このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯頻度の目安とは?まとめて洗濯するメリットとデメリットを解説!

洗濯頻度の目安とは?まとめて洗濯するメリットとデメリットを解説!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年12月14日

生活に欠かせない洗濯は、どのくらいの頻度でするものなのだろうか。そんな悩みを抱えている方に向けて今回は、洗濯頻度の目安やまとめて洗濯するメリットとデメリットを解説する。また、高頻度で洗濯すべきものや低頻度の洗濯でいいものも紹介するので、洗濯する際の参考にするとよいだろう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一人暮らしの洗濯の頻度はどれくらい?

一般的な洗濯頻度は、一緒に生活する人数によって異なる。ここでは、一人暮らしやファミリー世帯の一般的な頻度を紹介する。

一人暮らし

一人暮らしの場合洗濯物が少ない傾向にあるが、長期間洗濯せずにいるとさまざまな衣類のトラブルが発生してくるので週に2〜3回が一般的な洗濯頻度になる。また、夜遅くに帰宅することが多い方は週末にまとめて1回で洗濯することもある。

ファミリー世帯

家族の人数が増えるほど衣類の量が多くなるので、洗濯頻度も上がるだろう。ファミリー層の一般的な洗濯頻度は毎日か週に2〜3回である。人数が多い家庭では毎日洗濯することが多いようだ。

2. 高頻度で洗濯すべきものは?

衣類は使用目的によって洗濯頻度が異なってくる。ここでは、高頻度で洗濯すべきものを紹介する。

ワイシャツや作業着

仕事で着用する衣類は高頻度で洗濯すべき衣類だ。ワイシャツや作業着は汗などを吸収することが多いので、着用したらその都度洗濯することを心がけてほしい。

赤ちゃんや子ども用の衣類

新陳代謝が盛んな赤ちゃんや子どもは大量の汗をかく。また、食べこぼしなども多いためダニや雑菌が繁殖しやすくなってしまうので毎日洗濯しよう。

下着、靴下など

肌に直接触れる下着や靴下は汗や皮脂がつきやすい。そのままにしておくと雑菌やダニの温床となってしまうので、着用のたびに洗濯してほしい。

3. 低頻度の洗濯でいいものは?

洗濯するべきもののなかには、低頻度の洗濯でよいものもある。ここでは、低頻度で洗濯するものを紹介する。

布団カバーや枕カバー、マット

寝具は汗や皮脂によってダニの温床になりやすいので、1週間に1回を目安に洗濯するとよいだろう。週末にまとめて洗濯するのがおすすめだ。

部屋着やパジャマ

室内でのみ着用する部屋着やパジャマは、週に1回程度の低頻度の洗濯でよい。寝具類と同様に、週末にまとめて洗濯するとよいだろう。

おしゃれ着

ニットやウール、シルクなどのおしゃれ着は繊細な素材でできているので、高頻度で洗濯すると素材を傷めてしまうことがある。おしゃれ着は低頻度で洗濯して素材を傷めないようにしたい。

4. 頻度を減らしてまとめて洗濯するメリットとデメリット

洗濯頻度を減らすと手間がかからず楽であろう。ここでは、洗濯頻度を減らしてまとめて洗濯するメリットやデメリットを紹介する。洗濯頻度を減らすメリットやデメリットを理解して、まとめて洗濯するかの判断をしてほしい。

メリット

  • 水道代が節約できる
  • 週に何度も洗濯する手間が省ける
  • 時間の節約になる

デメリット

  • 雑菌が繁殖しやすくなり臭いが気になる
  • 洗濯物の量が多くなり、乾かす際に洗濯物同士の間隔が狭くなるので生乾きの原因になる

結論

一般的な一人暮らしの方の洗濯頻度は週に2〜3回で、ファミリー層は毎日もしくは週に2〜3日である。仕事着や下着、赤ちゃんや子どもの衣類は着用するたびに洗濯するように心がけてほしい。また、寝具やパジャマ、おしゃれ着は低頻度の洗濯でよい。
  • 更新日:

    2020年12月14日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ