このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯マークの「ドライ」の意味とは?家での正しい洗い方を詳しく解説

洗濯マークの「ドライ」の意味とは?家での正しい洗い方を詳しく解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年11月21日

ドライクリーニングの洗濯マークが衣服のタグに記載されているのを見たことがあるだろう。汚れる度にクリーニングへ出すのは手間もお金もかかるため「家で洗えないのだろうか」と感じる方もいるはずだ。しかし、実は条件次第でドライの洗濯マークが付いた衣服を家で洗うことは可能なのだ。今回は、まずドライの洗濯マークの意味や自宅でも洗える条件を解説し、家での正しい洗い方を洗濯機・手洗いの2パターン紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯マーク「ドライ」とは?

ドライの洗濯マークの意味は「ドライクリーニングができる」だ。主にクリーニング店が衣服の洗い方を判断するときに使われるものである。ちなみにドライクリーニングとは、パークロロエチレンや石油系の溶剤で、水を使わずに優しく汚れを落とすクリーニング方法のことだ。

また、2016年の12月からは洗濯表示が新しくなり、22種類から41種類と数も増えた。ドライの洗濯マークも新しくなったものの一つである。

旧式のドライの洗濯マークは、円の中に「ドライ」とカタカナで書かれている。一方、新式のドライの洗濯マークは、円の中にPやF、Wといったアルファベットが書かれていたり、下線が引かれていたりする。

2. 洗濯マーク「ドライ」は家で洗えないの?

ドライの洗濯マークは「ドライクリーニングが可能」という意味だが、「ドライクリーニングしかできない」という意味ではない。そのため、家でも洗える場合がある。その条件は、桶の洗濯マークにバツが付いていないことだ。

桶の洗濯マークは、手洗いや洗濯機での洗い方を表示している。そのマークにバツが付いていないということは、水洗いができる、つまり家でも洗うことが可能なのだ。

反対に、桶の洗濯マークにバツが付いている衣服は家で洗えないため、クリーニング店に出そう。

3. 洗濯マーク「ドライ」の正しい洗い方

ドライの洗濯マークが付いている衣服を家で洗う際は、いくつかのポイントを押さえる必要がある。ここでは、洗濯機を使う場合と手洗いする場合の正しい洗い方を紹介しよう。

洗濯機を使う場合

洗濯機で洗える洗濯表示がある場合は、洗濯機で洗おう。必要なものは、洗濯ネット・オシャレ着の中性洗剤の2つである。手順は以下のとおりだ。

1.衣服をたたんで洗濯ネットに入れる
2.水量に適したオシャレ着の中性洗剤を洗濯機に入れる
3.「ドライモード」や「おうちクリーニング」を選び、洗濯を開始する
4.洗濯が終わったら形を整え、陰干しをする

衣服をたたむときは、ボタンやファスナーを内側に入れ込むと引っかかりにくくなる。汚れている面を外側にすると、汚れが落ちやすくなるのも覚えておこう。

また、ドライの洗濯マークが付いた衣服はデリケートな素材が多い。「ドライモード」や「おうちクリーニング」など、通常より優しく洗い上げるモードを必ず選択してほしい。そうすることで、衣服へのダメージが抑えられる。

手洗いする場合

手洗いの洗濯マークが付いている場合は、手洗いをするのが望ましい。洗濯ネット・オシャレ着の中性洗剤にくわえて、洗面器や桶が必要である。手順は以下のとおりだ。

1.衣服をたたむ
2.洗面器や桶に水をためる
3.水量に適したオシャレ着の中性洗剤を入れて混ぜる
4.衣服をひたして、押し洗いをする
5.汚れた水を流し、新しい水を2、3回入れ替えてよくすすぐ
6.衣服を洗濯ネットに入れて、洗濯機で10秒から30秒ほど脱水する
7.形を整え、陰干しをする

押し洗いやすすぎの際は、衣服を押して沈めたり、手を離して浮かせたりする。強く握ると素材を傷める可能性があるので気をつけよう。

4. 洗濯マーク「ドライ」を洗う際の注意点

ドライの洗濯マークが付いた衣服を洗う際は、以下のポイントに注意してほしい。この2点を守らないと、衣服に大きなダメージを与えてしまう可能性がある。

ドライ対応の洗剤を使う

洗剤は、オシャレ着用の中性洗剤など必ずドライに対応しているものを選ぼう。パッケージの裏に、洗濯マークやドライ対応かどうかが書かれていることが多いため、購入する前はきちんと確認すべきだ。

お湯は使わない

ドライの洗濯マークが付いた衣服は、必ず30度以下の水で洗おう。「お湯を使った方が汚れが落ちやすいのではないか」と感じるかもしれないが、水温が高いと衣服が縮む恐れがある。

結論

ドライクリーニングができることを示すドライの洗濯マーク。2016年の12月から洗濯表示は変わったが、新旧どちらの表示でも桶の洗濯マークにバツが付いていなければ家で洗うことは可能だ。ドライの洗濯マークが付いた衣服を洗濯したい場合は、今回紹介した洗い方を試してほしい。その場合は、必ず30度以下の水で洗うこと、ドライ対応の洗剤を使うことを忘れないでおこう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ