このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
教科書棚の選び方とは!収納のコツとおすすめの商品まとめ

教科書棚の選び方とは!収納のコツとおすすめの商品まとめ

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年2月22日

教科書をまとめて収納するためには教科書棚がおすすめだ。ただし、教科書棚にはいろいろなタイプがあるため、年齢やご家庭によって適した商品は違うだろう。この記事では教科書棚を選ぶときのポイントについて紹介する。収納のコツやおすすめの教科書棚など、役立つ情報と併せてまとめた。

  

1. 教科書棚の上手な選び方

教科書を使いやすく収納するためには、教科書棚の選び方が重要だ。4つのポイントをチェックして、理想の商品を見つけよう。

奥行きと高さ

教科書のサイズは教科や学年によって異なる。サイズが大きい教科書もあり、教科書棚によっては収まらない可能性があるので注意が必要だ。

教科書のサイズを測って奥行きと高さが丁度よい教科書棚を選ぼう。棚板が移動できるタイプなら、自分で使いやすく調整できるので便利だ。また、奥行きがありすぎると取り出しにくくなるので、教科書よりもやや深いくらいを目安にしてほしい。

収納できる量

教科書棚を選ぶときは、どのくらいの教科書が入るのかを確認しておこう。教科書を詰め込むと出し入れがしにくくなるので、適度な隙間が必要だ。また、教科書は学年があがるごとに増える傾向があるので、収納できる量が少ないと長く使えない。

現在使っている教科書を余裕をもって収納できるくらいの収納力が理想だ。ただし、教科書棚のサイズが大きすぎると、邪魔になる可能性がある。収納できる量とサイズのバランスを考えることが重要だ。

まとめて収納できるタイプが便利

ランドセルや体操服、文房具などの学用品を、まとめて収納すると使いやすい。ランドセルや通学カバンには頻繁に教科書を出し入れするので、近くに収納すれば準備の手間が減らせる。学用品をスッキリと収納できる教科書棚がおすすめだ。

学用品をまとめることで小さなお子さんでも片付けやすくなり、プリントや筆記用具の紛失が防げる。フックや引き出しがあれば、さまざまな学用品を適した方法で収納できるだろう。

お子さんの年齢に合わせる

小学生や中学生、高校生、大学生など、年齢によって適した教科書棚は異なる。たとえば、小学生低学年の場合、出し入れのしやすさが重要だ。背が低くても手が届く高さで、出し入れの手間がないオープンラックタイプが使いやすい。

中学生や高校生、大学生になると使用する教科書は増えるので、収納力を重視する。塾や予備校のテキストなども、まとめて収納できるタイプがおすすめだ。また、インテリア性に注目することで、部屋に馴染む教科書棚が見つかるだろう。

2. 教科書棚での収納のコツ

教科書棚に教科書を適当に収納すると、すぐに散らかってしまう。スッキリと収納するためのコツを確認しておくと安心だ。

教科で分類する

教科書やノートは教科ごとに分類すればわかりやすい。教科書棚での定位置を決めて、出し入れすれば混ざる心配がなくなる。小さなお子さんが使うなら、ラベルを貼って何をどこに収納するのかひと目でわかるようにするとよいだろう。

アイテムを活用する

ブックエンドや仕切りスタンド、ファイルボックスを使って教科書を分類する。これらのアイテムで教科書棚に仕切りを作れば、他の教科と混ざる心配がない。ファイルボックスは、出し入れしやすい立ち上がりのないタイプがおすすめだ。

大きさや色を揃える

教科書を大きさで揃えると見た目がスッキリする。高さで探せるため、アイテムを使わなくてもどこに何の教科書があるのかわかりやすい。また、ノートやファイルなどの色を揃えたり、教科書に同じ色のブックカバーをかけたりすれば、統一感をだすことができる。

3. おすすめの教科書棚3選

教科書棚のおすすめを3つに厳選した。それぞれの魅力について説明するので、教科書棚選びで迷ったときは参考にしてほしい。

ニトリ/「ボックス付きランドセルラック」

学用品をまとめて収納できる教科書棚だ。勉強道具を入れて持ち運べるボックスが付属しており、別の部屋で宿題や勉強をしたいときに役立つ。キャスター付きで自由に移動できるのもメリットだ。

アイリスオーヤマ/「カラーボックス」

アイリスオーヤマのカラーボックスを教科書棚として使用する。サイズや段数が選べるため、収納する教科書の数や設置したいスペースに合ったアイテムが見つかるだろう。さらに別売りのパーツを利用すれば、使いやすくカスタマイズできる。

ニトリ)/「お洒落なブルックリンスタイル調のオープン書棚

小学生から大学生まで、年齢に関係なく使いやすいオシャレな教科書棚だ。コンパクトなサイズなので置く場所を選ばず、重ねることで本格的な書棚としても使用できる。棚板は自由に位置の調整が可能だ。

結論

教科書棚は使いやすさで選びたい。奥行きと高さを測ったり、お子さんの年齢や学年に合わせたりと、基本的なポイントを確認しておこう。おすすめの教科書棚も紹介したので、選ぶときに役立ててほしい。ただし、適当に収納すると散らかりやすいので、教科別に分類するといった工夫が必要になる。ブックエンドやファイルボックスなど、アイテムを使った収納がおすすめだ。
  • 更新日:

    2021年2月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング