このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯槽の掃除に塩素系クリーナーを活用!酸素系との違いと使い方とは

洗濯槽の掃除に塩素系クリーナーを活用!酸素系との違いと使い方とは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年1月10日

洗濯槽の掃除に使用するクリーナーには塩素系と酸素系がある。洗浄力や効果に違いがあるので、それぞれの特徴をチェックしておこう。この記事では、洗濯槽クリーナーを使うときに気になる塩素系と酸素系の違いや、使い分ける方法について紹介する。塩素系クリーナーを使った掃除方法やおすすめの商品も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系の違いとは?

まずは洗濯槽クリーナーについて、塩素系と酸素系の特徴を紹介する。それぞれメリットとデメリットがあるので、あらかじめチェックしておこう。

塩素系洗濯槽クリーナー

塩素系洗濯槽クリーナーの主成分は「次亜塩素酸ナトリウム」だ。強い殺菌力がありにおいの元になる雑菌や、洗濯槽の裏で繁殖する黒カビに高い効果を発揮する。掃除に手間や時間がかからず、水を使って掃除できるのもメリットだ。

しかし、ツンとした強いにおいがあり、刺激が強いといったデメリットがある。衣服や肌を傷めやすいため、取り扱いには注意が必要だ。使い方や注意点を確認してから正しい方法で使用してほしい。

酸素系洗濯槽クリーナー

酸素系洗濯槽クリーナーは「過炭酸ナトリウム」による発泡で汚れを落とす。殺菌力は塩素系洗濯槽クリーナーに劣るが、衣類や肌に優しく嫌なにおいもしないので使いやすい。小さなお子さんがいるご家庭でも、安全に掃除できるだろう。

ただし、酸素系洗濯槽クリーナーを使って掃除をする場合は、長時間のつけ置きが必要だ。お湯を使用したり、剥がれた汚れを取り除いたりする必要があるので、掃除に手間がかかる。

2. 洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系の使い分けは?

汚れの種類や目的で塩素系と酸素系のクリーナーを使い分ければ、洗濯槽をキレイに保てる。3つのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

雑菌対策には塩素系

塩素系洗濯槽クリーナーの強い殺菌効果を雑菌対策に活用しよう。湿気が多い梅雨はとくに雑菌が繁殖しやすい。カビ菌やにおいの原因となる雑菌をキレイに除去することが、部屋干しによる生乾き臭の予防につながるだろう。

ドラム式には酸素系が使えないことが多い

ドラム式洗濯機に粉タイプの酸素系洗濯槽クリーナーを使用すると、泡が吹き出す可能性がある。ドラム式に使用できない酸素系洗濯槽クリーナーは多いので注意が必要だ。あらかじめ使用できるか確認するか、塩素系洗濯クリーナー使って掃除してほしい。

一緒に使用するやり方もあり

長期間掃除をしていない洗濯槽は両方を順番に使ってキレイにしよう。酸素系洗濯槽クリーナーで汚れを剥がしたあと、塩素系洗濯槽クリーナーを使って殺菌をすれば効果がアップする。ただし、混ぜると有毒ガスが発生する可能性があるので、クリーナーの流し残しのないよう十分にゆすいでから、別々に使用するのが原則だ。

3. 塩素系クリーナーを使った洗濯槽の掃除方法

塩素系洗濯槽クリーナーを使った基本的な掃除方法について解説しよう。商品や洗濯機の種類によって詳しい方法が異なるケースがあるので、説明を読んでおくと安心だ。
  • クリーナーを洗濯槽に入れ、標準コースで最高水位に設定する
  • 汚れが酷いときは一時停止をして3時間ほどつけ置きする
  • 洗濯から脱水までの1サイクルを運転する
槽洗浄コースがある洗濯機もあるのでそちらを活用してもよい。塩素系洗濯槽クリーナーは入れる分量は商品によって違うため、あらかじめ確認しておこう。使い切りタイプを選べば、わざわざ量って入れる手間がなくなる。

また、塩素系洗濯槽クリーナーは酸性の洗剤や酢などと混ざると毒ガスが発生するので、取り扱いには注意が必要だ。1~2か月に1回くらいの頻度で塩素系洗濯槽クリーナーを使えば、キレイな状態を保てるだろう。

4. 洗濯槽掃除におすすめの塩素系クリーナー3選

おすすめの塩素系洗濯槽クリーナーを3つに厳選した。それぞれの特徴を紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

ジョンソン「洗たく槽カビキラー」

高い殺菌力が魅力の塩素系洗濯槽クリーナーだ。カビ胞子除去率の99.9%の実力があり、洗濯槽を強力に洗浄できる。入れて洗濯機をまわすだけなので使い方がわかりやすく、つけ置きすればより高い効果を発揮できるだろう。

エステー「洗浄力洗たく槽クリーナー」

つけ置きが不要で、すすぎを3分に設定しても十分な殺菌効果を実感できる。再付着防止剤の配合により、一度落ちたカビがまた付着するのを防ぐことが可能だ。さらに、くず取りネットをつけたまま使用すれば、洗濯槽と一緒に除菌ができる。

日立「日立洗濯槽クリーナーSK-1」

高い洗浄力と殺菌力が特徴の塩素系洗濯槽クリーナーだ。洗濯槽コースでつけ置きをすることで、頑固な汚れまでスッキリと除去できる。電機メーカーである日立の洗濯槽クリーナーだが、ほかのメーカーの洗濯機にも使用が可能だ。

結論

洗濯槽の掃除には塩素系洗濯槽クリーナーがおすすめだ。高い殺菌力によって、においの元になる雑菌やカビをキレイに除去できる。おすすめの商品を参考に選んで、正しい方法で使ってほしい。ただし、刺激が強いなどのデメリットもあるので、酸素系洗濯槽クリーナーと使い分けることが重要だ。汚れが酷い場合は、酸素系洗濯槽クリーナーを使ってから、塩素系洗濯槽クリーナーを使用してもよいだろう。
  • 更新日:

    2021年1月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ