このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大きいゴミ箱の捨て方は?プラスチック製なら切断するのがおすすめ!

大きいゴミ箱の捨て方は?プラスチック製なら切断するのがおすすめ!

投稿者:ライター 藤田幸恵 (ふじたゆきえ)

2020年11月24日

ゴミ箱を捨てようと思ったとき、どのようなゴミとして捨てるのが適切なのだろうか?一口にゴミ箱と言っても、さまざまなサイズや素材のものがある。そのため、捨て方はゴミ箱によって異なる。そういったゴミ箱の捨て方について徹底的に解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴミ箱のサイズで捨て方は違う

ゴミ箱は素材やサイズなど、種類が豊富だ。そのため、捨てようと思ったときに、どのようなゴミとして分別できるのか悩む方も多いだろう。地域によってゴミ出しのルールは異なるが、大まかな捨て方を紹介する。

小さなサイズのゴミ箱

トイレのサニタリーボックスなど、比較的小さなサイズのゴミ箱は可燃ゴミか不燃ゴミとして捨てられる。自治体によって異なるが、一般的にはプラスチック製品は可燃ゴミで、スチール製品は不燃ゴミとなる。実際に捨てるときは、自治体に捨て方を確認しよう。

大きなサイズのゴミ箱

大きなサイズのゴミ箱は、捨て方に注意が必要だ。キッチンでよく使われる30Lのペダル式ゴミ箱の場合、高さが約50~60cmとなっている。このサイズだと、一般的なゴミ袋には入らないため、粗大ゴミ扱いになることが多い。
粗大ゴミになるのかどうかは、自治体によって判断が分かれる。1辺が30cm以上のものをすべて粗大ゴミとするところもあれば、90cm未満なら可燃ゴミにできるところもある。

2. ゴミ箱を切断して捨てる捨て方

捨てようと思っていたゴミ箱が粗大ゴミに該当するとき、もし可能であれば切断して小さなサイズにしよう。大きなゴミ箱を切断する捨て方について、メリットと方法を紹介する。

大きなゴミ箱を切断するメリット

ゴミ箱を粗大ゴミとして捨てるとき、可燃ゴミや不燃ゴミよりも捨て方が難しくなる。ゴミの収集センターに連絡して引き取りに来てもらう必要があるうえ、有料での回収になる。
ゴミ箱がプラスチック製など切断できる素材の場合には、小さくすれば可燃ゴミとして捨てられる。可燃ゴミであれば無料で回収してもらえる。

切断して捨てる方法

ゴミ箱の切断というと難しく感じられるかもしれない。だが、プラスチック製のゴミ箱なら100均の小型のこぎりやパイプカッターなどでも切断可能だ。100均に行くとさまざまなのこぎりが並んでいるが、切断するものの素材によって選ぼう。スチール製品を切断できる
のこぎりもあるが、プラスチック製品に比べると切断時に力が必要だ。
ゴミ箱を切断できたら、可燃ゴミや不燃ゴミと同じ捨て方をすればよい。ゴミ袋に入れて、指定日に収集場所に出そう。

3. ゴミ箱の捨て方は自治体のルールを守ろう

ゴミ箱の捨て方についてのルールは自治体によって異なる。引越しをしたときに、今まで住んでいた自治体では無料で回収されていたものが、新しく住む自治体では有料の粗大ゴミになるということもある。

一般的には、一辺が30cmを超えるゴミ箱の捨て方は粗大ゴミ扱いになることが多い。だが、さいたま市では90cm未満であれば可燃ゴミとして捨てられる。大阪府の吹田市では、一辺が60cm未満のゴミ箱は「小型複合ゴミ」として、60cm以上のものは「大型複合ゴミ」として、どちらも指定日に出せば無料で回収してもらえる。
このように、自治体によって捨て方のルールは異なるため、ゴミ箱を捨てる際は事前に確認しよう。

結論

ゴミ箱の捨て方について解説してきた。ゴミ箱はサイズや素材によって、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミなどさまざまなゴミに分別される。お住まいの自治体のゴミ分別表を見て、ゴミ箱の捨て方を確認しよう。もし、粗大ゴミに該当する場合は、可燃ゴミとして収集できるサイズに切断するのがおすすめだ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ