このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
雑巾の簡単な縫い方を紹介!不要なタオルとTシャツが生まれ変わる

雑巾の簡単な縫い方を紹介!不要なタオルとTシャツが生まれ変わる

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年11月13日

タオルやTシャツがあれば雑巾が簡単に手作りできる。不要な布を再利用できて、掃除でも活躍するだろう。この記事では手縫いとミシンに分けて雑巾の縫い方を紹介する。雑巾に使える素材や、乾きやすい雑巾の縫い方など、役立つ知識と併せてまとめた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 縫い方の前に雑巾に使える素材を確認

縫い方の前に雑巾におすすめの素材について紹介しよう。フェイスタオルとTシャツについて、それぞれ解説する。

フェイスタオル

薄手のフェイスタオルは雑巾の素材として適している。生地が薄いため針が通りやすく、手縫いでも縫いやすい。体を拭くタオルなら吸水性が十分にあるので、雑巾にしても使いやすいだろう。

二つ折りで作る場合は1枚のフェイスタオルから2枚の雑巾を作れる。バスタオルを使う方法もあるが、生地が厚いため手縫いには向いていない。縫い方を簡単にするなら、フェイスタオルを選ぼう。

Tシャツ

不要になったTシャツを雑巾として再利用する。吸水性がよいうえに乾燥が早く、線維が細かいため素材を傷つける心配がない。適度な大きさにカットしてから使うのが縫い方のポイントだ。

ただし、プリントの部分で汚れをこすると、素材を傷つける可能性がある。プリントがないTシャツを使う、裏返してから縫うといった工夫が必要だ。

2. 手縫いでの簡単な雑巾の縫い方

雑巾を手縫いで作る方法を解説をする。オシャレにアレンジをする縫い方と併せて紹介するので、ぜひ試してみてほしい。

基本の縫い方 基本の縫い方

フェイスタオルを使った縫い方の手順を説明しよう。手縫いするときに必要なのは裁ちバサミと針、糸だけだ。糸の太さは自由だが20番や30番くらいの糸が使いやすい。
  • フェイスタオルをカットして半分にする
  • 三つ折りになっている端の縫い代をカットする
  • 半分に折りたたんでカットした部分を縫う
  • 筒状になったら裏と表を裏返す
  • 雑巾の周囲をグルリと1周縫う
  • 対角線をバツ印になるように縫う
Tシャツを使うなら、作りたい雑巾のサイズになるようカットして2枚の布を用意する。2枚を重ねた後は、手順5~6と同じ工程をすれば完成だ。

アレンジ方法

基本の縫い方を覚えたあとは自分でアレンジしてみよう。使う布を小さくカットすれば細かい部分が拭きやすいミニ雑巾になり、丸くした紐を取り付ければ吊るして収納できる。

バツ印の代わりに好きな模様を縫ってもよいだろう。お子さんの学校用なら、カラフルな糸を使って柄を縫うと可愛い仕上がりになる。自分の雑巾がひと目でわかり、掃除も楽しくなるだろう。

3. ミシンでの雑巾の縫い方

ミシンを使えば手縫いと同じ手順でも短時間で雑巾が縫える。また、生地が厚くても簡単に縫えるのもメリットだ。しっかりとした厚みがある四つ折り雑巾の縫い方を解説しよう。
  • 三つ折りになっている端の縫い代をカットする
  • フェイスタオルの裏面を上にして横長に置く
  • 真ん中に向かって左右の端を折りたたむ
  • 半分に折りたたんでまち針でとめる
  • ミシンを使って雑巾の周囲をグルリと1周縫う
  • 対角線をバツ印になるように縫う
四つ折りにしたフェイスタオルは厚みがあるので、縫い方にも注意が必要だ。縫い代を大きめにとって柔らかい内側の部分を縫おう。厚地用の針を使ってゆっくりと縫うのが縫い方のポイントだ。

また、三つ折りにすれば3枚重ねの雑巾になる。手縫いと同じように模様を縫う場合でも、ミシンを使えば短時間で仕上がるだろう。

4. 乾きやすい雑巾の縫い方

タオルやTシャツを重ねて作る雑巾は乾きにくい。乾きやすい雑巾の縫い方と、使い捨ての雑巾の作り方を紹介しよう。

筒状に縫う

雑巾を筒状に縫う縫い方を紹介する。縫い方の手順が通常の雑巾よりも少ないので、時間の短縮にもおすすめだ。
  • フェイスタオルをカットして半分にする
  • カットした部分を三つ折りにする
  • 三つ折りにした部分ともう片方の端を縫い合わせる
筒状に干せば中に空気が通るので乾くまでの時間を短縮できる。汚れたときに裏返して使えるため、掃除中にすすぐ回数を減らすことにつながるだろう。

使い捨て雑巾もおすすめ

使い捨てにできる雑巾なら洗濯や乾燥の手間は不要だ。キッチンや洗面所など、さまざまな場所で活躍するだろう。不要なTシャツやタオルがあれば縫わなくても簡単に手作りできる。

Tシャツはハサミで使いやすい大きさにカットするだけだ。ただし、タオルはハサミで切ると糸くずがでるので、手を使って裂く。端のかたい部分だけ少しカットしたら、あとは手で引っ張るだけだ。もっと小さくしたい場合は、上下に5ミリほど切り込みを入れるとキレイに裂ける。

結論

フェイスタオルやTシャツは使いやすい雑巾になる。縫い方をマスターして、手縫いやミシンで手作りしよう。小さな布でミニ雑巾を作ったり糸で模様を縫ったりと、アレンジ方法はさまざまだ。また、乾きやすい筒状の雑巾や、使い捨て用の雑巾も簡単に手作りできるのでぜひ試してみてほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ