このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柔軟剤を入れてもふわふわにならない!その対処法や人気商品を紹介

柔軟剤を入れてもふわふわにならない!その対処法や人気商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年12月 2日

衣類やタオルをふわふわにしてくれるという柔軟剤。しかし、中には「柔軟剤を使ってもふわふわに仕上がらない」と悩んでいる方もいるだろう。いつも通り使っているはずなのに、なぜか洗濯物がごわごわになってしまうこともあるはずだ。そこでこの記事では、柔軟剤で洗濯物が柔らかくなる仕組みや、ふわふわにならないときの対処法を紹介する。ふわふわな仕上がりになる柔軟剤も4つ紹介しているため、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 柔軟剤で洗濯物の仕上がりがふわふわになる理由

柔軟剤を使うと洗濯物の仕上がりがふわふわになるのだが、その詳しい仕組みをご存じだろうか。
柔軟剤には、衣類の繊維をなめらかにして、ふわふわとした肌触りになるような成分が配合されている。洗濯で水に濡れた衣類の繊維はマイナスの電気を帯びている。柔軟剤は陽イオン界面活性剤が入っているため、洗濯後にくわえることでマイナスの電気とプラスの電気が引き合うことになる。その結果、繊維1本1本にまで柔軟剤が行き渡り、ふわふわと柔らかい仕上がりになるのだ。

柔軟剤が繊維をコーティングするような形になるので、繊維同士がくっついて固くなることもない。

2. ふわふわ重視!柔軟剤の上手な選び方

柔軟剤を選ぶときは、次の3つのポイントに注目しよう。ふわふわな仕上がりを目指すのはもちろんだが、これらを押さえておくことで、より好みに近い仕上がりにできる。

好みの香りで選ぶ

柔軟剤は、フローラル系やソープ系、香水のような品のある香りなど、さまざまな香りがある。自分好みの香り、もしくは家族好みの香りを選ぼう。毎日使う衣類やタオルに付く香りなので、心地よいと感じるものの方がよい気分で過ごせる。

ただし、香りのきついものは周囲に悪い印象を与えることもあるため気を付けよう。男性の場合、ソープ系やシトラス系の香りが人気が高い傾向にある。

「香りが強いのが苦手」「香水をつけたいので柔軟剤の香りをなるべくおさえたい」などの場合は、無香料の商品を選ぶのがおすすめだ。

消臭・抗菌効果があるものを選ぶ

ふわふわとした肌触りでも、嫌なにおいがすると不快な思いをするだろう。そのため、なるべく消臭・抗菌効果のあるものを選びたい。汗やタバコのにおいを消したり、生乾きによる雑菌の繁殖を防いだりしてくれる。

そのほかにも、柔軟剤によっては静電気を予防したり、繊維のダメージを防いだりする効果がある。自身が求めている効果のものを見つけてほしい。

肌に優しい成分のものを選ぶ

衣類やタオルなどはとくに、直接肌に触れるものである。ふわふわに仕上がるだけでなく、なるべく肌に優しい成分のものを選ぶのが望ましい。無添加・無着色など刺激の弱いものは、赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使える。

3. 柔軟剤でふわふわにならない場合の原因

中には「柔軟剤を使っているのにふわふわにならない」と疑問に感じている方もいるだろう。しかし、それは商品が悪いのではなく、洗い方に原因があるのかもしれない。

ここでは、その原因を3つ紹介する。無意識のうちにやってしまっていないか確認してほしい。

柔軟剤の使用量を守っていない

もっとふわふわにしたいからといって、柔軟剤を規定量より多く入れるのは避けよう。香りが強くなりすぎたり、ふわふわ感が失われたりする原因になる。パッケージの裏には、水量に対しての柔軟剤の使用量の目安が書かれているので、必ず使用量を守ってほしい。

柔軟剤を入れるタイミングが間違っている

洗濯洗剤と柔軟剤を入れる場所が分かれている洗濯機を使っている場合は、自動で入れるタイミングを調節してくれるので問題ない。しかし、手動で柔軟剤を入れたり洗濯物を手洗いしたりする場合、入れるタイミングを間違えると柔軟剤の効果が失われてしまうのだ。

洗濯洗剤には、陰イオン界面活性剤が入っていることが多い。洗濯洗剤と柔軟剤を一緒に入れると、陰イオン界面活性剤と陽イオン界面活性剤が中和され、どちらの効果も失ってしまう。また、最初のすすぎのときに入れても、残った微量の洗濯洗剤と柔軟剤が合わさって中和される。

そのため、手動で柔軟剤を入れるときは、最後のすすぎのときに入れよう。洗濯物に柔軟剤の効果を残すためにも、ふわふわ感を出すためにも忘れてはいけない。

すすぎが少ない

洗濯をする際にすすぎが少ないと、繊維に洗濯洗剤が残ってしまいやすい。洗濯洗剤が残っていると、柔軟剤が衣類全体に行き渡るのを邪魔して、繊維が立ちあがりにくくなるのだ。その結果、ふわふわではなくごわごわとしたような肌触りになってしまう。

最近ではすすぎ1回で済む洗濯洗剤も販売されているが、柔軟剤のふわふわ感を大切にしたいなら、すすぎをきちんと行おう。洗濯洗剤の溶け残りがないように、使用量を確認するのも重要である。

4. 最強のふわふわ!おすすめの人気柔軟剤4選

ふわふわな仕上がりがたまらない、おすすめの柔軟剤を4つ紹介する。香りが付いたものと成分にこだわったものを2つずつ紹介しているため、自身の好みのものがないか探してみてほしい。

花王「ハミングファイン ヨーロピアンジャスミンソープの香り」

ふわふわと柔らかい仕上がりになる柔軟剤だ。衣類の通気性を高める効果があるため、汗をかきやすくてムレやにおいが気になる方におすすめである。ジャスミンやホワイトフローラル、ピーチなどがブレンドされており、心がなごむような香りが続く。

NSファーファ・ジャパン「ファーファ ファインフレグランス ボンコンジェ モーニングシトラスの香り」

繊維の1本1本まで包み込んでくれ、なめらかで上質な肌触りになる柔軟剤である。即効性・持続性のある2つの抗菌成分が配合されているため、よい香りがするだけでなく嫌なにおいからも守ってくれる。

花王「ハミング リンネ プレミアム仕上げの柔軟剤」

この柔軟剤は、思わず顔をうずめたくなるほどのふわふわ感と弾力を与えてくれる。極上の肌触りを体験できるだろう。無香性であり、天然由来の成分が使われているので、赤ちゃんにも安心して使える。

サラヤ「ヤシノミ 柔軟剤」

無香料・無着色の柔軟剤だ。ヤシノミ由来の柔軟成分が配合されており、ふわふわ感がありながら肌への摩擦を抑えてくれるのが特徴である。静電気によるパチパチ感を防いでくれるのも嬉しい。

結論

柔軟剤には繊維をなめらかな肌触りにする成分が配合されているが、洗濯物がふわふわになるのは、陽イオン界面活性剤の働きによるものである。もし柔軟剤を入れてもふわふわにならない場合は、すすぎをきちんと行い、使用量を守ることを意識してみてほしい。また、ふわふわになる柔軟剤を選ぶ際は、香りや効果にも注目してみよう。どの商品を選べばよいか迷った場合は、今回紹介したものを検討してみてはいかがだろうか。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ