このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機の引き取り処分の方法とは?4つの方法を紹介!

掃除機の引き取り処分の方法とは?4つの方法を紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2021年1月18日

掃除機が壊れたり寿命を迎えたときは処分することになる。滅多にないことなので処分方法に悩む方もいるだろう。今回は、掃除機の引き取り処分方法を4つ紹介する。掃除機の処分を検討している方はこの記事を参考にしてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除機の引き取り処分方法【粗大ごみとして処分する】

掃除機の処分方法としてまず頭に浮かぶのが粗大ゴミとして処分する方法だ。ここでは、粗大ゴミとして掃除機を引き取り処分する方法のメリットやデメリットを解説する。
粗大ごみとして処分するには自治体の粗大ゴミ処理券を購入して掃除機に貼り付け、自治体から指定されている場所に置くというものだ。こうすることで粗大ゴミとして引き取りしてもらうことができる。手数料は各自治体によって異なるが、300〜500円が相場となる。

メリット

・コンビニで粗大ゴミ処理券を購入できる自治体もあるので買い物ついでに購入できる

デメリット

・引き取り処分にお金がかかる
・粗大ゴミ処理券を買いに行く手間がかかる

2. 掃除機の引き取り処分方法【家電量販店での引き取り】

掃除機を購入する際、家電量販で購入する場合が多いだろう。このときに今まで使っていた掃除機を家電量販店で引き取りしてくれることがある。なかには下取りキャンペーンを行っている家電量販店もある。下取りとは新たに商品を購入し今まで使っていた家電を引き取りすることを条件に、店舗独自のポイントがついたり、購入する商品の金額を割引したりするシステムだ。
ただし、家電量販店ごとに下取りに関する細かい条件があるので注意してほしい。

メリット

・下取りに出すことでお得に新しい掃除機が購入できる場合がある

デメリット

・引き取りの際に、掃除機を家電量販店まで持ち込むので手間がかかる

3. 掃除機の引き取り処分方法【リサイクルショップでの買取り】

さまざまなアイテムを取り扱っているリサイクルショップをご存知だろうか。ここでは、リサイクルショップで掃除機の引き取りをしてもらう方法を紹介する。
お店に掃除機を持参して、その場で査定してもらい代金と引き換えに掃除機を引き取りしてもらうのが一連の流れだ。
買取の相場は掃除機の種類によって異なる。また、掃除機の製造年数やキズの有無、ブランドや付属品の有無によっても金額が変動する。
・サイクロン式(10,000〜47,000円)
・ロボット式(10,000〜50,000円)
・紙パック式(0〜2,000円)

高く売るコツ

新しい掃除機ほど高く売れる傾向にあるので、リサイクルショップに出すのであれば早めに出すのがコツだ。また、製造年数から5年以上経過してしまっている掃除機はリサイクスショップでの引き取りができない場合もあるので注意したい。
また、掃除機にキズや凹みがあると査定金額が落ちてしまいやすいので掃除機にキズや凹みがつかないようにキレイに使うことをおすすめする。

4. 掃除機の引き取り処分方法【分解して一般ごみとして処分】

最後に、掃除機を分解して一般ゴミとして引き取り処分してもらう方法を紹介する。
多くの自治体が30cm以上のものを粗大ゴミとして取り扱っている。掃除機を分解する際はホースやスティックの部分を30cm以内にカットして一般ゴミとして引き取り処分に出すとよい。
金属やプラスチックのゴミとして出すことができるので分解してみてほしい。
掃除機は電化製品なので分解する際に、部品で手を切るなどの危険を伴う。分解する際は、細心の注意を払いケガのないように作業してほしい。
また、自治体によっては分解せずに不燃ゴミとして引き取りしているところもあるので、自治体に確認してみるとよい。

結論

掃除機を処分する4つの方法を紹介した。お金のかかる方法から新しい掃除機が安く購入できる方法までさまざまだ。無料で処分したい場合は、掃除機を分解して一般ゴミとして引き取りをしてもらうのがよいだろう。分解する際はケガのないように注意してほしい。
  • 更新日:

    2021年1月18日

     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ