このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピンチハンガーはどう収納する?生活感を隠す4つのアイテムを紹介!

ピンチハンガーはどう収納する?生活感を隠す4つのアイテムを紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2021年1月 2日

ピンチハンガーは、より多くの衣類を一度に干すことができる便利なアイテムである。しかしピンチハンガーにはたくさんの洗濯ばさみがついているので、絡まってしまい収納に困ることはないだろうか。ここでは、4つのアイテムを使ったピンチハンガーの収納方法を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピンチハンガーのしまう収納事例【ブックエンド】

ピンチハンガーを上手に収納するのにブックエンドを活用してみてはいかがだろうか。ここでは、ブックエンドを使ったピンチハンガーの収納方法を紹介する。
ブックエンドは本が倒れないように支えるためのアイテムだ。ピンチハンガーを収納しておきたい場所に連結タイプのブックエンドを置いて、立てかけるようにして収納する。
1つの仕切りに対して1つのアイテムといった具合に収納することで、ピンチハンガー同士が絡まらずに上手に収納できる。

2. ピンチハンガーのしまう収納事例【100均グッズ】

ピンチハンガーを収納するには100均グッズを活用するのもおすすめだ。低価格な100均グッズは手軽に購入できるアイテムなので、自身でも取り入れやすいだろう。100均グッズを上手に使って収納上手を目指そう!

ファイルボックス

書類などを整理する際に使うことが多いアイテムだが、ピンチハンガーを収納することもできる優れものだ。見た目をスッキリさせられるほか、簡単に移動させることができたり、収納時以外は折りたたんでコンパクトにしたりもできるのでおすすめだ。

ランドリーバッグ

ビニール製のランドリーバッグを用いるのも1つの方法だ。ランドリーバッグはピンチハンガーがすっぽり入る大きさなので、生活感が出にくい点が魅力である。底と仕切りにプラスチック段ボールを使うと、よりしっかりとした収納グッズになる。

3. ピンチハンガーの見せる収納事例【マグネットハンガー】

マグネットハンガーを使って、デッドスペースにピンチハンガーを収納するのはいかがだろうか。
マグネットハンガーは洗濯機の脇などのマグネットが取り付けられるところに設置が可能だ。マグネットハンガーにはピンチハンガーなどを吊るしておくことができるバーが付いているので、そこにピンチハンガーをかけて収納しておくとよい。
洗濯機の脇のデッドスペースを有効に活用しつつ、吊るすかたちで収納しておくことができる。

4. ピンチハンガーの見せる収納事例【キッチンワイヤー】

キッチンワイヤーを使うことで、ピンチハンガーを上手に壁面に収納できる。最後に、キッチンワイヤーを使ったピンチハンガーの収納方法を紹介しよう。
キッチンワイヤーは網状になっているアイテムである。キッチンワイヤーを壁面に設置してフックを取り付ける。そこにピンチハンガーをかけて収納すると、壁面に収納できる。
また、上の棚に引っかけて使うバー状のキッチンワイヤーもある。このアイテムは、洗濯機の近くにある棚に本体を引っかけて、バーの部分に吊るすかたちで収納するとよい。

結論

ピンチハンガーは、上手に収納しないと生活感が丸出しになってしまったり、使いたいときに取り出しづらかったりする。紹介した4つのアイテムを使ってピンチハンガーをスッキリとキレイに収納してみるのはいかがだろうか。どのアイテムも手軽に購入できるものばかりなので、自身でも取り入れてみてほしい。それぞれのアイテムを使って上手に収納しよう!
  • 更新日:

    2021年1月 2日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ