このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結露吸水テープで腐食やカビを予防!気になる効果や種類をチェック

結露吸水テープで腐食やカビを予防!気になる効果や種類をチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年2月16日

窓の結露対策にはいろいろな方法があるが、手軽さで選ぶなら吸水テープがおすすめだ。貼るだけで結露を吸い取れて、周辺の壁や床の腐食を防止したり、カビを予防したりといった用途に役立つ。この記事では結露吸水テープの効果や使い方、種類について説明する。100均で購入できる結露吸水テープも紹介するので、窓の結露で悩んでいる方はぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 貼るだけ簡単!結露には吸水テープが効果的!?

まずは結露吸水テープの基本的な知識について解説しよう。素材や効果、使い方など、知っておきたい情報をまとめた。

結露吸水テープとは?

結露吸水テープは、窓ガラスや窓枠に貼って使用するタイプのアイテムだ。吸水性の高い不織布やポリエステルなどの素材を使っており、窓の下部に貼り付けることで発生した結露を吸い込む仕組みになっている。結露が流れなくなるため、床や壁、カーテンなどに付着の防止が可能だ。はがしたあとが残らないので、手軽に使用できるだろう。

結露吸水テープの効果

窓に発生する結露を吸水して、周辺の床や壁が腐食するのを防ぐ効果がある。吸水された結露は自然に蒸発するため、結露を拭く手間も軽減できるだろう。さらにカーテンやカーペットの汚れや、カビの防止など、さまざまな用途で活躍する。結露で家が傷むのを防ぐのはもちろん、カビによる健康被害の予防としても有効だ。

結露吸水テープの使い方

まずは結露吸水テープを窓の幅に合わせてカットしよう。あとはフィルムをはがしてから、水平になるよう窓ガラスの下部に貼るだけだ。窓が汚れていると貼り付かないことがあるので、あらかじめ拭いてキレイに掃除しておく。また、結露吸水テープには期限があり、過ぎると吸水効果が低下したりはがしにくくなったりする。結露のシーズンが終わったらはがしておこう。

2. ガラスのタイプやデザインで選べる結露吸水テープ

結露吸水テープにはさまざまな種類がある。選ぶときのポイントとして、対応するガラスやデザイン、サイズの違いをチェックしておこう。

対応するガラス

対応するガラスや貼り付けができる場所は商品によって違うので、確認しておくことが重要だ。デコボコのガラスや網入りのガラス、特殊ガラスだと、使用できない商品がある。そのまま貼るとガラスが割れてしまうこともあるので、対応した結露吸水テープを選んでほしい。スチール製のドアやトイレのタンク、アルミサッシに使えるタイプもあるため、用途に合った商品を選ぼう。

デザインが豊富

結露吸水テープのデザインにはいろいろなタイプがある。窓枠と色を合わせれば、貼ったあとに目立ちにくくなるだろう。見た目にこだわる方ならオシャレなデザインの結露吸水テープがおすすめだ。両面に柄が入っているタイプだと、窓ガラスの外側から見てもデザインが楽しめる。

幅をチェック

幅が広い結露吸水テープは吸水できる結露の量が多い。幅を調節できる2WAYタイプの商品もあるので、比較してから選ぼう。結露が多い大きな窓なら幅が広いタイプ、結露が少ない小さな窓には目立たない幅の狭いタイプの結露吸水テープがおすすめだ。また、吸水量が記載してある商品もあるので、そちらもぜひ参考にしてほしい。

3. 100均でも入手可能な吸水テープで手軽に結露対策!

ホームセンターや通販で販売している結露吸水テープだが、100均でも購入が可能だ。使用するメリットや注意点といった、気になるポイントについて解説しよう。

100均なら安く購入できる

セリアやダイソーなどの100均には、さまざまな結露吸水テープがそろっている。デザインがオシャレなタイプもあり、いろいろな種類から選べるだろう。使い方は一般的な商品と同じなので、カットして窓の下部に貼るだけで結露対策ができる。ホームセンターや通販で購入するより安く、手軽に試せるのがメリットだ。

長さは短いので注意

100均で購入できる結露吸水テープは、ホームセンターや通販で購入する商品よりも短いタイプが多い。複数の窓に貼る場合は足らなくなる可能性があるので、まとめて購入する必要があるだろう。あらかじめ窓のサイズを測っておき、必要な長さをチェックする。また、同じ100均の商品でも幅は違うので、こちらも併せてチェックしてから選んでほしい。

結論

結露吸水テープを活用すれば、面倒な結露対策が簡単にできる。貼るだけで使用でき、吸い取った結露は自然と乾燥するので、床や壁に水分が付着する心配がない。デザインがオシャレなタイプだったり、吸水効果が高い幅広タイプだったりするのもあるので、貼り付ける窓や用途に併せて選ぶのがおすすめだ。また、結露吸水テープは100均でも購入できる。手軽に結露対策をしたい方は、まず100均で購入して試してみよう。
  • 更新日:

    2021年2月16日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ