このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リビングに子ども専用の収納場所を作る方法とは?情操教育におすすめ

リビングに子ども専用の収納場所を作る方法とは?情操教育におすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月26日

家族が集まるリビング。同時にそれは、ものが集まるということだ。とくに子どものいる家庭では、リビングはものが集まり雑然としがちで時にはストレスもたまるだろう。しかしここは、発想を転換して、教育とコミュニケーションの機会と捉え、リビングに子ども用品の収納場所を作るメリットについて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビングの子ども用品を自分で整理整頓できるスペースの確保

小学生くらいだと、子どもは自分たちの部屋にいるより家族のいるリビングでくつろぐことが多いかもしれない。親としても、目の届く範囲で安心だが、一方で学校道具やおもちゃが散らかっているのも目に付くだろう。

子ども用の収納スペースを確保

リビングに散乱する子どもの私物を見て「自分の部屋に片付けなさい」という小言ばかりでは親子の関係もぎこちなくなる。かといって放置は子どもの教育のためにもよくない。そこで子どもに、自分で整理整頓させるためのおすすめの方法は、リビングに子ども用品の定位置を確保する方法である。

うるさく小言をいって子ども部屋に私物を持っていかせたところで、子ども部屋に私物を散らかしていてはいつまで経っても整理整頓の習慣はつかないかもしれない。そうであれば、リビングという目の届くところで片付けをさせた方が、スムーズに整理整頓の習慣をつけさせられる可能性が高いだろう。

2. リビングに子どもの学用品を散乱させないおすすめの方法

いくらリビングに子ども用品の収納場所を確保しても、子どもが小学生の間、最も散乱しやすいものはおもちゃのような私物ではなく、ランドセルを含めた学用品だろう。

リビングにランドセル置き場を作る

そこで、リビングに子どもの学用品を散乱させないおすすめの方法は、ランドセルの収納場所をリビングに作ることである。リビングにランドセル置き場を設けることは、学校からの通知を確認しやすくするためにもおすすめの方法だ。

子どもによっては何度いっても学校からの通知をランドセルの中に入れたままにしてしまう場合もある。しかし、そんな場合でもリビングにランドセルがあれば、親自身がランドセルの中をこまめに確認しやすくなり、ランドセルの奥に隠れた連絡事項のプリントなど大切な通知を見落とさずに済むだろう。さらには、学校の準備を親子でしやすくなり忘れもの対策にもなる。

リビングに家族の私物は置かないというルールを作りたい場合もあるかもしれないが、子どもがまだ小さいうち、という期間限定にしてランドセル置き場を作ることは、子どもにとっての安心できる環境を作るためにもおすすめの方法である。

3. 情操教育にもなる環境づくりのコツはリビング学習

リビングにランドセル置き場を作ることは、宿題をしやすくするコツでもある。リビングにランドセルがあれば、学校から帰り少し落ち着けば自然とランドセルから宿題を取り出しやすくなるだろう。リビングのテーブルであれば、子どもは親が近くで安心だし、親も子どもに目が届く。中高生になれば、子どもは親が視界に入るのを嫌がるが、小学生くらいなら、むしろ安心して宿題ができるだろう。

親も宿題の進行具合を確認できるので、たとえゲームを始めたとしても、宿題の終わり具合が分かれば余計な小言をいわずにも済み、親の負担を軽くするコツともなる。

何かと忙しい日常、常に子ども部屋に張り付いて監視できる人はあまりいないだろうし、子どももあまりいい気はしないだろう。しかし、リビングにランドセル置き場があれば、子ども部屋よりはるかに自然に子どもの様子を見ることが可能だ。宿題が終わってからの学用品の片付け具合もよく分かる。片付けが終わった後のすっきりとしたリビングを見渡すことで、子どもは大きな達成感を得られるだろう。このような小さな成功体験の積み重ねが大きな自信にもなるコツかもしれない。

結論

リビングの子ども用品の収納について紹介したが、いかがだっただろうか。反抗期が来る前の子どもは、親と一緒にいたがることが多い。大人の好むリビングとは多少違うものになるかもしれないが、ここは教育の一環と考え、子どもと一緒になって考え、片付けることを経験するのもいいだろう。
  • 更新日:

    2021年1月26日

     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ