このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機がけは何時から何時まで?かけていい時間帯と騒音を抑えるコツ

掃除機がけは何時から何時まで?かけていい時間帯と騒音を抑えるコツ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2020年12月13日

掃除機をかけるときに気になるのが騒音だ。時間帯によっては近所迷惑になるため、何時からかけてよいのかについてチェックしておこう。この記事では掃除機をかける時間帯について紹介する。一般的な方の意見や騒音対策についても紹介するので、トラブル防止のために役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除機は何時から何時までならかけていいの?

家を清潔に保つためのお助け家電である掃除機だが、気になるのは使用の際の音だ。トラブルを避けるために、何時から何時までならかけてよいのか、一般的なルールをチェックしておこう。

騒音トラブルに注意

掃除機をかける音が大きいと隣の家や部屋まで聞こえる可能性がある。夜に人が寝ている時間帯に使用すれば、睡眠妨害になるだろう。自分では大した音ではないと思っていても、周囲からすれば騒音だったというケースは多い。

迷惑をかけるのはもちろん、ご近所トラブルに発展する可能性もあるだろう。何時から何時までなら問題なく掃除機がかけられるのか、確認しておくと安心だ。

朝8時から夜8時までならOK

掃除機をかける時間帯は、一般的に朝8時から夜8時であれば問題ないだろう。朝8時は一般的に仕事が始まる時間であり、夜8時までなら寝ている方も少ないといえる。この時間帯なら近隣住民の睡眠を邪魔するリスクが少ない。

ただし、集合住宅や自治体によってルールが定められていることもあるので、何時から何時までかけられるのか確認しておくと安心だ。仕事が遅くなったなどで時間内にかけられない場合は、諦めて次の日にするか他の掃除道具を使おう。

静かにかける努力をする

朝8時から夜8時までの間でも、大きな音を出すのは避けたほうがよいだろう。とくに吸引力が高い掃除機は音が大きい傾向があるので、かけるときには注意が必要だ。

特に集合住宅は一軒家よりも音が聞こえやすい。赤ちゃんがいたり夜勤で働いている方がいたりするご家庭があれば、昼間にかけても迷惑になる可能性がある。時間帯にかかわらず、なるべく静かに掃除機をかける習慣をつけてほしい。

2. 掃除機を何時からかけるかは住宅環境や生活スタイルによって異なる

お住まいの住宅環境や生活スタイルによっても、掃除機を何時からかけるべきかは異なってくる。以下で紹介する3つのポイントに注目して、何時から何時までの間に掃除機をかけるべきかを判断してほしい。

一戸建てと集合住宅

一戸建ての場合は音が聞こえづらいため、あまり時間を気にしすぎなくてもよいだろう。深夜など非常識な時間帯でなければ、時間に余裕があるときに掃除機がけをすれば問題ないはずだ。一方でマンションやアパートなどの集合住宅は隣の部屋や下の階に音が響きやすいため、掃除機をかける時間帯は慎重に決めてほしい。

ただし、家や周辺の環境はそれぞれ異なる。隣の家と密接した一戸建てや、防音がしっかりした集合住宅もあるだろう。生活音が近所にどれくらい聞こえるかで、何時から何時まで掃除機をかけるかを考えてほしい。

周囲の生活スタイルに合わせる

周囲の生活スタイルに合わせて掃除機をかけることで騒音トラブルを防げる。ご近所が掃除機をかけている時間帯がわかれば、何時から何時までにかけるべきなのか決めやすい。

受験生がいるなら学校へ行っている時間にかける、小さなお子さんがいるならお昼寝の時間を避けるなど、気遣いをすることで騒音トラブルは回避しやすくなるだろう。ご近所の事情を考えたうえで掃除機をかけるのがおすすめだ。

一人暮らしや共働きは休日にかける?

一人暮らしや共働きのご家庭の場合は掃除機をかけられる時間が限られる。仕事がある平日だと、朝8時から夜8時の間にかけるのが難しいケースもあるだろう。

一人暮らしや共働きなどで自宅にいる時間が少ない場合は汚れはたまりにくい。平日の掃除は音がでない掃除道具を使用して、時間が自由に使える休日に掃除機をかけるのがよいだろう。

3. 何時から掃除機をかけても安心!騒音を抑えるコツ

何時から何時までの間に掃除機をかければいいのかを解説してきたが、どうしても夜の時間帯にしか掃除機をかける暇がないという方もいるだろう。そこで、ここでは掃除機の音を抑えるコツを紹介する。4つの方法を実践すれば騒音トラブルを予防できる。

静音掃除機を選ぶ

音の大きさは掃除機によって異なる。静音タイプの掃除機も販売しているので、静かに掃除をしたいなら購入を検討しよう。普通の会話程度である60dB(デシベル)以下であれば、騒音になりにくい。小型のスティッククリーナーはキャニスター式より音が静かな傾向があるので、日常の掃除に役立てよう。

かけ方に気をつける

掃除機が壁や家具に当たると音がでるので注意が必要だ。滑らせるように丁寧にかけて、ぶつけないようゆっくりと動かそう。ノズルやコードが床に当たると下の階に響くので、なるべく持ち上げないようにかけるのがポイントだ。

フロアワイパーと使い分ける

電源を使用しないフロアワイパーなら大きな音は出ない。何時から使えるのか気にしなくてよいので、夜にしか掃除できないご家庭にもおすすめだ。ゴミやホコリを見つけたときにサッと使用できるため、食べカスやペットの抜け毛対策にも活躍する。平日はフロアワイパー、休日は掃除機というように使い分けてもよいだろう。

ロボット掃除機がおすすめ

ロボット掃除機なら家にいないときでも掃除機がかけられる。何時から掃除をするか予約できるため、ご近所の迷惑にならない時間帯を選べるだろう。スマホで操作できたり落下防止センサーがついていたりと、高機能なタイプのロボット掃除機もあるので、ぜひチェックしてほしい。

結論

掃除機を何時から何時までにかければよいのかを解説した。睡眠を邪魔しない朝8時から夜8時までの間なら、掃除機をかけても問題ないだろう。ただし、住宅の事情やご近所の生活スタイルはそれぞれ異なることや、仕事などでかけられないケースもある。周囲に迷惑をかけないように時間帯を考えつつ、休日にかけるなどの工夫も必要だ。静音掃除機やフロアワイパーを使うなど、騒音を抑えるコツもぜひ実践してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ