このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
収納棚の奥行きが深すぎるときの対処方法を解説!便利アイテムも紹介

収納棚の奥行きが深すぎるときの対処方法を解説!便利アイテムも紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年2月18日

収納棚はつい大容量を期待して奥行きのあるものを選びがちであり、マンションなどに備え付けられているものも奥行きのあるものも多い。しかし、奥行きが深すぎる場合では逆に使い勝手が悪くなる。そんなときには、収納アイテムを上手に活用したり、配置を工夫したりすることで、使い勝手を向上させることができる。そこで今回は、奥行きが深すぎる収納を上手に使う方法と便利なアイテムなどについて詳しく解説しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 奥行きが深すぎる収納は使いにくい

マンションなどの備え付けのタイプのクローゼットでは、大容量の収納場所を確保するために奥行きが深いデザインとなっている場合がある。また、新しいクローゼットなどを購入するときにも、使い勝手を考える前につい収納容量が大きいものを選びがちだ。
しかし、必要なものの出し入れが難しいほど奥行きが深すぎる場合は、日常生活の中で使い勝手が悪くなり、キレイに収納された状態を維持できなくなる原因となる。
そのため、クローゼットや棚などを購入する場合には、収納の容量を考えるだけでなく、奥行きが深すぎるものを避けて選ぶことをおすすめしたい。
下記では、すでに家に奥行きが深すぎるクローゼットや棚などがある場合に、それらを上手に使う方法をご紹介しよう。

2. 奥行きが深すぎる収納を上手に使う方法

こちらでは、奥行きが深すぎる収納を上手に使う方法とそのコツをご紹介しよう。

収納するものを決める

奥行きが深すぎるクローゼットや引き出しでは、全てのスペースを収納場所として活用しなければならないと考え、ものを詰め込みすぎてしまう場合が多い。しかし、奥まできっちりとものを詰め込みすぎると、何を収納したのかさえ分からなくなることに加えて、使い勝手が悪くなる。そのため、片付けも手間になり、キレイに収納された状態を維持できなくなりがちである。それゆえ、奥行きが深すぎる収納場所は、収納するものを決めて、それだけを使い勝手よくキレイに収納できるように工夫するとよいだろう。

使用頻度に分けて収納する

衣類をはじめ、日常生活で使用するアイテムは季節ごとに必要なものが変化する。そのため、季節ごとに収納を見直したときに、使用頻度が高いものを取り出しやすい手前に配置して収納し、使用頻度が低いものは奥や手の届きにくい場所に収納するとよい。家電製品は、シーズンでの使用を終えて収納する際に、次のシーズンで必要になるものを手前に配置して収納すると使いやすくなる。

棚板を外してみる

奥行きが深すぎるクローゼットや棚で棚板を外すことができる場合は、一度全て外してみるとよい。棚板を外すことで窮屈な印象を変えることができるだけでなく、クリアケースなどキレイに分かりやすく収納するために役立つグッズを上手に活用できる場合もある。そのため、一度棚板を外して収納したいものや収納グッズの大きさに応じ、棚板の配置変えを検討してみるのも有効だ。

二重収納を検討する

奥行きが深すぎるクローゼットや棚のスペースをどうしてもフル活用したい場合は、二重収納を検討するとよいだろう。二重収納とは奥側に高さのある収納ケースを配置し、手前には奥側の収納物を見渡すことができて取り出しやすい低めの収納ケースを配置する方法である。

扉裏収納する

奥行きが深すぎるクローゼットや棚では、扉裏収納の自由度が高くなる。粘着テープで張り付けることのできるフックなどを活用し、扉の負荷にならない重量のものをかけることで、キレイに分かりやすく収納することができる。

3. 奥行きが深すぎる収納に便利なアイテム

こちらでは、奥行きが深すぎる収納に便利なアイテムを、使い方とあわせて解説しよう。

突っ張り棒

奥行きが深すぎる収納場所には、一般的な収納ケースのサイズが合わない。そのため、使用している間に収納ケースを奥に押し込んでしまい、使い勝手が悪くなってしまうこともある。そんな場合には、収納ケースが奥に動いてしまうことを防ぐために1本の突っ張り棒を取り付けるとよいだろう。突っ張り棒を底側に取り付ければ邪魔にならないため、奥側にもものを収納できる。

クリアケース

クリアケースは、奥行きが深すぎるクローゼットや収納棚に、ものを整頓して収納するときに役立つ。収納物が分かるようにラベルを貼っておくと使い勝手を向上させることができる。
また、目線から下の位置にある場所では、引き出し収納を選ぶとより使い勝手をよくすることが可能だ。

キャスター付き収納ラック

奥行きが深すぎるクローゼットや収納棚では、引き出して収納物全体を簡単に確認することのできる収納ラックを活用するとよい。書籍など背表紙をその都度確認したいものには、特に重宝する。

結論

今回は、奥行きが深すぎる収納を上手に使う方法や便利なアイテムと使い方のコツについて詳しく解説した。ぜひ、こちらの内容を参考に便利なアイテムを上手に活用して、奥行きが深すぎるクローゼットや棚などを使い勝手のよい収納場所になるように工夫いただきたい。
  • 更新日:

    2021年2月18日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ