このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機のノズルの上手な使い分けとは?簡単にできる自作方法も

掃除機のノズルの上手な使い分けとは?簡単にできる自作方法も

投稿者:ライター 宗形ミナ (むなかたみな)

鉛筆アイコン 2021年1月26日

掃除機には、さまざまなノズルが付属していることが多い。しかし、これらのノズルをいまいち使いこなせていない方も多いのでは?掃除機のノズルは掃除場所ごとに使い分けることが大切だ。ここでは、掃除機のノズルの上手な使い分け方を解説する。簡単にできるノズルの自作方法もあわせて紹介するため、参考にしてほしい。

  

1. 掃除機のノズルは使い分けが大切

ここでは、掃除機のノズルを使い分ける必要性を解説する。

ノズルは掃除機に装着し、より細かいところまでキレイに掃除できるようにするものだ。通常のローラーブラシでは、家具と家具の隙間などの掃除が難しいこともあるだろう。そのようなときに使うのにピッタリなのがノズルである。

ノズルといっても、先端が細いものや筒状のものなど、種類はさまざまだ。また種類ごとに、すき間用、ふとん用など用途が定められている。そのため、種類ごとの特徴を押さえて使い分ければ、さまざまな場所を効率よくキレイに掃除できるのだ。このことから、掃除機のノズルの使い分けは重要といえる。

2. 掃除機のノズルの種類

掃除機のノズルにはさまざまな種類があると説明した。ここでは、主な3つの種類を紹介する。

すき間用ノズル

細長い形状のノズルである。家具と家具のすき間やタンスの裏など、すき間の汚れをキレイに吸引できるのが特徴だ。ブラシ付きの商品もあり、こびりついた汚れを落としながらの吸引が可能となっている。

ふとん用ノズル

ふとん掃除専用のノズルだ。掃除機のヘッドのローラーが凸凹になっているのが特徴である。このノズルを使えば、ふとんについたダニの死骸、カビ、花粉などを一気にとれる。

エアブロー機能付きノズル

先端から風が吹き出すノズルだ。狭いすき間からホコリやゴミをかき出すのに便利である。そのため、エアコンや窓のサッシ掃除にピッタリだ。

上記のほかにも、掃除機にはさまざまなノズルがある。場所にあった最適なノズルで、掃除をしよう。

3. 掃除機のノズルを自作してみよう

掃除機用のノズルは、自作することも可能だ。ここでは、誰でも簡単にできるノズルの自作方法を紹介する。

1.綿棒の容器のフタ×ストローで作る方法

用意するもの
  • 綿棒の入っている容器のフタ
  • ストロー
  • ガムテープ
  • 穴をあけられるもの(キリなど)
作り方
  • 綿棒のフタにストローが通る程度の穴をあける
  • ストローの先端にガムテープを巻く
  • 1の穴のなかにストローを差す
  • ストローとフタが外れないようにガムテープで固定する
  • 掃除機からヘッドを外す
  • ヘッドがついていた部分に4を装着する
  • 掃除機から外れないようにガムテープで固定する
ストローの先がノズルの役割を果たしてくれる。簡単にできるうえに、材料も手軽に集められるものばかりであるため、一度試してみるとよいだろう。

2.ストローの束で作る方法

用意するもの
  • ストロー20本程度
  • 輪ゴム
  • ガムテープ
作り方
  • ストロー20本を輪ゴムで止める
  • 掃除機のヘッドを外す
  • 掃除機にストローの束をガムテープで固定する
2分程度でできる簡単なものであるにも関わらず、換気扇からエアコンの吹き出し口、サッシのすき間などのホコリ取りまで幅広く活用できる。ストローが大量にあるご家庭であれば、ぜひ試してみてほしい。

3.トイレットペーパーの芯で作る方法

用意するもの
  • トイレットペーパーの芯
作り方
  • トイレットペーパーの芯の一端を斜めに切る
  • 掃除機のヘッドを外す
  • 1を斜めに切った方が先端にくるように掃除機へ装着する

結論

掃除機のノズルは使い分けることによって、部屋をよりキレイな空間に保てる。種類ごとに適した掃除場所が異なるため、今回紹介したものを参考に使い分けてみるとよい。また、掃除機のノズルは自作も可能だ。掃除機に付属しているノズルではうまく掃除できなかったりり、もともとノズルがなかったりする場合は、一度試してみるとよいだろう。掃除機のノズルを使いこなして、自宅を効率よく、かつキレイに掃除しよう。
  • 更新日:

    2021年1月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ