このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯物が臭いときはどう消臭する?簡単な消臭方法と役立つアイテム

洗濯物が臭いときはどう消臭する?簡単な消臭方法と役立つアイテム

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2021年1月 6日

洗濯したはずの衣類やタオルがなんだか臭い、と感じたことはないだろうか。部屋干しで出る生乾きのにおいや、染み込んだ汗が残っているようなにおいがするなら、重曹や酸素系漂白剤などのアイテムを使って消臭するといい。ここでは洗濯物につく嫌なにおいの原因から解説し、簡単にできる消臭方法やおすすめの消臭アイテムを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯物を消臭する前に

洗濯物を効果的に消臭するためにも、まずは嫌なにおいの原因を知っておくことが大切だ。
においの原因となるのは洗濯物に付着した雑菌だ。衣類に付着した汗や皮脂などの汚れを洗濯でしっかり落とせなかった場合、残った汚れが栄養分となり雑菌が繁殖してしまう。

また雑菌は湿度の高い環境を好むため、洗濯物が濡れたままの状態が長いと繁殖しやすい。冬場や雨天時に部屋干しする際などで洗濯物が乾くまでに時間がかかる場合や、湿度が高い梅雨や夏場はとくに注意しよう。汗をかいた衣類を洗濯カゴに入れて放置するのも、汗臭さがついてしまい洗濯しても落とせない場合がある。

洗濯槽が汚れていてにおいがつく場合も

洗濯槽の内部が汚れているのも、においの原因となる。洗濯槽には汚れやホコリ、糸くずなどがたまるため雑菌が繁殖しやすい。また水を使うため、洗濯槽にはカビが発生するおそれもある。洗濯槽の内部についた雑菌やカビなどが洗濯物に付着し、嫌なにおいをさせることもあるのだ。

嫌なにおいがする洗濯物は、重曹や酸素系漂白剤などのアイテムを使って消臭できる。次からは消臭方法を詳しく紹介しよう。

2. 洗濯物を消臭する方法

嫌なにおいの洗濯物を消臭するには、以下のような方法で洗濯するのが効果的だ。おすすめの消臭方法を3つ紹介するので、洗濯物のにおいが気になる場合はぜひ試してほしい。

酸素系漂白剤で洗濯する

漂白剤には消臭効果がある。そのため不快なにおいを落とすには、漂白剤を使って洗濯するといいだろう。ただし塩素系漂白剤を使うと色落ちする場合があるため、色物や柄物には酸素系漂白剤を使おう。

重曹で浸け置きする

重曹にも消臭効果があり、頑固なにおいがついた衣類の消臭や部屋干し臭の予防に役立つ。においが気になる衣類は重曹で浸け置きするといいだろう。洗面器やバケツに40度程度のお湯をため、小さじ1杯程度の重曹を溶かして30分から1時間ほど浸けておこう。仕上げに洗濯機で普段通り洗濯すれば完了だ。

沸騰したお湯で煮沸する

においの原因となる雑菌は熱に弱いため、消臭するには煮沸するのも効果的だ。大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したらそのまま衣服を10分ほど煮て洗うといい。最後は洗濯機で脱水しよう。しかしこの方法は洗浄力が強い一方で、衣類の繊維を傷めたり色落ちさせたりするおそれもあるため要注意だ。

3. 洗濯物の臭いを消すおすすめの消臭アイテム

最後に洗濯物の臭いをスッキリ消してくれる、おすすめの消臭アイテムを紹介する。においの原因となる雑菌の繁殖を予防するためには、普段から抗菌・防臭効果がある洗濯洗剤を使うのがおすすめだ。衣類に汗がつきやすい場合は、このタイプの洗剤を常にストックしておくのもいいだろう。ここでは洗濯洗剤をはじめ、プラスして使う消臭剤までピックアップしたので参考にしてほしい。

ライオン「トップ スーパーNANOX ニオイ専用」

独自の洗浄成分でにおいの原因となる皮脂などの汚れを落とす洗濯洗剤だ。抗菌処方で衣類を菌から守ってくれるうえ、洗濯と同時に洗濯槽の汚れも分解・除去できる。

花王「ワイドハイター クリアヒーロー 消臭ジェル」

洗剤にプラスして使う消臭剤で、汗や皮脂、生乾き臭などさまざまなにおいに効く。漂白剤無配合のため色物・柄物にも使いやすい。抗菌効果もあり安心だ。

P&G「レノア 本格消臭 Sports抗菌ビーズ」

洗剤を入れたあとにプラスで使う「消臭ビーズ」タイプ。防臭成分をコーティングし、消臭効果を長持ちさせる。水に溶けやすいため溶け残りの心配もなく、洗濯槽の防カビにも役立つ。

結論

洗ったはずの洗濯物が臭うと感じたときは、酸素系漂白剤や重曹で洗濯したり、煮沸を試したりして不快なにおいを断ち切ろう。抗菌・防臭効果のある洗剤を使って洗う、洗濯物が生乾きにならないようすばやく乾かすなどし、普段からにおいを予防することも大切だ。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ