ。

ウォールポケット

ウォールポケットにジップロックを収納するアイデアだ。たたんだジップロックを入れたら出し入れがしやすい場所につるそう。粘着タイプのフックと組み合わせれば、扉裏のデッドスペースを活用した収納になる。

大きめのポケットがある商品なら、さまざまなサイズのジップロックに対応できる。複数のポケットがあるウォールポケットは分類に便利だ。

3. ジップロックを立てる収納術

ジップロックを立てて収納すればスペースの節約になる。おすすめのアイテムと収納術について、詳しく紹介しよう。

収納ケースに立てる

クルクルと巻いたジップロックを縦長の収納ケースに立てよう。仕切りが付いたアイテムを選べば使いやすく分類でき、小分けにすれば出し入れするときにバラバラになりにくい。そのまま深い引き出しに入れたり戸棚の中に置いたりすれば、隠す収納になる。

マグネット付きが便利

マグネットタイプの収納ケースは貼り付けて収納できる。冷蔵庫の横に取り付ければ、食品を保存したいときに便利だ。収納スペースを手軽に確保でき、ジップロックが必要なときにサッと取り出せる。

ファイルボックス

ファイルボックスにジップロックを収納する方法だ。いろいろなサイズをまとめて収納でき、スッキリとまとめられる。小さなジップロックはクルクルと巻き、大きなジップロックはクリアファイルに挟んで収納しよう。

4. ジップロックを活用した上手な収納法

ジップロックはさまざまなシーンで活躍する。使いやすく分類する方法やおすすめの収納法について、詳しく解説しよう。

ラベルで分類しよう

食品の保存に便利なジップロックはラベルで分類すると分かりやすい。剥がすのが簡単なマスキングテープに、名前や賞味期限を記入して貼っておこう。

また、ダブルクリップにラベルを貼り付けておけば挟むだけでOKだ。ジップロックの開封口に挟むことで、冷凍庫に立てて並べても中身がひと目で分かる。

乾物の収納に便利

湿気を吸いやすい乾物の保存にはジップロックが便利だ。湿気やすいのりや茶葉は、ラップにくるんでからジップロックに入れると風味を長くキープできる。透明なので中身が確認しやすく、細かい乾物類が増えても整理がしやすい。

食べ物以外にも役立つ

透明で密封性があるジップロックは食品以外の保存にも使用できる。小物を分類して収納すれば、引き出しなど収納の中が整う。旅行用のアメニティをまとめたりぬれやすい雨具を入れたりと、さまざまなシーンで活用できるだろう。

結論

ジップロックの収納を工夫すればスッキリと整理できる。専用ホルダーを使ったり横をカットしたりすれば、箱のまま使いやすく収納できるだろう。収納カゴやウォールポケットを使ったアイデアや、収納ケースやファイルケースで立てる収納もぜひ試してみてほしい。また、ジップロックを使った収納法もチェックしておこう。ラベルで分かりやすく分類して、食品や乾物、小物の収納に役立ててほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ