このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機のアタッチメントは種類が多い!使いこなす方法と収納アイテム

掃除機のアタッチメントは種類が多い!使いこなす方法と収納アイテム

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2020年12月12日

掃除機のアタッチメントを交換すれば、いろいろな場所を掃除できる。アタッチメントの形状や用途はそれぞれ異なり、使いこなせば掃除が快適になるだろう。この記事では掃除機のアタッチメントの種類について紹介する。使い方やおすすめの収納法など、役立つ知識と併せてまとめた。

  

1. 掃除機のアタッチメントの種類

掃除機のアタッチメントにはいろいろな種類がある。基本的なアタッチメントについて、あらかじめチェックしておこう。

布団専用ノズル

布団のホコリやダニを吸い出すために使用するノズルだ。布団を叩いてホコリやダニを表面に浮かしたり、布団や布製品に適した形状になっていたりと、工夫されている商品が多い。

ミニ(小型)ヘッド

通常のヘッドよりもコンパクトなので細かい場所の掃除がしやすい。モーターで回転するタイプなら、より高い掃除効果を実感できるだろう。

隙間ノズル

細長く先端が斜めにカットされているアタッチメントだ。一点に集中して吸い取れるので、狭い隙間の掃除に向いている。

ブラシノズル

ノズルの先端にブラシがついている。形やブラシの柔らかさはアタッチメントによって違いがあり、適した用途がそれぞれ異なるので使い分けてほしい。

延長ホース

ホースを延長して掃除できる範囲を広げるアタッチメントだ。ほかのヘッドと組み合わせて使用するのが一般的で、手が届きにくい場所の掃除に役立つ。

ユニークなアタッチメントも

独自のアタッチメントを用意しているメーカーは多い。マキタの「サイクロンアタッチメント」は紙パック式の掃除機がサイクロン式になり、ダイソンの「ペットグルーミングツール」は、ブラシのように使用して犬や猫の抜け毛を吸い取れる。

山善の、音を軽減できる「ピアニッ吸いモ」や、椅子の足の間が掃除しやすい「吸うイング」もユニークだ。ご家庭の掃除機に対応しているアタッチメントの中から、用途に合った商品を選ぼう。

2. 掃除機のアタッチメントの使い方

掃除機のアタッチメントを使い分ければ、さまざまな場所をキレイに掃除できるだろう。アタッチメントごとに、掃除に向いている場所と使い方を紹介する。

布団専用ノズル

布団やマットレス、ベッドなどの寝具、クッションや布製ソファーに使用する。布団専用ノズルに付け替えたら、裏側と表側にゆっくりとかけていこう。布団1枚につき5~10分ほど掃除機をかければ、ホコリやダニをキレイに除去できる。

ミニ(小型)ヘッド

ソファーや車のシートなど狭い場所の掃除におすすめのアタッチメントだ。布製品の掃除に適しており、付着した髪の毛やゴミもスッキリと除去できるだろう。

隙間ノズル

家具の隙間やドアの溝にたまったホコリや汚れに高い効果を発揮する。掃除機の隙間ノズルを隙間に差し込んだら、少しずつ動かして汚れを掃除してほしい。

ブラシノズル

固いタイプのブラシは頑固な汚れ掃除に活用しよう。玄関やマットに付着した泥汚れをこすりながら落とせる。柔らかいタイプのブラシはデリケートな素材に適しており、家電やパソコンのキーボードの掃除におすすめだ。

延長ホース

車のシートの下や足元、家具の間など狭く複雑な場所の掃除に使用する。また、ブラシノズルと組み合わせれば、カーテンレールの上やブラインドなど、高い場所の掃除にも活用できるだろう。

3. 掃除機のアタッチメントの上手な収納方法

掃除機のアタッチメントが増えると、スッキリと収納するのが難しくなる。収納のコツと方法について詳しく解説しよう。

掃除機と一緒に収納する

掃除機とアタッチメントを別々に収納すると出し入れが面倒だ。必要なときにサッと付け替えられるように、まとめて収納しておこう。

使いやすく収納したいならアイテムを活用するのがおすすめだ。アタッチメントだけ収納ボックスに入れて、掃除機の近くに置いておけばすぐ取り出せる。

掃除機スタンドが便利

スティッククリーナーには立てて収納できる専用のスタンドを活用しよう。アタッチメントを一緒に収納できるタイプの商品なら、使いやすくまとめて収納できる。

ただし、収納できるアタッチメントの数は商品によって異なるため、すべてがスッキリと収まるスタンドを選ぼう。ダイソンなどメーカー公式から発売しているのスタンドもあるので、ぜひチェックしてほしい。

掃除機収納庫をチェック

収納力を重視する場合は掃除機収納庫がおすすめだ。扉付きタイプなら、キャニスター式の掃除機やスティッククリーナーを隠して収納できる。

棚がついているタイプも多いので、アタッチメントやその他の掃除道具もまとめて整理できるだろう。スティッククリーナー用とキャニスター式があるため、自宅の掃除機に合った商品を選んでほしい。

結論

掃除機のアタッチメントにはさまざまな種類がある。形状や使い方はそれぞれ違うので、用途によって使い分けよう。独自のアタッチメントを用意しているメーカーもあるため、そちらもぜひチェックしてほしい。また、掃除機とアタッチメントは一緒に収納すれば使いやすい。掃除機スタンドや掃除機収納庫などのアイテムを使って、スッキリと収納しよう。
  • 更新日:

    2020年12月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング