このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯水栓の開けっ放しは駄目?ストッパー付き洗濯水栓に交換するには

洗濯水栓の開けっ放しは駄目?ストッパー付き洗濯水栓に交換するには

投稿者:ライター 吉田ひとみ (よしだひとみ)

2020年12月25日

洗濯をするたびに洗濯機用の水栓の開閉をしているだろうか?洗濯水栓を開けっ放しにしていると、水漏れする恐れがある。この記事を読めば、洗濯水栓を開けっ放しにしてはいけない理由が分かるはずだ。また洗濯水栓には、万が一ホースが外れた際に水が出ないようになっているストッパー付きのものなど、さまざまな種類がある。洗濯水栓の種類と自分で洗濯水栓を交換する方法も紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯水栓の開けっ放しは水漏れの危険性がある

洗濯水栓を開けっ放しにしておけば、ボタン操作のみで洗濯できる。しかし、洗濯機の取扱説明書に「運転終了後は必ず洗濯水栓を閉じる」と記載されていることは知っているだろうか。

洗濯水栓を開けっ放しにしていても、洗濯をしていないときは水が出ていないように見える。しかし、それは洗濯機側の電磁弁が水の流出を押さえているだけで、実際は洗濯水栓からホースまでの間で水が流れ続けている。

もし、水が流れ続けている状態で吸水ホースが洗濯水栓や洗濯機から外れたら、水漏れが発生して床が水浸しになったり、家具などをぬらしたりする恐れがある。洗濯機を使っていないときは、必ず洗濯水栓を閉めよう。

2. 洗濯水栓の種類

洗濯水栓にはさまざまな種類がある。どのような洗濯水栓があるのか見てみよう。

露出タイプ

壁側から洗濯水栓が飛び出しているタイプだ。「万能ホーム水栓」は、築年数の古い住宅で使用されていることが多い。万能ホーム水栓に吸水ホースを取り付ける場合は、その水栓に適したニップルを取り付けるか、ニップル付きの吸水ホースを用意する必要がある。

最新の洗濯機にはワンタッチで取り付けられるホースが使われていることがあるが、万能ホーム水栓に対応していないことがあるので気を付けよう。

最近増えているのが「洗濯機用ワンタッチ水栓」だ。洗濯機専用の水栓のため、部品や道具を使うことなくホースを取り付けられる。

埋め込みタイプ

新築物件で増えているのが、埋め込みタイプだ。洗濯水栓が壁内に埋め込まれるため、洗濯機や乾燥機を設置する際に洗濯水栓が邪魔になることを防げる。有効空間が広がるだけでなく、見た目がすっきりするというメリットもある。

ストッパー付きの洗濯水栓もある

洗濯水栓の中には止水栓が付いているものもある。給水ホースが外れてしまったときに、水が自動的に止まる仕組みになっているため水漏れを防いでくれる。

3. ストッパー付き洗濯水栓への交換DIY

ストッパー付き洗濯水栓への交換は自分でできる。交換手順を紹介する。

1.水道の元栓を閉める

洗濯水栓を交換する場合は、必ず水道の元栓を閉めてから行う。

2.給水ホースを引き抜く

洗濯水栓に給水ホースが固定されている場合は、手でストッパーを押さえながらホースを引き抜く。水が漏れることがあるため、タオルで押さえながら行う。

3.現状の洗濯水栓を取り外す

洗濯水栓をゆっくりと反時計回りに回して取り外す。固くて回らない場合は、ウォーターポンププライヤーや、水栓レンチなどの道具を使おう。水が漏れることがあるため、この作業もタオルで押さえながら行う。

4.配管内を掃除する

洗濯水栓を取り外した配管には、シールテープの残骸や水垢などが付着している。歯ブラシなどを使って、汚れをしっかり取り除こう。

5.新しい洗濯水栓を何回転で取り付けられるか確認する

新しい洗濯水栓を時計回りに回して配管に取り付ける。何回転で取り付けられるか数えておこう。確認できたら洗濯水栓を取り外しておく。

6.シールテープを巻く

配管と洗濯水栓を密着させるために、洗濯水栓のネジ部分にシールテープを5~6回巻く。巻き終わったらシールテープを引っ張ってちぎり、指で押さえてなじませておく。

7.新しい洗濯水栓を取り付ける

5.で数えた回転数になるように、時計回りに回しながら新しい洗濯水栓を取り付ける。逆に回すと水漏れの原因となるため、反時計回りに回してしまった場合はシールテープを巻き直してから取り付けよう。

8.水漏れがないことを確認する

洗濯水栓の取り付けが終わったら、洗濯水栓が閉まっていることを確認してから水道の元栓を少しずつ開ける。少しでも水漏れがあった場合は最初からやり直す。

最後に洗濯水栓をひねって水を出し、水漏れがないことを確認できれば完了だ。

結論

洗濯水栓を開けっ放しにしていると、万が一吸水ホースが外れたときに水漏れが発生する恐れがある。洗濯機を使い終わったら、毎回洗濯水栓を閉めるようにしよう。洗濯水栓にはさまざまな種類があり、中には吸水ホースが外れたときに水漏れを防いでくれるものもある。ストッパー付き洗濯水栓への交換は自分でできる。交換することで水漏れのリスクを減らせるため、記事で紹介した方法を参考にして挑戦してほしい。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ