このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
教科書の収納アイデアまとめ!おすすめのアイテムとDIYの方法とは

教科書の収納アイデアまとめ!おすすめのアイテムとDIYの方法とは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年2月14日

学年があがるごとに増える教科書をスッキリと収納するには、コツが必要だ。ちょっとしたアイデアを実践するだけで、使いやすく整理できるだろう。この記事では教科書の収納のコツとアイデアについて説明する。簡単に試せるDIYアイデアと併せてまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 教科書の収納アイデアのコツ

教科書を収納するためのコツとアイデアを紹介する。3つの方法を実践することで、使いやすい収納が実現できるだろう。

ランドセルや通学カバンの近くに収納

教科書はランドセルや通学カバンに出し入れする必要がある。違う場所にあると準備に手間がかかるので、まとめて収納するのがおすすめだ。ランドセルや通学カバンの定位置を決めたら、近くに教科書を収納する場所を用意しよう。

また、体操服や文房具など、学用品もすべてまとめてしまえばわかりやすい。専用のラックを用意したり、クローゼットに置き場所を作ったりするのもよいアイデアだ。

定位置を決める

使いやすい教科書収納にするには定位置を決めることが重要だ。教科書だけでなく教科ごとに参考書やノートも必要になるため、それらが混ざってしまうとどこに何があるのかわからなくなる。

それぞれの教科ごとに定位置を用意して出し入れしよう。小学校低学年くらいのお子さんなら、ラベルで分類すれば片付けがしやすくなる。貼ってはがせるマスキングテープならラベルにもピッタリだ。

出し入れしやすくする

出し入れに手間がかかる収納はお子さんにとっては使いにくい。とくに小さなお子さんの場合、扉や引き出しの開け閉めは片付けの妨げになる。オープンタイプの収納を使う、出し入れしやすい位置に教科書を置くなどのアイデアを実践しよう。

教科書を詰め込んでしまうと出し入れがしにくいので、ある程度の隙間を空けるのがポイントだ。使わない教科書は別の場所に移動して、よく使うものだけを取り出しやすい場所に収納しよう。教科書は学年があがるたびに増えるので、不要になったら処分することも大事だ。

2. 教科書の上手な収納アイデア事例集

教科書の収納に活用したいアイデアを4つ紹介しよう。便利なアイテムを活用することで、わかりやすく整理できる。

ファイルボックス

ファイルボックスに教書を立てて収納する。机の上に置いたり棚に並べたりと、さまざまな使い方ができるだろう。出し入れのしやすさで選ぶなら立ち上がりがないタイプがおすすめだ。ファイルボックスごとに教科を分けて分類すれば、使いやすい収納になる。

ワゴン

キャスターがついたワゴンを教科書収納に活用するアイデアだ。学習のときは机の横に、学校の準備のときにかばんの近くにというように、重い教科書も楽に移動できる。収納棚を置くスペースがないご家庭にもおすすめだ。ただし、ワゴンの耐荷重は商品によって違うので、たくさんの教科書を収納する場合はあらかじめチェックしておこう。

ファイルケース

ファイルケースに教科ごとの教科書やノートをまとめる。プリントなど紙類も一緒に収納できるため、混ざったり紛失したりといったリスクが減らせるだろう。ファイルケースは中身が見える透明のタイプがおすすめだ。背面にラベルを貼って立てて収納すれば出し入れもしやすい。

仕切りスタンド

仕切りスタンドを使って教科書を収納するアイデアだ。仕切りごとに教科を分けることができ、ブックエンドと違ってズレることもない。仕切りの幅は商品によって違うので、使いやすいタイプを選ぼう。細かく分類したいなら幅が狭いタイプ、ザックリと分類したいなら幅が広いタイプがおすすめだ。

3. 教科書収納に役立つDIYアイデア集

教科書収納に取り入れたいDIYアイデアをチェックしよう。DIY初心者でも手軽に実践できる方法ばかりなので、ぜひ試してみてほしい。

ブックカバー

表紙の色がバラバラの教科書はインテリアから浮きやすい。オリジナルのブックカバーをかけるアイデアを実践すれば、統一感がでるだろう。教科書のサイズに違いがあっても、紙で手作りすればピッタリと合わせられる。

好きな柄の包装紙を教科書より大きめに切って、高さに合わせて上下を折る。あとは左右を折りたたんで教科書の表紙を差し込もう。表紙や背表紙に教科を書けば完成だ。

カラーボックス

カラーボックスを教科書や学用品の収納棚にDIYするアイデアだ。横にしたり組み合わせたりできるので、使いやすい収納棚が手軽に作れるだろう。棚板やキャスターなど、追加できるパーツがあるカラーボックスならより手軽だ。

ファイルボックスや仕切りスタンドと組み合わせてもよいだろう。また、剥がせるリメイクシートを活用すれば、家具のカラーや柄を簡単に変えられる。カラーボックスに貼ることで、部屋のイメージにあった教科書収納になるだろう。

結論

すぐ実践できる教科書収納のアイデアを紹介した。定位置を決めて出し入れのしやすい収納にすれば、小さなお子さんでも整理できる。ファイルボックスやワゴン、ファイルケースなど、アイテムを活用してもよいだろう。また、手作りのブックカバーやカラーボックスを使ったDIYアイデアは簡単だ。オシャレな教科書収納になるのでぜひ試してみてほしい。
  • 更新日:

    2021年2月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ