このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯にクエン酸を使おう!洗濯方法や注意点を徹底解説!

洗濯にクエン酸を使おう!洗濯方法や注意点を徹底解説!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年12月11日

掃除に活躍するクエン酸が洗濯にも使えるのはご存じだろうか。今回は、洗濯にクエン酸を使う効果や洗濯方法、注意点を解説する。また、洗濯以外でも使う方法を紹介するので、洗濯以外の使い道を知りたい方はぜひ参考にしてほしい。万能なクエン酸で、衣類をキレイに洗濯してみてはいかがだろうか。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クエン酸を洗濯に使う効果とは

クエン酸を洗濯に使うとどのような効果があるのだろうか。
衣類を洗濯する際にクエン酸を使うと、衣類についたツンとした嫌なにおいを消す効果がある。また、洗濯物がふわふわになる柔軟剤のような効果がある。アルカリ性なので、弱アルカリ性の洗剤で洗った洗濯物と中和することによって衣類がふわふわに仕上がるのだ。
クエン酸はどこでも販売されているうえに安価で購入できるので、ぜひ洗濯に取り入れてほしい。

2. クエン酸を活用した洗濯方法

ここでは、クエン酸を使った洗濯の方法を使い方別に解説する。クエン酸を洗剤や柔軟剤の代用品として使ってみよう。

洗剤の代わり

  • 水10L:クエン酸10gの割合になるように洗濯機に水をためる
  • 衣類を入れて洗濯からすすぎまで行う
  • 洗濯が終わった衣類を干す

柔軟剤の代わり

  • 通常通りに洗濯を「洗い」まで行い、「すすぎ」で一時停止する
  • クエン酸(水30Lに対してクエン酸1g)を洗濯機に入れる
  • すすぎから最後まで行う
  • 脱水まで終えたら衣類を干す

つけ置き

  • 桶に水(水またはぬるま湯200mL:クエン酸小さじ1)を入れる
  • 桶に衣類を入れてつけ置きする
  • 桶の中の水をすべて流し、洗濯機に衣類を入れる
  • 30秒脱水をかける
  • 脱水後、すぐに干す

3. クエン酸を洗濯に利用するときの注意点

クエン酸はほかの物質と化学反応を起こして、人体によくない影響が出てしまうことがある。ここでは、クエン酸を洗濯に使用する際の注意点を解説する。

塩素系漂白剤と一緒に使わない

塩素系漂白剤と合わさることで、人体に有毒なガスが発生してしまう。使用する際には、塩素系漂白剤と一緒に使用しないことを厳守してほしい。

洗濯時に洗剤と同時に使用しない

一般的な洗剤は弱アルカリ性なのでアルカリ性であるクエン酸と同時に使用することで、洗浄効果を打ち消してしまうことになる。洗濯の際には、どちらかのみを使用するように留意してほしい。

4. クエン酸は洗濯以外でも大活躍

洗濯に役立つクエン酸は、洗濯以外でも使える。ここでは、洗濯以外でのクエン酸の使用方法を解説する。

掃除での使い方

クエン酸は、水垢やアンモニア、タバコのヤニを除去するのに適している。においを消す効果のほか除菌効果もあるので、キレイに掃除をしながら除菌できるのだ。掃除に使うには、クエン酸スプレーを作るとよいだろう。水500mLに対して小さじ2杯のクエン酸を混ぜてスプレーボトルに入れると出来上がりだ。
汚れの箇所に吹きかけて、スポンジやタオルで拭き取ると汚れやにおいを簡単に落とすことができる。

結論

洗濯にクエン酸を使うと、衣類のにおいを取り除いたりふんわり仕上げたりできる。使い方も簡単なので、ぜひ自身でも取り入れてみてほしい。また、塩素系漂白剤や洗剤と一緒に使用することは避けてほしい。安価で購入でき掃除にも使えるので、家に1袋常備しておくとよいだろう。
  • 更新日:

    2020年12月11日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ